小川郷太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小川郷太郎
生誕 1876年6月9日
死没 1945年4月1日
研究分野 財政学
テンプレートを表示

小川 郷太郎(おがわ ごうたろう、1876年(明治9年)6月9日 - 1945年(昭和20年)4月1日)は、大正昭和期の日本の財政学者、政治家京都帝国大学教授拓殖大学学監、衆議院議員商工大臣鉄道大臣などを歴任。従三位勲一等法学博士

生涯[編集]

明治9年(1876年)6月9日、岡山県浅口郡里庄町で村山菊蔵の長男として生まれる。岡山県医局長で医師の小川知彰の養子となり、岡山中学開成中学、旧制第一高等学校を経て、1900年(明治33年)東京帝国大学に入学。1903年(明治36年)東京帝国大学法科大学政治学科を首席で卒業して、大蔵省に入省する。翌1904年(明治37年)新設されたばかりの京都帝国大学経済学部に迎えられた。財政学研究のためヨーロッパに6年間に渡り、ドイツオーストリアなどで学んだ。帰朝後は京都帝国大学教授、同大経済学部長を歴任。1917年(大正6年)には法学博士号を授与された。

大正6年に京都帝大在職のまま、京都市から第13回衆議院議員総選挙に立候補し、当選する(のちに岡山県に移る)。以後、当選8回。1924年(大正13年)には京都帝大を辞して、拓殖大学の学監に就任。また拓殖大学で教鞭もとった。政治家としては当初は新政会に所属し、のちに政友本党の結党に参加した。政友本党では政務調査会長を務める。政友本党と憲政会が合同して立憲民政党が結党されたのにともない民政党に入党し、民政党岡山県支部長、民政党政務調査会長。1929年(昭和4年)成立の濱口内閣で大蔵政務次官に任命される。1936年(昭和11年)廣田内閣の商工大臣、1940年(昭和15年)第2次近衛内閣の鉄道大臣を歴任した。第二次世界大戦中の1943年(昭和18年)大政翼賛会の総務、ビルマバー・モウ政権の最高顧問として同国に赴任し、財政再建にあたった。昭和20年4月1日、帰国途上、乗船していた貨客船・阿波丸が、東シナ海アメリカ海軍潜水艦によって撃沈(阿波丸事件)されて死去、70歳だった。1968年(昭和43年)6月23日に従三位勲一等旭日大綬章が追贈された。著書に『租税総論』、『財政学』、『交通経済論』、『税制整備論』等がある。漢詩を良くした。

栄典[編集]

位階
勲章

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 特ニ親任官ノ待遇ヲ賜フ 陸軍専任嘱託 小川郷太郎』 アジア歴史資料センター Ref.A03023541500 
  2. ^ 『官報』第1276号「叙任及辞令」1916年11月1日。

参考文献[編集]

  • 中村勝実『信州の大臣たち』 櫟<いちい> 1996年

外部リンク[編集]


公職
先代:
村田省蔵
日本の旗 鉄道大臣
第21代:1940 - 1941
次代:
村田省蔵
先代:
川崎卓吉
日本の旗 商工大臣
第13代:1936 - 1937
次代:
伍堂卓雄
学職
先代:
松岡均平
日本の旗 拓殖大学学監
第4代:1924 - 1928
次代:
中村進午