若宮貞夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
若宮貞夫
わかみや さだお
Sadao wakamiya.jpg
1932年(昭和7年)
生年月日 1875年1月5日
出生地 日本の旗 日本 兵庫県城崎郡豊岡町
(現兵庫県豊岡市)
没年月日 (1946-09-08) 1946年9月8日(71歳没)
出身校 東京帝国大学法科大学政治学科卒業
(現東京大学法学部)
前職 逓信次官
所属政党 (無所属→)
(立憲政友会→)
同交会
称号 帝都復興記念章
勲二等瑞宝章
従三位
配偶者 若宮こと
親族 娘婿・中村貫之(貴族院議員)
娘婿・橋本龍伍(文部大臣)
孫・橋本大二郎(高知県知事)

選挙区 (兵庫県第12選挙区→)
兵庫県第5選挙区
当選回数 6回
在任期間 1924年5月10日 - 1942年4月29日
テンプレートを表示

若宮 貞夫(わかみや さだお、明治8年(1875年1月5日 - 昭和21年(1946年9月8日)は、日本逓信官僚政治家衆議院議員東京府平民[1]位階および勲等従三位勲二等

総理大臣橋本龍太郎[注釈 1]および元高知県知事橋本大二郎外祖父

来歴[編集]

兵庫県城崎郡豊岡町(現在の豊岡市)の西楽寺に、熊本県人で僧侶である若宮正海の三男として生まれる。

開成中学校第二高等学校を経て、1899年(明治32年)7月、東京帝国大学法科大学政治学科を卒業。同年11月、文官高等試験に合格し、同年12月、逓信省に入り逓信属・管船局勤務となる。また、兄正音の養子となる。 1902年(明治35年)家督を相続する[2]

北海道逓信局長、北部逓信局長、管船局長兼高等海員審判所長、戦時船舶管理局長などを歴任。1922年(大正11年)6月、逓信次官に就任し、翌年4月、航空局長を兼務した。1924年(大正13年)1月に退官。

同年5月、第15回総選挙に兵庫第12区から出馬し初当選。立憲政友会に属した。選挙区の区割り変更で、第16回総選挙から兵庫第5区から出馬し、第20回総選挙まで連続6回の当選を果した。1931年(昭和6年)12月、犬養内閣陸軍政務次官に就任。1934年(昭和9年)3月から翌年3月まで政友会幹事長を務めた。1941年(昭和16年)11月、鳩山一郎を中心とした同交会結成に参加。

その他、衆議院予算委員会長、無線電信講習所(現在の電気通信大学の前身)の第二代所長、電信協会会長、国連協会理事なども務めた。昭和21年9月8日薨去。墓所は青山霊園1-イ-19-3。戒名は顕正院殿釈貞真大居士

栄典[編集]

人物[編集]

  • 粛軍演説反軍演説を行った立憲民政党斎藤隆夫と同じ選出選挙区(兵庫第5区・但馬選挙区)で、斎藤の除名採決のときには棄権し、除名になった斎藤を「私も君と行を同じくする」と励ます。その言葉通り、斎藤と同じく1942年(昭和17年)の翼賛選挙(第21回総選挙)では非推薦で立候補したが、僅差で落選した。

家族・親族[編集]

若宮家[編集]

兄であり養父となった若宮正音

熊本県兵庫県城崎郡豊岡町(現在の豊岡市)、東京市赤坂区四ノ一[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 『人事興信録. 4版』(大正4年)わ一一
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『人事興信録. 第11版』(昭和12年)下ワ二八
  3. ^ 『官報』第2640号「叙任及辞令」1921年5月21日。
  4. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  5. ^ 若宮正音『人事興信録』第4版 [大正4(1915)年1月]
  6. ^ a b 若宮正音と若宮貞夫目黒会ウェブマガジン
  7. ^ a b 『日本電気事業発達史』加藤木重教、電友社、1916、p62
  8. ^ a b c d 若宮貞夫『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]

注釈[編集]

  1. ^ 橋本龍太郎は先妻の子なので、血縁関係は無い

参考文献[編集]

  • 猪野三郎監修『第十版 大衆人事録』(昭和9年)ワ一五頁
  • 『政治家人名事典』(1990年、編集・発行 - 日外アソシエーツ)584頁。
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。

外部リンク[編集]