前田利考

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
前田利考
時代 江戸時代後期
生誕 安永8年1月10日1779年2月25日
死没 文化2年12月25日1806年2月13日
改名 勇之助(幼名)、利考
戒名 峻徳院
墓所 石川県加賀市の実性院
官位 従四位下、飛騨
幕府 江戸幕府
加賀大聖寺藩
氏族 前田氏
父母 父:前田利精、母:西島氏(敬大院)
養父:前田利物
兄弟 利考利純利信利竜、秀、千
正室:溝口直信の娘・峻徳院
側室:竹内氏(青松院)
養子:前田利之

前田 利考(まえだ としやす)は、加賀大聖寺藩の第8代藩主。

生涯[編集]

安永8年(1779年)1月10日、第6代藩主・前田利精の長男として江戸で生まれる。天明2年(1782年)8月21日、父が不行跡により宗家の加賀藩主・前田治脩によって監禁・強制隠居されたとき、幼少のために家督は叔父の利物が継ぐことになった。天明8年(1788年)、利物が死去したため、その養子として跡を継いで藩主となる。

父と違って有能で、乱れた藩政を立て直すために綱紀粛正、質素倹約による財政再建、文武の奨励などを行なって藩政の刷新を目指した。しかし、文化2年12月25日(1806年2月13日)に27歳の若さで死去した。跡は、利物の息子で養子の利之が継いだ。

大聖寺藩の歴代藩主の中では、名君と言われている。