前田利建

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
前田利建
Toshitatsu Maeda.jpg
生年月日 1908年(明治41年)3月17日
出生地 日本の旗 日本東京府東京市
没年月日 1989年(平成元年)9月19日
称号 侯爵

日本の旗 貴族院議員
選挙区 侯爵議員(終身)
在任期間 1943年1月15日 - 1947年5月2日
テンプレートを表示

前田 利建(まえだ としたつ、1908年(明治41年)3月17日[1] - 1989年(平成元年)9月19日[1][2])は、昭和期の宮内官、華族加賀前田家17代当主[1]従四位侯爵[2]

経歴[編集]

16代当主前田利為の子で、母は渼子(前田利嗣長女)[1]。父の戦死に伴い1943年(昭和18年)1月15日、家督を継承し侯爵を襲爵[1]。同日、貴族院侯爵議員に就任し[3]火曜会に所属して1947年(昭和22年)5月2日の貴族院廃止まで在任した[2]

1934年(昭和9年)東京帝国大学文学部を卒業した[2]。1936年(昭和11年)宮内省に入省し式部官兼主猟官に就任[2]。以後、兼内大臣秘書官、帝室博物館嘱託、臨時内大臣府御用掛なども務めた[2]

式部官時代、1960年(昭和35年)2月29日浩宮徳仁親王(現・第126代天皇)および1965年(昭和40年)12月6日礼宮文仁親王(現・皇嗣)の「浴湯の儀」において、浅野長武東京国立博物館長)とともに鳴弦の儀を執り行った[4]

親族[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『平成新修旧華族家系大成 下巻』531頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』22頁。
  3. ^ 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、52頁。
  4. ^ 『朝日新聞』東京本社版、1960年2月29日付夕刊第3版1面および1965年12月6日付夕刊第3版1面

参考文献[編集]

  • 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、貴族院事務局、1947年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成 下巻』霞会館、1996年。

関連項目[編集]


日本の爵位
先代
前田利為
侯爵
加賀前田家第3代
1942年 - 1947年
次代
華族制度廃止