岡田啓介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
岡田 啓介
Keisuke Okada 2 cropped.jpg
1934–35年(昭和9〜10年)頃
生年月日 1868年2月14日
慶応4年旧暦1月21日
出生地 日本の旗 越前国福井
没年月日 1952年10月17日(満84歳没)
出身校 海軍兵学校卒業
前職 横須賀鎮守府司令長官
称号 OF-8 - Kaigun Taisho.gif 海軍大将
勲一等旭日桐花大綬章
功三級金鵄勲章
配偶者 1. 岡田英
2. 岡田郁
親族 岡田貞外茂(長男)
迫水久常(女婿)
サイン OkadaK kao.png

内閣 岡田内閣
在任期間 1934年7月8日 - 1936年3月9日
天皇 昭和天皇

日本の旗 第7代 拓務大臣(兼任)
内閣 岡田内閣
在任期間 1934年7月8日 - 1934年10月25日

日本の旗 第37代 逓信大臣(兼任)
内閣 岡田内閣
在任期間 1935年9月9日 - 1935年9月12日

日本の旗 第35代 海軍大臣
内閣 斎藤内閣
在任期間 1932年5月26日 - 1934年7月8日

日本の旗 第30代 海軍大臣
内閣 田中義一内閣
在任期間 1927年4月20日 - 1929年7月2日
テンプレートを表示

岡田 啓介(おかだ けいすけ、1868年2月14日慶応4年旧暦1月21日[注釈 1]) - 1952年昭和27年)10月17日)は、日本軍人政治家。最終階級海軍大将栄典勲一等功三級

田中義一内閣海軍大臣をつとめたのち、斎藤内閣でも海軍長老として海軍大臣を再び拝命して五・一五事件後の騒然とした海軍省部内を収めた。その斎藤内閣が瓦解したあと大命降下を受けて内閣総理大臣に就任、岡田内閣では一時拓務大臣逓信大臣を兼任している。二・二六事件総理官邸を青年将校に襲撃されたが奇跡的に難を逃れた。

総理退任後も重臣として度々枢機に預かったが、第二次世界大戦中は東条内閣打倒を自らの責務ととらえ倒閣運動を主導した。晩年に口述した『岡田啓介回顧録』はこの動乱の時代を知る上での貴重な史料となっている。

生涯[編集]

海軍時代[編集]

1868年慶応4年)、福井藩士・岡田喜藤太と妻はるの長男として生まれる。1884年明治17年)9月、旧制福井中学(のち藤島高校)を卒業。翌年1月に上京し、一時上級学校進学のために須田学舎や共立学校(のち開成高校)などの受験予備校に在籍したが、学資の援助を受けていたことを心苦しく感じ、学費が掛からないところとして師範学校系か陸海軍系学校の受験を決意、陸軍士官学校受験に志望変更した。受験に必須であったドイツ語を学ぶため、当時陸士の予備校であった陸軍有斐学校に入学したが、遠縁の海軍士官に勧められ海軍兵学校に入校した。

1889年(明治22年)、海軍兵学校(第15期)を卒業。同期には小栗孝三郎竹下勇財部彪広瀬武夫らがいた。日清戦争に防護巡洋艦「浪速」分隊長として豊島沖海戦黄海海戦日露戦争では装甲巡洋艦「春日」副長として日本海海戦第一次世界大戦では第二水雷戦隊司令官として青島の戦いに従軍した。

1923年大正12年)に海軍次官1924年(大正13年)に連合艦隊司令長官1927年昭和2年)に海軍大臣となり、1932年(昭和7年)に再び海軍大臣に就任。その間、軍事参議官としてロンドン海軍軍縮会議を迎え、「軍拡による米英との戦争は避け、国力の充実に努めるべし」という信念に基づき海軍部内の取りまとめに奔走。条約締結を実現した。

首相就任[編集]

