前田利広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
前田利広
時代 江戸時代前期
生誕 正保2年9月19日1645年11月7日
死没 元禄6年7月9日1693年8月10日
改名 宮内(通称
戒名 鶴性院殿然山宗廊大居士
墓所 群馬県富岡市の長学寺
官位 従五位下右近大夫
主君 徳川綱吉
上野国七日市藩
氏族 菅原姓前田氏
父母 父:前田利意
兄弟 利広、主殿、九八郎、孝興孝興誠明上田元休孝教福島定正孝效、麻(山田勘兵衛某室)、恭(前田綱紀養女、長尚連室)、娘(品川伊兵衛某室)、娘(畠山義寧正室)、長(前田孝始室)
正室三浦安次の娘
利慶(長男)、利英(次男)
テンプレートを表示

前田 利広(まえだ としひろ)は、上野国七日市藩の第3代藩主。七日市藩前田家3代。

略歴[編集]

第2代藩主・前田利意の長男。

正保2年(1645年)9月19日、七日市で生まれる。貞享2年(1685年)、父の死去により家督を継ぎ、藩主となる。元禄元年(1688年)、大坂御加番代を務めた。元禄6年(1693年)7月9日、49歳で死去し、跡を長男の利慶が継いだ。

土芥寇讎記』に拠れば、女性に溺れることもなく、「善ありて悪なし」の「誉の将」とされている。その評価は「父親と比べて抜群に良い」「父親と違って浪費しない」とされている。