前田利定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
前田利定

前田 利定(まえだ としさだ 1874年12月10日 - 1944年10月2日)は、日本の政治家、華族子爵)。逓信大臣(第26代)、農商務大臣(第34代)を務めた。東京府出身。

経歴[編集]

加賀前田家の分家の一つである旧七日市藩主家に、最後の藩主(藩知事前田利昭の子として生まれる。

1894年日清戦争歩兵中尉として従軍。1902年東京帝国大学法科大学を卒業[1]。その後、司法官試補となる[1]1904年7月、貴族院子爵議員に選出され、研究会に所属し1944年2月2日に辞職するまで在任した[1][2]

1922年加藤友三郎内閣の逓信大臣となり初入閣。1924年清浦内閣の農商務大臣として再び入閣。1944年1月、体調を崩し、10月に死去した。死後、勲一等瑞宝章を受章した。

他に、研究会常務委員、鉄道会議議員、議員制度調査会委員などの要職を歴任した[1]

歌人としても知られ、佐佐木信綱に師事した。

栄典・授章・授賞[編集]

親族[編集]

系譜[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松下房右衛門
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
保田興一郎
 
とく枝
 
松下政楠
 
平田東助
 
 
 
前田利昭
 
 
 
 
 
三井高棟
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中尾哲二郎
 
やす江
 
井植薫
 
井植祐郎
 
井植歳男
 
むめの
 
松下幸之助
 
 
 
平田栄二
 
静子
 
前田利定
 
慶子
 
三井八郎右衛門
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
井植敏
 
 
 
幸子
 
松下正治
 
 
 
 
 
平田克己
 
 
 
 
 
宣子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
井植敏雅
 
 
 
ヒロ松下(弘幸)
 
松下正幸
 
敦子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』55頁。
  2. ^ 『官報』第5131号「帝国議会」1944年2月23日。
  3. ^ 『官報』第3026号「叙任及辞令」1922年9月1日。
  4. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1938年2月11日。
  5. ^ a b 『平成新修旧華族家系大成』下巻、538-539頁。

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。


公職
先代:
岡野敬次郎
日本の旗 農商務大臣
第33代:1924年
次代:
高橋是清
先代:
野田卯太郎
日本の旗 逓信大臣
第26代:1922年 - 1923年
次代:
犬養毅
日本の爵位
先代:
前田利昭
子爵
七日市前田家第2代
1896年 - 1944年
次代:
前田利民