第17回衆議院議員総選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 日本の旗 第17回衆議院議員総選挙 国会議事堂
投票日 1930年2月20日
内閣 濱口内閣
解散日 1930年1月21日
改選数 466人
選挙制度 中選挙区制
議席内訳 Japanese General election, 1930 ja.svg
選挙後の党派別勢力図
 < 19281932 > 
衆議院議員総選挙
テンプレートを表示

第17回衆議院議員総選挙(だい17かいしゅうぎいんぎいんそうせんきょ)は、1930年昭和5年)2月20日に投票された衆議院選挙

概説[編集]

  • 1929年(昭和4年)7月2日に発足した濱口雄幸内閣のもとで行われた総選挙である。濱口内閣および与党立憲民政党に対する信を問う選挙となった。
  • 争点は金解禁に代表される濱口内閣の経済政策や、満州某重大事件(張作霖爆殺事件)など外交課題の処理に対する評価、軍縮問題、義務教育の国庫負担の是非(全国町村会が支持)などが争点となった。
  • 濱口首相個人の人気も追い風となって、与党立憲民政党は273議席と単独で過半数を獲得する大勝を収めた。これによって、それまで少数与党政権だった濱口内閣の政権基盤を安定させるとともに、本格的な二大政党時代の到来を印象づけることとなった。
  • 一方で、立憲政友会は174議席と立憲民政党に約100議席離される敗北を喫し、少数野党となった。

選挙データ[編集]

内閣[編集]

解散日[編集]

  • 1930年(昭和5年)1月21日

投票日[編集]

  • 1930年(昭和5年)2月20日

改選数[編集]

  • 466

選挙制度[編集]

  • 中選挙区制
  • 普通投票(男性のみ)
    • 満25歳以上の男性
    • 有権者 12,812,895

選挙結果[編集]

投票率[編集]

  • 83.34%(前回比+3.01%)

党派別獲得議席[編集]

  総裁=濱口雄幸、幹事長=桜内幸雄

  総裁=犬養毅、幹事長=森恪

この選挙で当選[編集]

