前田利精

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
前田利精
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦8年11月15日1758年12月15日
死没 寛政3年9月15日1791年10月12日
改名 勇之助(幼名)、利精
墓所 石川県加賀市の実性院
官位 従五位下、備後
幕府 江戸幕府
加賀大聖寺藩
氏族 前田氏
父母 父:前田利道、母:加藤氏(円成院)
兄弟 利貞利精利物、元三郎、利寧
利行利行利幹
正室:なし
側室:西島氏(敬大院)、恵遊院、長泉院
利考利純利信利竜、秀、
千(松平直寛室)、
養子:前田利物

前田 利精(まえだ としあき)は、加賀大聖寺藩の第6代藩主。

生涯[編集]

宝暦8年(1758年)11月15日、第5代藩主・前田利道の次男として大聖寺で生まれる。宝暦9年(1759年)に長兄・利貞が早世したため世子となり、安永7年1778年5月25日に父の隠居により家督を継いで藩主となる。しかし安永10年(1781年)、父が死去すると、遊郭に頻繁に通って女狂いとなり、無頼と交じって好き放題をやらかしたりするなど、無法を繰り返すようになる。これら一連の行動に関して、家臣団は無論、本家の藩主・前田治脩も諫言したが、利精は聞く耳を持たなかった。

このため天明2年(1782年)8月21日、前田治脩は利精を「心疾」として監禁し、家督は利精の弟である利物に継がせた。寛政3年(1791年)9月15日に大聖寺で死去。享年34。