1934年(昭和9年)7月13日、総理就任を祝う家族と

1934年(昭和9年)、元老・西園寺公望の推奏により組閣の大命降下、内閣総理大臣となる。一時、拓務大臣逓信大臣も兼務した。斎藤実の後継として中間内閣を組織するが、立憲政友会は入閣した高橋是清床次竹二郎などを除名[注釈 2]し、対決姿勢に回ったため、立憲民政党が与党格となる。在任中に天皇機関説をめぐる問題が起こり、岡田内閣は機関説支持とみられたため、岡田内閣倒閣を狙う陸軍の皇道派や、蓑田胸喜など平沼騏一郎周辺の国家主義勢力からも攻撃されることになった。

岡田は最初と2度目の夫人に先立たれ、このときは独身でしかも生活はきわめて貧しかった。岡田は妹婿・松尾伝蔵大佐と2人で首相官邸に住み込んだ。官邸では自分たちの食事も女中の食事も弁当でまかない、炊事は一切やらなかった。この当時、首相の月給は830円であった。岡田はそのうちの約半分、430円で一切の生活費をまかない、残りは首相の小遣いとなったという。

岡田は帝国海軍時代、艦隊勤務では最も厳しいといわれる水雷艇乗りだった。海軍水雷学校校長も務めている。だからこそ耐えられた官邸生活だった。岡田は前任の斎藤実にくらべ政治力は弱く、古巣の海軍内でも強硬派を押さえきれず、ロンドン・ワシントン両海軍軍縮条約離脱に追い込まれた。それでも、軍部や右翼革新派は岡田政権には斎藤の息がかかっているとみて、ことごとに揺さぶりをかけ、岡田内閣は苦境にたたされる。

義弟・松尾伝蔵(右)と

粘りが信条の斎藤に対して、岡田はおとぼけが得意だった。天皇機関説を問題視した右派は、議会で岡田を攻撃した。「日本の国体をどう考えるか」と聞かれると、「憲法第1条に明らかであります」と繰り返した。「憲法第1条には何と書いてあるか」と聞かれると「それは第1条に書いてある通りであります」と、人を食った答弁で切り抜けた。岡田は、そのしたたかさから「」とあだ名された。吉田茂は岡田を「国を想う大狸」と評している。

1936年(昭和11年)1月21日に野党・政友会が内閣不信任案を提出、これに対し岡田は解散総選挙を実施。2月20日に行われた第19回総選挙において与党の民政党が逆転第一党となり、政友会は党首鈴木喜三郎が落選するなどの大打撃を受けた。その6日後、岡田は二・二六事件で襲撃を受ける。

二・二六事件[編集]

二・二六事件を報道する新聞各社の号外

二・二六事件初日、反乱軍は岡田の殺害を狙って首相官邸を襲撃した。岡田は女中部屋の押入に隠れ、難を免れた。身代わりに首相秘書官で義弟の松尾伝蔵が殺害された。岡田と松尾は血のつながりはなかったが、額から下の顔つきが似ていた。また、反乱軍の襲撃に対し、松尾自身が「いかにも私が岡田です」と応えたという証言もある。そのため反乱軍も、首相の殺害に成功したと誤認したとみられ、一時的に岡田首相死亡説が流れた。岡田の生存を察知した秘書官の福田耕、迫水久常は憲兵曹長の小坂慶助らと提携し、反乱兵士の監視の下、弔問客の首相官邸入邸が許可された際、多人数の弔問客団の出入りに紛れる作戦をたて、これが成功し岡田は脱出し難を逃れた。

二・二六事件で前任の斎藤、片腕と頼む蔵相・高橋是清、義弟の松尾を失い、岡田の受けた精神的ショックは大きかった。当時の状況から見て岡田に責任がまったく無い事は明白であったが、頼りとしていた蔵相と身内を一挙に失った事に対し、強い自責の念に駆られていた。事件後、昭和天皇に拝謁したとき、岡田のあまりの傷心振りを見た天皇は、岡田が自決するのではないかと深く危惧したといわれている。1936年(昭和11年)3月9日、岡田内閣は総辞職した。

終戦工作[編集]

重臣時代の岡田

その後の岡田は、二・二六事件の痛手から立ち直り、自国の破滅を意味するアメリカとの戦争を避けるために当時、生存していた海軍軍人では最長老となる自分の立場を使い、海軍の後輩たちを動かそうとしたが、皇族軍人である伏見宮博恭王の威光もあって思うように行かなかった。1940年(昭和15年)以降は重臣会議のメンバーとして首相奏薦に当たっている。