 立憲民政党   立憲政友会   国民同志会   無産政党   革新党   諸派   無所属 

*の選挙区は無投票

北海道 1区 一柳仲次郎 沢田利吉 山本厚三 村田不二三 2区 浅川浩 東武 近藤豊吉 坂東幸太郎
3区 前田卯之助 佐々木平次郎 渡辺泰邦 4区 手代木隆吉 板谷順助 神部為蔵 松実喜代太 岡田春夫
5区 東条貞 木下成太郎 小池仁郎 三井徳宝
青森県 1区 工藤鉄男 藤井達也 山内亮 2区 菊池良一 兼田秀雄 工藤十三雄
岩手県 1区 田子一民 熊谷巌 高橋寿太郎 2区 広瀬為久 水上斉之助 小野寺章 志賀和多利
宮城県 1区 長谷川陸郎 中島鵬六 菅原伝 藤沢幾之輔 守屋栄夫 2区 星廉平 大石倫治 小山倉之助
秋田県 1区 田中隆三 町田忠治 信太儀右衛門 鈴木安孝 2区 塩田団平 猪股謙二郎 片野重脩
山形県 1区 黒金泰義 高橋熊次郎 佐藤啓 西沢定吉 2区 熊谷直太 清水徳太郎 門田新松 奥山亀蔵
福島県 1区 大島要三 粟山博 堀切善兵衛 2区 八田宗吉 林平馬 鈴木万次郎 菅村太事 鈴木寅彦
3区 比佐昌平 氏家清 木村清治
茨城県 1区 中崎俊秀 内田信也 石橋茂 長塚忠策 2区 小峰満男 高瀬梅吉 山崎猛
3区 風見章 飯村五郎 原脩次郎 海老沢為次郎
栃木県 1区 森恪 斎藤太兵衛 船田中 高橋元四郎 高田耘平 2区 松村光三 栗原彦三郎 阿由葉勝作 上野基三
群馬県 1区 飯塚春太郎 生方大吉 関口志行 中島知久平 青木精一 2区 最上政三 木桧三四郎 木暮武太夫 井本常作
埼玉県 1区 加藤睦之介 粕谷義三 秦豊助 定塚門次郎 2区 横川重次 高橋守平 鏑木忠正 一瀬一二
3区 野中徹也 古島義英 出井兵吉
千葉県 1区 多田満長 篠原陸朗 川島正次郎 鈴木隆 2区 篠田有徳 鵜沢宇八 今井健彦
3区 土屋清三郎 森矗昶 安田正男 北田正平
神奈川県 1区 三宅磐 戸井嘉作 野方次郎 2区 小泉又次郎 小野重行 川口義久 片山哲
3区 岡崎久次郎 平川松太郎 鈴木英雄 胎中楠右衛門
山梨県 全県 堀内良平 河西豊太郎 田辺七六 竹内友治郎 大崎清作
東京府 1区 横山勝太郎 立川太郎 桜内辰郎 本田義成 三木武吉 2区 中島弥団次 赤塚五郎 犬養健 鳩山一郎 高橋秀臣
3区 遠藤千元 頼母木桂吉 安藤正純 田川大吉郎 4区 真鍋儀十 小俣政一 古島宮次郎 太田信次郎
5区 斯波貞吉 高木正年 鈴木富士弥 牧野賤男 大山郁夫 6区 中島守利 中村継男 佐藤正 前田米蔵 松谷与二郎
7区 八並武治 津雲国利 坂本一角
新潟県 1区 野沢卯市 松井郡治 田辺熊一 2区 長尾半平 高橋光威 佐藤与一 加藤知正
3区 原吉郎 大竹貫一 佐藤謙之輔 山田又司 関矢孫一 4区 石塚譲 増田義一 武田徳三郎
富山県 1区 寺島権蔵 野村嘉六 高見之通 2区 松村謙三 山田毅一 土倉宗明
石川県 1区 武谷甚太郎 中橋徳五郎 永井柳太郎 2区 戸部良祐 桜井兵五郎 青山憲三
福井県 全県 猪野毛利栄 三田村甚三郎 添田敬一郎 山本条太郎 松井文太郎
長野県 1区* 鈴木梅四郎 松本忠雄 小坂順造 2区 小山邦太郎 山辺常重 篠原和市
3区 戸田由美 北原阿智之助 林七六 宮沢胤勇 4区 百瀬渡 降旗元太郎 植原悦二郎
岐阜県 1区 山田道兄 大野伴睦 武藤嘉門 2区 岡田素臣 後藤亮一 井上孝哉
3区 牧野良三 古屋慶隆 平井信四郎
静岡県 1区 平野光雄 海野数馬 小久江美代吉 中田騄郎 深沢豊太郎 2区 櫛部荒熊 岸衛 庄司良朗 小泉策太郎
3区 井上剛一 永田善三郎 倉元要一 太田正孝
