尾崎末吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

尾崎 末吉(おざき すえきち、1894年明治27年)4月5日 - 1982年昭和57年)8月23日[1])は、日本の実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

鹿児島県出身[1][2]日本大学専門部法律科で学んだ[1][2]

その後、東京相愛女学校長、東京土地埋立常務取締役、大森乗合自動車社長、昭和鋼業専務取締役、朝日航空工業取締役、東光興業取締役、日本瓦斯開発社長などを務めた[2]

1947年4月、第23回衆議院議員総選挙おいて鹿児島県第2区民主党から出馬して当選し、第26回総選挙まで連続四回の当選を果たした[2]。この間、衆議院予算委員長、民主自由党政調会副会長を務めた[2]

炭鉱国管疑獄により逮捕され、1951年8月17日、東京地方裁判所で、懲役一年二ヶ月、執行猶予二年、追徴金103万円の判決を受けた[3]。その後、控訴して争ったが、二審の審理途中で控訴を取り下げ一審判決が確定した[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『現代人名情報事典』218頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 – 衆議院議員名鑑』117頁。
  3. ^ 『戦後政治裁判史録 1』341、353頁。
  4. ^ 『戦後政治裁判史録 1』353-354頁。

参考文献[編集]

  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『現代人名情報事典』平凡社、1987年。
  • 田中二郎、佐藤功、野村二郎編『戦後政治裁判史録 1』第一法規出版、1980年。