開戦後の岡田は軍令部作戦課員の長男・貞外茂大蔵省総務局長で女婿の迫水久常参謀本部作戦課員の瀬島龍三と連絡を保ち他の重臣に比して戦況の推移の情報を常に得ていた。1943年(昭和18年)の正月には、ミッドウェーの敗退とガダルカナルの戦いの消耗戦での兵力のすり潰しで最早太平洋戦争に勝ち目はないと見て、和平派の重臣たちと連絡を取り、当時の東條内閣打倒の運動を行う。若槻禮次郎近衛文麿米内光政、またかつては政治的に対立していた平沼騏一郎といった重臣達が岡田を中心に反東條で提携しはじめる。

東條内閣倒閣の流れはマリアナ沖海戦の大敗により決定的となった。岡田は不評だった海軍大臣・嶋田繁太郎の責任を追及、その辞任を要求、東條内閣の切り崩しを狙う。東條英機は岡田を首相官邸に呼び出し、内閣批判を自重するように要求したが岡田は激しく反論し、東條は逮捕拘禁も辞さないという態度に出たが、岡田はびくともしなかった。岡田は宮中や閣内にも倒閣工作を展開、まもなくサイパンも陥落し、東條内閣は総辞職を余儀なくされた。東條内閣倒閣の最大の功績は岡田にあるといってよい。さらにその直後、現役を退いていた和平派の米内光政を現役に戻し小磯内閣の海軍大臣として政治の表舞台に復活させ、終戦への地ならしを行った。一方で1944年(昭和19年)12月26日には息子の貞外茂がマニラの戦いで戦死している。

1945年(昭和20年)2月、天皇は重臣をふたりずつ呼んで意見を聞いた。岡田は「終戦を考えねばならない段階」であると明言、「ただ、きっかけがむつかしい」とも述べた。後に昭和天皇は『昭和天皇独白録』の中で岡田と元内大臣牧野伸顕の意見が最も穏当だったとの中で回想している。

小磯内閣退陣ののちは鈴木貫太郎を首班に推挙、迫水久常を内閣書記官長の職に推し、和平に全力を尽くすことになる。鈴木と岡田の関係は常に密接で、鈴木内閣の和平工作には常に岡田の考えの支えがあったといわれ、「鈴木内閣は岡田内閣」と新聞が書いたほどだった。岡田はポツダム宣言受諾決定の御前会議の模様を迫水から聞いて、「私には陛下の苦しいお気持ちが手に取るようにわかる。鈴木だから陛下に御聖断を頼むことができた。他の人ではできなかった」と涙をこぼし、迫水に「私たち軍人が降伏を決意する気持ちは、お前のような軍人でない人間には決してわからないことなのだぞ」と叱るような口調で諭したという。

戦後、極東国際軍事裁判で主席検察官を務めたジョセフ・キーナンは岡田と米内光政、若槻禮次郎、宇垣一成の4人を「戦前日本を代表する平和主義者」と呼び、彼らをホームパーティーに招待して歓待している。

1952年(昭和26年)4月28日、サンフランシスコ平和条約が発効しGHQによる占領が終わった。岡田は日本の主権回復を見届け、同年10月17日、自身の85年の生涯に幕を閉じた。

人物[編集]

  • 岡田には軍人らしい英雄譚が皆無であり、晩年に口述した『岡田啓介回顧録』にも軍人の伝記にありがちな豪快なエピソードはない。しかしこのことは岡田が豪傑を気取ったりすることのない常識人であったことを示唆して止まない。
  • 人情肌なところもあり、戦後二・二六事件を巡る座談会に出席した際には、自身を襲撃した青年将校たちの心情に同情的な発言もしている。
  • 従軍した青島の戦いでは、麾下の巡洋艦「高千穂」を撃沈される被害があった。岡田は後に沈没場所に赴き、戦死者の追悼法要を行っている。
  • 私腹を肥やすようなことは全く無く、生涯を清貧で通した。総理大臣就任の日に組閣費用が底を尽いてしまい、官邸に集まった番記者たちに振舞う恒例の酒が買えず「これで君たちの好きな酒を冷やしてくれ」と氷だけを配ったという逸話がある。親任式の際に着用していたシルクハットも借り物で、晴れ着や余所行きの洋服もほとんど持っていないほどの貧乏だった。実際、今日に残る岡田の写真はそのほとんどが官費で賄われる海軍の制服か日常の着物を着たもので、洋服を着たものはほとんどない。
  • 岡田は海軍の大物の例に洩れず、無類の酒好きで有名だった。自宅を訪問する客にも金が許す限りいつも酒でもてなしていた。

