前田利之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
前田 利之
時代 江戸時代後期
生誕 天明5年10月17日1785年11月18日
死没 天保7年12月10日1837年1月16日
改名 虎次郎(幼名)、利之
諡号 済民、三宝館、敬事堂、冥鴻館、白鳩軒
戒名 篤含院殿温山良潤大居士
墓所 石川県加賀市の実性院
官位 従四位下、侍従
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
加賀大聖寺藩
氏族 前田氏
父母 前田利物:前田信成女(梅芳院)
養父:前田利考
兄弟 利之、卯、瓊
正室酒井忠徳の娘・貞寿院
側室:厚見氏(智泉院)、古河氏、中村氏、小原氏(蓮静院)
造酒丞(長男)、鈴(霊光院)、利極、緩次郎(3男・塋運院)、利建利平、建(水野忠順正室)、銈(永井直輝正室)

前田 利之(まえだ としこれ)は、加賀大聖寺藩の第9代藩主

生涯[編集]

天明5年(1785年)10月17日、第7代藩主・前田利物三男として大聖寺で生まれる。文化2年(1805年)、第8代藩主で従兄の利考死去したため、その養子として文化3年(1806年)3月14日に家督を継いで藩主となる。文政4年(1821年)、本家の主・前田斉広の懇請により、幕府から10万石の高直しを受けて、大聖寺藩は10万石格の大名となった。ところがこれにより、軍役の負担など出費の増大が相次いで財政悪化を招いた。このため、倹約を強化して財政再建を目指したが、効果は無かった。

天保7年12月10日(1837年1月16日)、大聖寺で死去した。享年52。跡を次男利極が継いだ。