前田正昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

前田 正昭(まえだ まさあき、1920年(大正9年)1月22日[1] - 2008年(平成20年)9月8日[2])は、昭和期の華族男爵)。別名直昭[1]

経歴[編集]

前田土佐守家第12代当主前田政雄[注 1]の子として生まれる[1]1943年5月1日、祖父の死去に伴い男爵を襲爵した[1]

日本大学工学部機械科を卒業し日本曹達に入った[3]。その後、前田土佐守家が所蔵する文化財を金沢市に寄付し前田土佐守家資料館設立に寄与した[2]。また、2002年から2006年まで同館初代館長を務めた[2]

親族[編集]

  • 妻:孝子
  • 子:直大

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『平成新修旧華族家系大成』下巻、540頁。
  2. ^ a b c 『北國新聞』2008年9月9日朝刊、「前田土佐守家資料館初代館長 前田正昭氏が死去」
  3. ^ 『人事興信録』第14版 下。

注釈[編集]

  1. ^ 前田政雄(1891年 - 1923年)は父である直行より先に死去したため、正式に家督を継ぐことはなかったが、前田土佐守家では政雄を名目上の第12代当主としている。

参考文献[編集]


日本の爵位
先代:
前田直行
男爵
前田家(土佐守家)第2代
1943年 - 1947年
次代:
華族制度廃止