有馬元治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

有馬 元治(ありま もとはる、1920年1月1日 - 2006年12月15日)は、日本官僚政治家。元自由民主党衆議院議員鹿児島県川内市(現薩摩川内市)出身。

東京帝国大学法学部卒業後の1941年内務省に入省したが、わずか2週間後の1942年1月海軍短期現役八期生として海軍経理学校に入学する。終戦後、海軍から内務省に復帰後は、内閣官房参事官、労働省職業安定局長などを経て、1968年労働省事務次官に就任。退官後の1969年衆議院議員選挙に旧鹿児島2区から自民党公認で出馬し初当選。防衛政務次官、党国防部会長を歴任するなど国防族として知られた。田中派崩壊後も二階堂進と行動を共にしたため、当選6回を数えながら遂に入閣は出来なかった。1990年落選し政界引退。地盤を松下忠洋に譲った。同年、勲二等旭日重光章を受章。

2006年12月15日午前11時55分、心不全のため東京都文京区の病院で死去。86歳。死後、正七位から正四位に昇叙された。

議会
先代:
稲村利幸
日本の旗 衆議院社会労働委員長
1983年 - 1984年
次代:
戸井田三郎