前田利義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
前田利義
時代 江戸時代後期
生誕 天保4年2月18日1833年4月7日
死没 安政2年4月20日1855年6月4日
改名 基五郎(幼名)、利義
戒名 諦獄院殿賢道良哲大居士
墓所 石川県加賀市の実性院
官位 従四位下、美濃
幕府 江戸幕府
加賀大聖寺藩
氏族 前田氏
父母 父:前田斉泰、母:久世氏(馨袖院)
養父:前田利平
兄弟 慶寧池田慶栄利義利行利鬯利同
正室:前田利保の娘・松現院
養子:利行

前田 利義(まえだ としのり)は、加賀大聖寺藩の第12代藩主。

天保4年(1833年)2月18日、加賀藩前田斉泰の三男として金沢で生まれる。嘉永2年(1849年)に大聖寺藩の第11代藩主利平が死去したため、その養子として跡を継いだ。安政2年(1855年)4月20日に江戸で死去した。享年23。

跡を弟で養子の利行が継ぐことになるが、後を追うようにすぐに死去した。