野田卯太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野田卯太郎
国士舘の設立を協議する有志 前列左から頭山満野田卯太郎渋沢栄一徳富蘇峰、後列左から花田半助渡辺海旭柴田徳次郎[1]

野田 卯太郎(のだ うたろう、嘉永6年旧暦11月21日1853年12月21日) - 昭和2年(1927年2月23日)は日本の政治家実業家。号は大塊[2]衆議院議員逓信大臣商工大臣などを務めた。福岡県平民[3]。一平民から大臣にまで昇った立身出世を体現するような人物である[2]

来歴・人物[編集]

筑後国三池郡岩津村(のち福岡県三池郡高田町(現みやま市)に豪農野田伊七の長男として生まれた[2]。一介の雑貨商であったが非常に活動的で、炭鉱関連で三井財閥と関係を持ち、また自由民権運動にも参加し福岡県会議員にもなった[2]

明治31年(1898年)3月の第5回衆議院議員総選挙で初当選。以降10期衆議院議員を務め(5回 - 11回、13回 - 15回)、この間原内閣高橋内閣逓信大臣(大正7年(1918年9月29日 - 大正11年(1922年6月12日)、加藤高明内閣では商工大臣(大正14年(1925年4月17日 -8月2日)を歴任。大正13年(1924年)6月には立憲政友会副総裁となった。昭和2年(1927年)2月23日、死去。

俳人や歌人としても有名であると共に、同郷の柴田徳次郎が私塾国士舘を開設した際には同じく同郷の頭山満中野正剛緒方竹虎らと共に賛同者として名を連ねている。

栄典[編集]

家族・親族[編集]

野田家[編集]

福岡県三池郡高田町(現みやま市)、東京麻布材木町[3]
明治21年(1888年5月生 – 昭和43年(1968年)7月没
明治33年(1900年1月[3] – 没

親戚[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 田中健介柴田徳二郎伝』(PDF)、9頁。2011年6月5日閲覧。
  2. ^ a b c d 野田卯太郎
  3. ^ a b c d e 『人事興信録. 7版』(大正14年)の四
  4. ^ 『官報』第2431号「授爵・叙任及辞令」1920年9月8日。
  5. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。
  6. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  7. ^ a b 『人事興信録. 7版』(大正14年)の六
  8. ^ a b c d e f 『人事興信録. 7版』(大正14年)の五

外部リンク[編集]