愛知県 1区 今堀辰三郎 小山松寿 瀬川嘉助 石川久兵衛 加藤鐐五郎 2区 藍川清成 西脇晋 丹下茂十郎
3区 服部英明 加藤鯛一 滝正雄 4区 岡本実太郎 武富済 小林錡
5区 杉浦武雄 加藤六蔵 大口喜六
三重県 1区 加藤久米四郎 木村秀興 川崎克 小野耕一郎 松田正一 2区 尾崎行雄 浜田国松 牛場清次郎 池田敬八
滋賀県 全県 青木亮貫 堀部久太郎 堤康次郎 田中養達 清水銀蔵
京都府 1区 安田耕之助 西村金三郎 鷲野米太郎 鈴木吉之助 森田茂 2区 田中祐四郎 川島安之助 磯部清吉
3区* 水島彦一郎 村上国吉 津原武
大阪府 1区 枡谷寅吉 石原善三郎 一松定吉 2区 紫安新九郎 竹田儀一 武藤山治
3区 武内作平 広瀬徳蔵 上田孝吉 西尾末広 4区 本田弥市郎 吉川吉郎兵衛 森田政義 森本一雄
5区 佐竹庄七 勝田永吉 田中万逸 喜多孝治 6区 辻本豊三郎 大植清左衛門 山口義一
兵庫県 1区 浜野徹太郎 野田文一郎 中亥歳男 勝田銀次郎 砂田重政 2区 前田房之助 中馬興丸 山本平三郎 広岡宇一郎
3区 八木幸吉 水野正巳 多木粂次郎 4区 田中武雄 原惣兵衛 清瀬一郎 土井権大
5区 斎藤隆夫 田昌 若宮貞夫
奈良県 全県 服部教一 八木逸郎 松尾四郎 岩本武助 北浦圭太郎
和歌山県 1区 中村啓次郎 松山常次郎 山崎伝之助 2区 小山谷蔵 三尾邦三 西田郁平
鳥取県 全県 山枡儀重 由谷義治 三好栄次郎 豊田収
島根県 1区 木村小左衛門 原夫次郎 桜内幸雄 2区 佐藤喜八郎 俵孫一 島田俊雄
岡山県 1区 清水長郷 難波清人 岡田忠彦 久山知之 中島琢之 2区 小川郷太郎 西村丹治郎 犬養毅 高草美代蔵 星島二郎
広島県 1区 荒川五郎 名川侃市 岸田正記 藤田若水 2区 山道襄一 望月圭介 木原七郎 田中貢
3区 横山金太郎 土屋寛 作田高太郎 米田規矩馬 宮沢裕
山口県 1区 保良浅之助 久原房之助 庄晋太郎 村岡吾一 2区 松岡洋右 西村茂生 沢本与一 児玉右二 道源権治
徳島県 1区 谷原公 浅石恵八 原田佐之治 2区 平野鍋吉 秋田清 高島兵吉
香川県 1区 小西和 戸沢民十郎 宮脇長吉 2区 三土忠造 山下谷次 矢野庄太郎
愛媛県 1区 武知勇記 松田喜三郎 高山長幸 2区 村上紋四郎 森達三 河上哲太
3区 本多真喜雄 清家吉次郎 村松恒一郎
高知県 1区 富田幸次郎 浜口雄幸 中谷貞頼 2区 大西正幹 下元鹿之助 林譲治
福岡県 1区 河波荒次郎 宮川一貫 中野正剛 簡牛凡夫 2区 大里広次郎 吉田磯吉 浅原健三 石崎敏行 青柳郁次郎
3区 木村義雄 山崎達之輔 岡野竜一 野田俊作 樋口典常 4区 勝正憲 末松偕一郎 坂井大輔 内野辰次郎
佐賀県 1区 栗山賚四郎 福田五郎 石井次郎 2区 西英太郎 森峰一 田口文次
長崎県 1区 田崎武男 西岡竹次郎 志波安一郎 向井倭雄 則元由庸 2区 牧山耕蔵 本田恒之 古賀政一 佐保畢雄
熊本県 1区 小山令之 大麻唯男 松野鶴平 村田虎之助 平山岩彦 2区 深水清 宮崎高四 安達謙蔵 中山貞雄 中野猛雄
大分県 1区 金光庸夫 一宮房治郎 松田源治 長野綱良 2区 高橋欽哉 重松重治 清瀬規矩雄
宮崎県 全県 佐々木芳照 三浦虎雄 鈴木憲太郎 小村俊一 佐藤重遠
鹿児島県 1区 床次竹二郎 春島東四郎 井上知治 蔵園三四郎 中村嘉寿 2区 山本実彦 寺田市正 東郷実 崎山武夫
3区 久留義郷 津崎尚武 永田良吉
沖縄県 全県 当真嗣合 漢那憲和 仲井間宗一 伊礼肇 崎山嗣朝

補欠当選[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]