前田利久 (藩主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
前田 利久
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦12年3月16日1762年4月10日
死没 天明7年8月7日1787年9月18日
改名 隆丸(幼名)、利久
別名 又三郎(通称)
戒名 恭徳院殿寛柔日善大居士
墓所 富山県富山市長岡の長岡御廟
官位 従五位下、出雲守、長門
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
越中富山藩
氏族 加賀前田氏
父母 前田利幸:市原氏(律)
養父前田利與
兄弟 春子(石川総博正室)、利久、豊子(前田利物正室)
実子:なし、養子利謙

前田 利久(まえだ としひさ)は、江戸時代大名越中富山藩の第7代藩主

生涯[編集]

宝暦12年(1762年)3月16日、第5代主・前田利幸の長男として富山で生まれる。父・利幸が死去した時に生まれて間もなかったため、家督叔父利與が継いだ。宝暦13年(1763年)8月16日に利與の養子となり、安永6年(1777年)11月8日、利與の隠居に伴い家督を継いで第7代藩主に就いた。

天明7年(1787年)8月7日に死去した。享年26。利與の子で従弟にあたる利謙が養子として跡を継いだ。