田健治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田 健治郎
でん けんじろう
Kenjirō Den 2.jpg
生年月日 (1855-03-25) 1855年3月25日
出生地 丹波国氷上郡
没年月日 (1930-11-16) 1930年11月16日(75歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京市荏原郡玉川村
前職 鉄道会議幹事
所属政党 立憲政友会
茶話会
称号 男爵
勲一等旭日桐花大綬章
親族 兄:田艇吉(衆議院議員)
孫:田英夫(参議院議員)

内閣 第2次山本内閣
在任期間 1923年9月2日 - 12月24日

在任期間 1919年10月29日 - 1923年9月6日

内閣 寺内内閣
在任期間 1916年10月9日 - 1918年9月29日

日本の旗 貴族院議員(勅選)
在任期間 1906年1月7日 - 1930年11月16日

選挙区 旧兵庫県3区 → 旧兵庫県郡部3区
当選回数 2
在任期間 1901年8月12日 - 1902年12月28日
テンプレートを表示

田 健治郎(でん けんじろう、安政2年旧暦2月8日(西暦換算1855年3月25日)- 昭和5年(1930年11月16日)は、日本の官僚、政治家、華族男爵)。丹波国氷上郡(現在の兵庫県丹波市)出身。幼名は梅之助、号に譲山。衆議院議員貴族院議員(勅選)逓信大臣農商務大臣台湾総督枢密顧問官等を歴任。田艇吉(衆議院議員)は兄。田英夫参議院議員)は孫。また先祖に元禄時代の女流俳人田捨女がいる。

来歴[編集]

丹波国氷上郡柏原藩領の下小倉村(現在の兵庫県丹波市柏原町下小倉)に田文平の子とし生まれる。健治郎の家は代々大庄屋を務めた豪農であった。幼時には強健・腕白で、虚弱だった兄・艇吉がケンカに負けるとその仕返しに出向いたという逸話が残っている。

明治7年(1874年)に上京し、同郷の先輩の紹介で熊谷県の下級吏員に採用、翌年に愛知県に移り、次いで高知県神奈川県埼玉県部長など地方の警察畑を歩み、立身していった。明治23年(1890年)、時の逓信大臣後藤象二郎に見いだされ中央官界への道をつかみ、警保局官吏から逓信省に入省し、局長・逓信次官・鉄道会議幹事(後に同議員に転じる)を務める。一時期、官を辞めて関西鉄道社長を務めた。明治33年(1900年)5月9日、錦鶏間祗候を仰せ付けられる[1]。明治34年(1901年)、兵庫県第3区選出・植木致一の辞職に伴う補欠選挙に、伊藤博文の勧めで立憲政友会から出馬し衆議院議員に当選[2]。次の第7回総選挙でも当選し、衆議院議員を1期半務める。

1901年、政友会が第1次桂内閣を巡って二分された際に幹部を批判したとして政友会を除名された。その後、伊藤の執り成しで復党したものの、伊藤の政友会総裁辞任後に離党、衆議院議員の辞任後に3度逓信省に復帰して再度次官を務めた。明治39年(1906年)の退官後の1月7日、貴族院勅選議員に勅任され[3]茶話会に所属、翌年には男爵に叙せられると伊藤とも距離を置き始める。その後、平田東助清浦奎吾大浦兼武らと共に元老山縣有朋系の官僚政治家として活動する。

シーメンス事件後の第1次山本内閣倒閣の中心人物のひとりとなって古巣の立憲政友会と激しく対立した。しかし次の第2次大隈内閣以後、政友会との関係を改善して原敬山縣有朋の仲介役となる。同内閣崩壊後には寺内内閣の発足に尽力して逓信大臣に就任する。大正8年(1919年)、文官として初めて台湾総督となったが、これは総督の軍人専任を改めようとする原敬とそれに反対する山縣有朋との一種の妥協とも言われている。総督時代には台湾における法制整備と文民統治の定着に尽力した。内地延長主義を主張し、「内台一体」という方針の下に、内台の差別をなくす融合政策を行った。ところが原敬が暗殺されると、元政友会総裁で元老の西園寺公望は急遽後継総裁に立てた高橋是清に不安を覚え、田に政友会に復帰して横田千之助を総裁にするまでの中継ぎの総裁に就任することを要請したが、山県との関係もあり辞退したと言われている(結果的には横田の急死もあって高橋が長期にわたって政友会総裁を務めることになった)。

