前田重教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
前田 重教
Maeda Shigemichi.jpg
時代 江戸時代
生誕 寛保元年10月23日1741年11月30日
死没 天明6年6月12日1786年7月7日
改名 健次郎(幼名)→利篤→重基→重教
戒名 泰雲院殿仁彭寿大居士
官位 正四位下、左近衛権中将、加賀守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家重家治
加賀藩
氏族 前田氏
父母 父:前田吉徳、母:流瀬(辻氏・実成院)
兄弟 宗辰重煕利和重靖重教治脩、他
正室徳川宗将の娘・千間姫寿光院
斉敬斉広、頴(松平容詮正室)、藤(松平頼儀正室)
養子:治脩

前田 重教(まえだ しげみち)は、加賀藩の第9代藩主。加賀前田家10代。第5代主・前田吉徳の七男で、母は側室の流瀬(辻氏・実成院)。吉徳の息子で藩主についた5人(宗辰重煕重靖、重教、治脩)のうち4番目の藩主である。

来歴[編集]

寛保元年(1741年)金沢で生まれ、そのまま金沢で成長した。[1]当初、加賀藩年寄村井長堅の養子になる予定であったが、宝暦3年(1753年)5月に藩主となった異母兄・重靖の命により、村井との養子の約束を解消して前田家に留まる。同年10月5日、加賀藩は藩主であった重靖の病死を公表した。このとき、後継者であった重教はただちに江戸へ向かい、幕府から家督相続の許可を得る手はずだったが、麻疹にかかって出発できず、藩首脳部で大きな問題となる。同月15日、諱を利篤とする。同月17日、松平の名字を与えられる。[2]宝暦4年(1754年)2月、健康を回復して金沢を出発し、江戸に向かう。同年3月11日、将軍徳川家重御目見し、末期養子として家督を相続する。同年4月、正四位下、左近近衛少将に叙任、加賀守を称する。また将軍家重から偏諱を授かって重基に改名する。翌宝暦5年(1755年)12月、左近衛権中将に昇進する。また明和2年(1765年)、将軍世子家基の諱を憚って重教に改名した。

藩主就任前後、加賀藩では加賀騒動の余波が続き、宝暦4年(1754年)まで保守派による大槻伝蔵一派の粛清が続いた。また相次ぐ藩主の交代により藩政は停滞し、藩の財政は一層苦しくなっていた。宝暦9年(1759年)4月10日、金沢に大火が起こり、金沢城をはじめ1万5百戸余りが焼失し、幕府から金5万両を借りて急場をしのいだ。また、重教は加賀狂言などの狂言の普及に努めた。明和8年(1771年)に家督を異母弟の治脩に譲って隠居したが、その後にもうけた息子の斉敬、次いで斉広が治脩の養子となった。天明6年(1786年)に46歳で死去した。

金沢市にある全性寺日蓮宗の寺)には、重教の生母が安産祈願のために寄進した不動明王が祭られている。

家系[編集]

  • 正室:千間姫(紀伊藩徳川宗将女、寿光院)
  • 側室:慧照院 舜(家臣・林政成女)
    • 長女:邦姫(1761年 - 1771年)
    • 次女:頴姫(1766年 - 1801年) - 会津藩主松平容詮
  • 側室:真月院 茂世(渡辺氏)
    • 三女:(1776年夭折)
  • 側室:青操院 安(郡上藩家臣・金井与兵衛女)
    • 長男:斉敬(1778年 - 1795年)
  • 側室:貞琳院 喜機(郡上藩家臣・山脇守之女)
    • 四女:藤姫(1778年 - 1796年) - 高松藩主松平頼儀
    • 次男:斉広(1782年 - 1824年) - 加賀藩11代藩主
  • 側室:秋月院 初(今井氏)
    • 三男:(1785年夭折)

脚注[編集]

  1. ^ 以下、『加賀藩史料』、および、『寛政重修諸家譜』。
  2. ^ 村川浩平『日本近世武家政権論』、173~174頁。