人脈[編集]

迫水久常は女婿。二・二六事件では首相秘書官として岡田の救出にあたった。終戦時には鈴木貫太郎内閣内閣書記官長を務め、後に参議院議員となり、経済企画庁長官郵政大臣を歴任、回想記『機関銃下の首相官邸』(新版.ちくま学芸文庫、2011年2月)を著した。

丹生誠忠は迫水久常の従弟。歩兵中尉。二・二六事件での指導的役割が軍法会議で問われ刑死した。

松尾新一は松尾伝蔵の長男。二・二六事件の前年まで二・二六事件に加わった麻布第三連隊の中隊長だった。その妻は迫水久常の妹である。

高橋是清は、かつて共立学校の英語教員を務めており、岡田の恩師でもあった。

年譜[編集]

松尾伝蔵(左)と
  • 1889年(明治22年)- 4月20日 海軍兵学校卒業(15期)
  • 1890年(明治23年)- 7月9日 海軍少尉任官
  • 1892年(明治25年)- 12月21日 海軍大学校丙号学生
  • 1894年(明治27年)- 12月9日 海軍大尉進級
  • 1898年(明治31年)- 4月29日 海大乙種学生
  • 1899年(明治32年)- 3月22日 海大甲種学生、9月29日 海軍少佐進級
  • 1901年(明治35年)- 6月7日 海軍大学校教官
  • 1904年(明治38年)- 7月13日 海軍中佐進級
  • 1906年(明治40年)- 5月11日 海軍水雷学校教官
  • 1908年(明治42年)- 9月25日 海軍大佐進級、海軍水雷学校校長
  • 1910年(明治44年)- 7月25日 装甲巡洋艦春日」艦長
  • 1912年(大正元年)- 12月1日 戦艦鹿島」艦長
  • 1913年(大正2年)- 12月1日 海軍少将進級
  • 1915年(大正4年)- 12月13日 海軍省人事局長
  • 1917年(大正6年)- 12月1日 海軍中将進級
  • 1920年(大正9年)- 10月1日 艦政本部
  • 1923年(大正12年)- 5月25日 海軍次官
  • 1924年(大正13年)- 6月11日 海軍大将進級、軍事参議官、12月1日 第一艦隊司令長官兼連合艦隊司令長官
  • 1926年(大正15年)- 12月10日 横須賀鎮守府司令長官
  • 1927年(昭和2年)- 4月20日 海軍大臣
  • 1929年(昭和4年)- 7月2日 軍事参議官
  • 1932年(昭和7年)- 5月26日 海軍大臣
  • 1933年(昭和8年)- 1月21日 後備役編入
  • 1934年(昭和9年)- 7月8日 内閣総理大臣拓務大臣を兼務(〜10月24日)
  • 1935年(昭和10年)- 9月9日 逓信大臣を兼務(〜9月12日)
  • 1936年(昭和11年)- 3月9日 内閣総辞職
  • 1938年(昭和12年)- 1月21日 退役

栄典ほか[編集]

栄典[編集]

叙位
叙勲

記念[編集]

記念章

栄誉[編集]

外国勲章佩用允許

著作[編集]

  • 『岡田啓介回顧録』(岡田貞寛編、毎日新聞社、1950年12月25日 新版1977年)

伝記[編集]

