冨吉榮二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
冨吉 榮二
とみよし えいじ
Tomiyoshi Eiji.jpg
冨吉の肖像写真
生年月日 1899年7月6日
出生地 日本の旗 鹿児島県姶良郡国分町
没年月日 (1954-09-26) 1954年9月26日(満55歳没)
死没地 日本の旗 北海道函館市
出身校 研数学館高等科卒業
前職 日本農民組合鹿児島県連合会会長
現職 右派社会党顧問
所属政党 労働農民党→)
社会大衆党→)
(無所属→)
日本社会党→)
右派社会党

日本の旗 第52代 逓信大臣
内閣 芦田内閣
在任期間 1948年3月10日 - 1948年10月15日

選挙区 (鹿児島県第2区→)
(鹿児島県全県区→)
鹿児島県第2区
当選回数 6回
在任期間 1936年 - 1937年3月21日
1937年 - 1942年4月30日
1946年 - 1947年3月31日
1947年 - 1948年12月23日
1952年 - 1953年3月14日
1953年 - 1954年9月26日

テンプレートを表示

冨吉 榮二(とみよし えいじ、1899年7月6日 - 1954年9月26日)は、日本政治家衆議院議員(6期)、逓信大臣第52代)などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

鹿児島県姶良郡国分町(現・霧島市)に生まれる。

私立研数学館高等科卒業後、私立精華学校の教師を務めていたが、2年で教師を辞職し、農民運動に従事する。日本農民組合の鹿児島県連合会にて主事を務め、1924年には会長に就任する[1]。県内で小作争議を指導し、たびたび検挙されたが、次第に農民の支持を集めるようになる。

政界にて[編集]

転覆した洞爺丸

日本農民組合鹿児島県連合会は、労働農民党の結成にもかかわるなど、政治運動にも取り組むようになった[1]1927年鹿児島県会議員選挙に立候補し、当選を果たした[1]

1936年第19回衆議院議員総選挙では、鹿児島県第2区から立候補し、衆議院議員に初当選した。同年に社会大衆党が創設されると、その中央執行委員および鹿児島県連合会会長に就任した。

1937年第20回衆議院議員総選挙ではトップ当選したが、1942年の第21回衆議院議員総選挙では無所属で出馬し、落選した。この選挙では、冨吉は、翼賛政治体制協議会の推薦を得ずに立候補したことから、政府から執拗な弾圧を受けたとして、大審院に選挙無効の訴えを起こし、勝訴している(鹿児島2区選挙無効事件)。

戦後、日本社会党から出馬し、衆議院議員に4回当選。芦田内閣では逓信大臣として入閣した。1951年の日本社会党の分裂以後は、右派社会党に属し、党顧問を務めていたが、1954年9月26日、遊説先の北海道から東京への帰途、菊川忠雄と共に乗船した青函連絡船洞爺丸が折からの台風(所謂洞爺丸台風)に遭遇し、函館市七重浜で沈没する海難事故(洞爺丸事故)の為に落命した。55歳没。

人物[編集]

趣味は和歌で、「南風」という雅号を名乗って歌集も出版している[2]

相撲が好きで、ある力士の後援会長を務めていたが、その力士が横綱双葉山を破った際、「よくやった。ここで辞めろ。」と電報で知らせた為、その力士は双葉山に勝ったのを機に引退したという逸話がある[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 川嵜兼孝ほか『鹿児島近代社会運動史』南方新社2005年、180頁。
  2. ^ 第20回国会 本会議 第1号(尾崎末吉による冨吉榮二君追悼演説) 衆議院会議録 1954年11月30日

参考文献[編集]

  • 浅沼稲次郎編『故富吉榮二・菊川忠雄両君党葬追悼録』日本社会党本部、1954年。

関連項目[編集]


公職
先代:
三木武夫
日本の旗 逓信大臣
第52代:1948年
次代:
降旗徳弥