大正11年(1922年)の関東大震災直後に成立した第2次山本内閣農商務大臣として入閣する。後藤新平内務大臣とは反目しつつも共に震災復興計画を策定するが、政友会の反対で骨抜きにされてしまう。さらに第47回帝国議会で火保法案が審議未了で不成立となったのを受け、主任大臣としての責任をとり辞任した。大正14年(1925年)以後は枢密顧問官を務める。

昭和5年(1930年)、東京市玉川村(現東京都世田谷区上野毛の自宅・万象閣で倒れ、脳出血から肺炎を併発して死去。墓所は多磨霊園にある。

貴族院議員勅任から最晩年までの政治活動を綴った『田健治郎日記』は近代政治史上貴重な史料となっている。

栄典[編集]

晩年の田健治郎
叙位
叙勲
叙爵
記念章
賞杯
外国勲章佩用允許

著作[編集]

  • 尚友倶楽部・広瀬順晧編 『田健治郎日記 1(明治39年-43年)』 芙蓉書房出版、2008年12月。ISBN 978-4829504376
  • 尚友倶楽部・桜井良樹編 『田健治郎日記 2(明治44年-大正3年)』 芙蓉書房出版、2009年9月。ISBN 978-4829504574
  • 尚友倶楽部・内藤一成編 『田健治郎日記 3(大正4年-大正6年)』 芙蓉書房出版、2012年12月。

親族[編集]

  • 先妻:光子(佐野友吉妹)[19]
  • 後妻:やす(重野安居長女)[19]
  • 長男:篤(男爵)[19]
  • 二男:誠(田英夫の父)[19]
  • 長女:芳子(武田額三夫人)[19]
  • 二女:輝子(安場保健夫人)[19]
  • 四女:季子(野村正二郎夫人)[19]
  • 孫:健一(男爵、篤長男、長岡工業高専校長)[19]

出典[編集]

  1. ^ 『官報』第5054号、明治33年5月11日
  2. ^ 『官報』第5451号、明治34年9月2日
  3. ^ 『官報』第6754号、明治39年1月8日
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag 田健治郎』 アジア歴史資料センター Ref.A06051177500 
  5. ^ 『官報』第908号「叙任及辞令」明治19年7月12日
  6. ^ 『官報』第1252号「叙任及辞令」大正5年10月2日
  7. ^ 『官報』第3085号「叙任及辞令」大正11年11月11日
  8. ^ 『官報』第976号「叙任及辞令」昭和5年4月4日
  9. ^ 『官報』第2701号「叙任及辞令」明治25年6月30日
  10. ^ 『官報』第3704号「叙任及辞令」明治28年11月1日
  11. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」明治40年3月31日
  12. ^ 『官報』第1167号「叙任及辞令」昭和5年11月18日
  13. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」明治40年9月23日
  14. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」昭和6年12月28日
  15. ^ 『官報』第3234号「叙任及辞令」明治27年4月14日
  16. ^ 『官報』第4076号「叙任及辞令」明治30年2月4日
  17. ^ 『官報』第4250号「叙任及辞令」明治30年8月31日
  18. ^ 『官報』第4440号「叙任及辞令」明治31年4月22日
  19. ^ a b c d e f g h 『平成新修旧華族家系大成』下巻、127-128頁。

参考文献[編集]

  • 田健治郎伝記編纂会編 『田健治郎伝』 田健治郎伝記編纂会、1932年
  • 田健治郎伝記編纂会編 『田健治郎伝』 大空社〈伝記叢書47〉、1988年10月。1932年刊の復刻
  • 下風憲治編 『ダットサンの忘れえぬ七人 設立と発展に関わった男たち』 三樹書房、2010年3月。ISBN 978-4895225458
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年

関連項目[編集]

  • 五島美術館 - 田の邸宅跡に建った美術館、旧宅の一部は茶室として現在も残る。

外部リンク[編集]


公職
先代:
荒井賢太郎
日本の旗 農商務大臣
第2次山本内閣:1923年
次代:
岡野敬次郎(兼任)
先代:
岡野敬次郎
日本の旗 司法大臣(兼任)
第2次山本内閣:1923年(5日間)
次代:
平沼騏一郎
先代:
箕浦勝人
日本の旗 逓信大臣
寺内内閣:1916年 - 1918年
次代:
野田卯太郎