前田知頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

前田 知頼 (まえだ ともより、寛文2年(1662年) - 寛保2年3月19日1742年4月23日)) は、加賀藩家老。人持組前田修理家第4代。

父は前田知臣。母は今枝近義の養女(日置忠治の娘)。正室は奥村悳輝の娘。子は前田知久大槻朝元室。通称萬之助、修理、斎宮。号は秋庵。

生涯[編集]

寛文2年(1662年)、加賀藩重臣前田知臣の子として生まれる。生家の前田修理家は、前田利家の三男修理知好を初代とする家で(知好は一族の前田利好の名跡を継いでいる)、加賀三前田の一つ。延宝5年(1677年)、父の死去により家督と遺領のうち5000石を相続する。元禄15年(1702年)、北野天満宮菅原道真公800年祭の代拝を務める[1]宝永2年(1705年)に若年寄、宝永4年(1707年)に家老となる。享保元年(1716年)、小松城代を兼ねる。1000石の加増を受けて知行6000石となる。享保12年(1727年)、梅鉢紋の使用を許可される。元文2年(1737年)、娘が大槻伝蔵(朝元)に嫁ぐ。元文4年(1739年)、隠居して家督を頼久に譲る。

寛保2年(1742年)3月19日死去。享年81。

娘婿の大槻伝蔵は、藩主前田吉徳に重用されるも、吉徳の死後失脚し、延享2年(1745年)に五箇山へ流罪となり、配所で自害した。縁者である頼久も遠慮の処分を受けた。

演じた俳優[編集]

参考文献[編集]

  • 「加能郷土辞彙」

脚注[編集]

  1. ^ 加賀前田家は菅原氏の末裔を称している。