前田利直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
前田利直
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文12年6月25日1672年7月19日
死没 宝永7年12月13日1711年1月31日
別名 大学(通称)
戒名 円通院悟性義聞大居士
墓所 石川県加賀市の実性院
官位 従四位下、飛騨
幕府 江戸幕府
加賀大聖寺藩
氏族 前田氏
父母 父:前田利明
母:本多忠義の娘・慈眼院(勢幾)
兄弟 万吉、杢之助、利直利昌
正室:酒井忠義の娘・霊台院(種)
富貴(前田利興正室)、須和(松平清方正室)
養子:前田利章

前田 利直(まえだ としなお)は、江戸時代大名加賀大聖寺藩の第3代藩主。

生涯[編集]

寛文12年(1672年)6月25日、第2代藩主・利明の長男として江戸に生まれる。貞享元年(1684年)に将軍・徳川綱吉御目見して以降、綱吉の寵愛を受け、藩主になる以前の元禄4年(1691年)に、外様大名の世子の立場にもかかわらず奥詰に任じられ、待遇も譜代大名と同格に扱われた。翌年に父親が死去したために跡を継ぐ。このとき、弟の利昌に1万石を分与して、支藩である大聖寺新田藩を立藩させた。

しかし、綱吉の側近であった立場から江戸に在府し、国に戻って藩政を執るということがほとんどなかったため、藩政は家臣団によって牛耳られ、実権をめぐっての対立が絶えず、また江戸藩邸の焼失などで藩財政が圧迫した。しかも晩年の宝永6年(1709年)、綱吉が死去したために奥詰を解任された上、弟の利昌が大和柳本藩主・織田秀親を刺殺して切腹処分となり、新田藩も改易となるなど、不幸が続く中で、宝永7年(1710年)12月13日に死去した。

跡を養嗣子の利章が継いだ。