  • 豊田穣『最後の重臣 岡田啓介 終戦和平に尽瘁した影の仕掛人の生涯』(光人社、1994年) ISBN 4769806744
  • 仙石進『巨木は揺れた 岡田啓介の生涯』(近代文芸社、1994年) ISBN 4773332557
  • 上坂紀夫『宰相岡田啓介の生涯 2・26事件から終戦工作』(東京新聞出版局、2001年) ISBN 4808307308
  • 岡田貞寛『父と私の二・二六事件 昭和史最大のクーデターの真相』(講談社、のち光人社NF文庫)

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当時の時刻では2月13日(旧暦1月20日)深夜。旧暦では、夜明けを以て1日の始まりとしたため。
  2. ^ 但し、高橋に就いては総裁経験者でもあったことから、党内の混乱を避けるため「離別」としている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2539号「叙任及辞令」明治24年12月15日
  2. ^ 『官報』第4402号「叙任及辞令」明治31年3月9日
  3. ^ 『官報』第7640号「叙任及辞令」明治41年12月12日
  4. ^ 『官報』第3790号「叙任及辞令」大正14年4月14日
  5. ^ 『官報』第3727号「叙任及辞令」明治28年11月29日
  6. ^ 『官報』第979号「叙任及辞令」大正4年11月4日
  7. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」昭和6年12月28日
  8. ^ 『官報』第427号「叙任及辞令」昭和3年6月1日
  9. ^ 『官報』第924号「叙任及辞令」昭和5年1月30日
  10. ^ 『官報』第953号「叙任及辞令」昭和5年3月6日

外部リンク[編集]


公職
先代:
斎藤実
日本の旗 内閣総理大臣
第31代:1934年7月8日 - 1936年3月9日
次代:
広田弘毅
先代:
財部彪
大角岑生
日本の旗 海軍大臣
第30代:1927年4月20日 - 1929年7月2日
第35代:1932年5月26日 - 1933年7月8日
次代:
財部彪
大角岑生
先代:
永井柳太郎
日本の旗 拓務大臣
第7代:1934年7月8日 - 同12月5日(兼任)
次代:
児玉秀雄
先代:
床次竹二郎
日本の旗 逓信大臣
第37代:1935年9月9日 - 同9月12日(兼任)
次代:
望月圭介
軍職
先代:
加藤寛治
日本の旗 横須賀鎮守府司令長官
第23代 : 1926年12月10日 - 1927年4月20日
次代:
安保清種
先代:
鈴木貫太郎
日本の旗 連合艦隊司令長官
第16代:1924年12月1日 - 1926年12月10日
次代:
加藤寛治
先代:
井出謙治
日本の旗 海軍次官
第7代:1920年5月25日 - 1924年6月11日
次代:
安保清種
先代:
岡田啓介(艦政局長)
伊藤乙次郎(技術本部長)
日本の旗 艦政本部長
初代:1920年10月1日 - 1923年5月25日
次代:
安保清種
先代:
北古賀竹一郎
日本の旗 海軍水雷学校校長
第3代:1908年9月25日 - 1910年7月25日
次代:
鈴木貫太郎
30
斎藤実
31
1934年7月8日 - 1936年3月9日
32
広田弘毅

伊藤博文
黑田清隆
山縣有朋
松方正義
大隈重信
桂太郎
西園寺公望
山本權兵衛

寺内正毅
原敬
高橋是清
加藤友三郎
清浦奎吾
加藤高明
若槻禮次郎
田中義一

濱口雄幸
犬養毅
齋藤實
岡田啓介
廣田弘毅
林銑十郎
近衞文麿
平沼騏一郎

阿部信行
米内光政
東條英機
小磯國昭
鈴木貫太郎
東久邇宮稔彦王
幣原喜重郎
吉田茂

片山哲
芦田均
鳩山一郎
石橋湛山
岸信介
池田勇人
佐藤榮作
田中角榮

三木武夫
福田赳夫
大平正芳
鈴木善幸
中曽根康弘
竹下登
宇野宗佑
海部俊樹

宮澤喜一
細川護熙
羽田孜
村山富市
橋本龍太郎
小渕恵三
森喜朗
小泉純一郎

安倍晋三
福田康夫
麻生太郎
鳩山由紀夫
菅直人
野田佳彦

Emblem of the Prime Minister of Japan.svg