前田利聲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
前田利聲
Maeda Toshikata.jpg
時代 江戸時代末期(幕末) - 明治時代
生誕 天保6年2月17日1835年3月15日
死没 明治37年(1904年2月16日
改名 房之助(幼名)、利聲
諡号 霜山
墓所 東京都荒川区西日暮里の延命院
官位 従四位下、大蔵大輔、贈従二位
幕府 江戸幕府
主君 徳川家定家茂
越中富山藩
氏族 加賀前田氏
父母 父:前田利保、母:毎木(橋本氏)
兄弟 利鎮利必利文利繁利清、相子、銭子、湛子、利友利聲利雄利暢利致利通、利章、利龍、梅子、道子、珠子、幸子、依子、英子、美子、充子
松平直方利功林元邦内藤信利林照房前田正庸、娘(三井高棟室)、娘(岩倉具明室)、娘(石川成秀正室)、娘(伴田某室)
養子:利同
テンプレートを表示

前田 利聲(まえだ としかた)は、越中富山藩の第12代藩主。

生涯[編集]

天保6年(1835年)2月17日、第10代藩主・前田利保の七男として江戸で生まれる。嘉永6年(1853年)12月19日、同母兄で第11代藩主の利友の養子となり、12月20日に兄が死去したため、嘉永7年(1854年)2月12日に家督を継ぐ。

藩政においては文武を奨励し、植桑の奨励や織物機械技術の導入、人材の刷新、新田開発など刷新的な藩政改革に着手する。しかし安政2年(1855年)2月に富山で大火が起こり、凶作などの悪条件が重なって、藩財政はさらに困窮する。このため、生母の毎木や江戸詰の家老・富田兵部ら江戸派と結託して金札を増発することで財政を再建しようとしたが、これがかえって金融混乱を招いた。しかも利聲が江戸派と結託したことで父の利保ら富山派と抗争することとなり、藩内での派閥争いがかえって激化することになった。

この派閥争いは、初めこそ利聲の方が優勢であったが、利保は本家の加賀藩主・前田斉泰と手を結んで反撃し、富田兵部を自害に追い込み、毎木は蟄居とされた。さらに江戸派の面々も大量に処分された上、利聲自身も安政4年(1857年)3月には病気を理由に一切の政務から離れることを強制的に命じられ、藩の実権は父の利保が握ることとなった。

安政5年2月26日(1858年4月9日)、飛越地震が発生した。富山城下も被災し、城も石垣が崩れるなどの被害を出した。加えて、常願寺川上流で天然ダムが発生している情報がもたらされ、城主から町民に至るまで富山城西側の呉羽丘陵での避難生活を余儀なくされた[1]。約2週間後、ダムが決壊し、領内に濁流が押し寄せ、広い範囲で農地が被災した。

安政6年(1859年)8月の利保の死去後、利聲は本家の前田斉泰の命令で、斉泰の実子である利同を養子に迎えることを余儀なくされ、同年11月22日には利同に家督を譲って隠居することとなった。また、以降の富山藩には加賀本藩から富山詰家老が派遣され、藩政を監督されることとなった。

明治37年(1904年)2月16日に死去した。享年70。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北日本放送株式会社「復刻版越中安政大地震見聞録 立山大鳶崩れの記」地震見聞録 P72、2007年
  2. ^ 『官報』第538号「賞勲叙任」1885年4月21日。
  3. ^ 『官報』第3893号「叙任及辞令」1896年6月22日。
  4. ^ 『官報』第5688号「叙任及辞令」1902年6月21日。