八条隆正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
八条隆正

八条 隆正(はちじょう たかまさ、1883年明治16年)6月27日[1] - 1950年昭和25年)2月3日[1][2])は、日本の大蔵官僚政治家華族貴族院子爵議員

経歴[編集]

伯爵油小路隆董の三男として生まれ、子爵八条隆邦養子となる[1][3]。養父・隆邦の死去に伴い、1896年9月8日、家督を相続し子爵を襲爵した[1][4]

1908年京都帝国大学法科大学を卒業[3][5]1909年大蔵省に入省し、税務監督局属兼大蔵属、同監督局事務官、東京税務監督局経理部長などを歴任[3][5]1915年7月15日、依願免本官となり退官した[6]。その後、産業組合中央金庫理事長、日本銀行監事、住宅営団監事、内閣顧問、大蔵省顧問帝国農会特別議員、国民貯蓄奨励委員会委員、学習院評議会会員などを務めた[5]

また、貴族院子爵議員に選出され、研究会に属して1915年7月から1933年4月までと1937年4月から1946年2月まで在任した[5]

親族[編集]

  • 妻:八条遺子(ゆいこ、養曾祖父八条隆吉四女)[1]
  • 次男:八条隆孟(たかなが) - 東京帝国大学在学中に左翼活動家となり、1933年に治安維持法違反で検挙された(赤化華族事件[7]。東京帝大の学習院出身者でつくる「目白会」の中で後輩たちと読書会をひらき、「無産者新聞」を普及、数十人を組織していたと言われる[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『平成新修旧華族家系大成』下巻、363-364頁。
  2. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』51頁では「3月3日」。
  3. ^ a b c 『人事興信録』第14版 下、ハ51頁。
  4. ^ 『官報』第3961号、明治29年9月9日。
  5. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』51頁。
  6. ^ 『官報』第887号、大正4年7月16日。
  7. ^ a b 治維法違反で検挙、自殺した公爵の娘とは?日本共産党「しんぶん赤旗」2008年4月9日

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 下、1943年。
日本の爵位
先代:
八条隆邦
子爵
八条家第4代
1896年 - 1947年
次代:
華族制度廃止