東郷実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東郷 実
とうごう みのる
Minoru togoh.jpg
東郷実
生年月日 (1881-11-12) 1881年11月12日
出生地 鹿児島県
没年月日 (1959-07-31) 1959年7月31日(77歳没)
出身校 札幌農学校
所属政党 政友本党
立憲政友会
立憲政友会革新同盟
翼賛議員同盟
翼賛政治会
大日本政治会
日本進歩党
自由党
テンプレートを表示

東郷 実(とうごう みのる、1881年明治14年)11月12日 - 1959年昭和34年)7月31日)は、明治から昭和にかけての日本農学者植民政策学者政治家鹿児島県出身。千葉工業大学初代理事長。

経歴[編集]

東京府立第一中学校を経て、1905年(明治38年)に札幌農学校(現・北海道大学農学部)卒業後、ベルリン大学留学。帰国後は台湾総督府に入り、技師から総督官房調査課長に昇った。1924年大正13年)の第15回衆議院議員総選挙に当時の鹿児島7区から政友本党の公認候補として立候補して初当選[1]、以後通算8期当選を果たし、農政通として党内で重きをなす一方、東京商科大学日本大学拓殖大学東洋大学などの講師を務めた。

総選挙に初当選して間もなく政友本党を離党して立憲政友会に入党し犬養内閣逓信参与官齋藤内閣文部政務次官、政友会政務調査会長を歴任、政友会の分裂後は革新派(総裁・中島知久平)に属して幹事長を務めた。戦時中に翼賛政治会代議士会長、大日本政治会政務調査会長を務めたことから、戦後は大日本政治会の後身である日本進歩党の結党に参加したものの、他の進歩党所属議員の大半とともに公職追放となる。追放解除後、自由党公認で第25回衆議院議員総選挙に出馬して当選を果たすも[2]、翌年のバカヤロー解散を機に政界から引退した。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]