三池郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福岡県三池郡の位置(水色:後に他郡から編入した区域)

三池郡(みいけぐん)は、福岡県筑後国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 大牟田市の全域
  • みやま市の一部(徳島・竹飯・海津及び飯江の一部を除く高田町各町)

歴史[編集]

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 筑後柳河藩公領
8月28日(新暦10月13日)より日田県管地
9月13日(新暦10月28日)より長崎府管地[1]
12村 南大牟田村[2]、下二部村、教楽来村、櫟野村、勝立村、臼井村、馬籠村、片平村、藤田村、船津村、早米来村、加納開村
藩領 筑後柳河藩 1町
54村
東濃施村、中濃施村、西濃施村、北新開村、南新開村、黒崎開村[3]、亀尻村、宮部村、久福木村、三池町[4]、小船津村、手鎌村、草木村、田崎村、四ヶ村、田隈村、上内村、坂井村、倉永村、原内山村、甘木村、黒崎村、元村、尾尻村、豊永村、岡松村、伏部村、隈村、深倉村、深浦村、池田村、豊持村、下内村、怒縄田村、亀崎村、高泉村、大間村、横須村、平野村、北大牟田村、田尻村、飯田村、原村、下楠田村、上楠田村、江浦村、江浦町村、今福村、古賀村、岩津村、浦村、下飯江村、中飯江村、上飯江村、谷川村
陸奥下手渡藩
9月27日(新暦11月11日)より三池藩[1]
1町
4村
今山村、新町、稲荷村、一部村、下里村
  • 大牟田村 ← 南大牟田村、北大牟田村
  • 川尻村 ← 下二部村、片平村
  • 東米生村 ← 臼井村、一部村[一部]
  • 西米生村 ← 馬籠村、一部村[一部]
  • 三里村 ← 船津村、早米来村、加納開村
  • 濃施村 ← 東濃施村、中濃施村、西濃施村
  • 亀谷村 ← 亀尻村、谷川村
  • 白川村 ← 小船津村、田崎村
  • 岩本村 ← 坂井村、下内村
  • 吉野村 ← 原内山村、元村
  • 岬村 ← 黒崎村、深浦村
  • 橘村 ← 尾尻村、豊永村
  • 白銀村 ← 岡松村、池田村、豊持村
  • 唐船村 ← 伏部村、深倉村
  • 宮崎村 ← 隈村、怒縄田村、亀崎村
  • 歴木村 ← 高泉村、平野村
  • 天梁村 ← 三池町、大間村
  • 田浦村 ← 飯田村、浦村
  • 舞鶴村 ← 中飯江村、上飯江村


  • 一部村の残部が下里村に、古賀村が岩津村にそれぞれ合併。
  • 矢部川下流左岸の新地に永治村が起立。
  • 8月21日 - 第2次府県統合により福岡県の管轄となる。
  • 明治11年(1878年11月1日 - 郡区町村編制法の福岡県での施行により、行政区画としての三池郡が発足。郡役所が天梁村三池に設置。
  • 明治14年(1881年) - 天梁村が改称して三池町となる。(2町48村)

町村制以降の沿革[編集]

1.大牟田町 2.飯江村 3.二川村 4.江浦村 5.開村 6.銀水村 7.上内村 8.手鎌村 9.倉永村 10.三池町 11.三川村 12.駛馬村 13.玉川村 14.岩田村(紫:大牟田市 桃:みやま市)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。特記以外は全域が現・大牟田市。(2町12村)
    • 大牟田町 ← 大牟田村、横須村、稲荷村、下里村
    • 飯江村 ← 亀谷村、舞鶴村、下飯江村、田浦村、山門郡飯江村(現・みやま市)
    • 二川村 ← 濃施村、上楠田村、下楠田村(現・みやま市)
    • 江浦村 ← 江浦町村、江浦村、山門郡徳島村(現・みやま市)
    • 開村 ← 北新開村、南新開村、黒崎開村、永治村(現・みやま市)
    • 銀水村 ← 宮部村、久福木村、白銀村、橘村、田隈村、白川村、草木村
    • 上内村 ← 上内村、岩本村、四ヶ村
    • 手鎌村 ← 唐船村、手鎌村、岬村、甘木村
    • 倉永村 ← 倉永村、吉野村、宮崎村
    • 三池町 ← 三池町、新町、今山村、歴木村
    • 三川村 ← 三里村、川尻村[大部分]
    • 駛馬村 ← 藤田村、西米生村、東米生村[一部]、川尻村[一部]
    • 玉川村 ← 勝立村、櫟野村、教楽来村、東米生村[大部分]
    • 岩田村 ← 田尻村、原村、岩津村、今福村、山門郡竹飯村[一部](現・みやま市)
  • 明治29年(1896年7月1日 - 郡制を施行。
  • 明治40年(1907年5月1日 - 銀水村・上内村・手鎌村・倉永村が合併し、改めて銀水村が発足。(2町9村)
  • 大正元年(1912年10月1日 - 三川村が町制施行して三川町となる。(3町8村)
  • 大正6年(1917年3月1日 - 大牟田町が市制施行して大牟田市となり、郡より離脱。(2町8村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和4年(1929年)4月1日 - 三川町が大牟田市に編入。(1町8村)
  • 昭和6年(1931年)10月1日 - 岩田村・二川村・江浦村が合併して高田村が発足。(1町6村)
  • 昭和13年(1938年4月17日 - 駛馬村が町制施行して駛馬町となる。(2町5村)
  • 昭和16年(1941年)4月1日 - 三池町・駛馬町・銀水村・玉川村が大牟田市に編入。(3村)
  • 昭和17年(1942年)4月1日 - 飯江村・開村が高田村に編入。(1村)
  • 昭和33年(1958年8月1日 - 高田村が町制施行して高田町となる。(1町)
  • 昭和34年(1959年4月10日 - 高田町が山門郡山川村の一部を編入。
  • 平成19年(2007年1月29日 - 高田町が山門郡瀬高町山川町と合併してみやま市が発足し、郡より離脱。同日三池郡消滅。

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 福岡県統計年鑑 平成22年
  2. ^ 記載は大牟田村。
  3. ^ 記載は黒崎開。
  4. ^ 記載は三池町村。

参考文献[編集]

関連項目[編集]