山田毅一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山田毅一

山田 毅一(やまだ きいち、1887年明治20年)1月21日[1]1953年昭和28年)4月15日[2])は、衆議院議員立憲民政党)、ジャーナリスト

経歴[編集]

富山県東礪波郡福野町(現在の南砺市)出身[1]早稲田大学東京外国語学校に学んだ後、『東京日日新聞』・『やまと新聞』・『國民新聞』の記者を務めた[1]。その間、樺太沿海州南洋諸島・欧米諸国などを歴訪した[1]。その後、復興通信社を創業し、社長に就任した[2]

1928年(昭和3年)、第16回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第17回衆議院議員総選挙でも再選を果たした。

その後、南進社、南方産業調査会を主宰し、南方政策を研究した[3]

著書[編集]

  • 『南洋行脚誌』(弘道館、1910年)
  • 『北門行脚誌』(警眼社、1911年)
  • 『能登半島』(上田書店、1913年)
  • 『南進策と小笠原群島』(放天義塾、1916年)
  • 『軍政と国民教育』(放天義塾、1917年)
  • 『戦時及戦後の米国』(放天義塾、1918年)
  • 『戦後の欧米漫遊記』(放天義塾、1919年)
  • 『南洋大観』(平凡社、1934年)
  • 『大南洋の全貌』(弘道館、1942年)
  • 『近海の宝庫 都南七島』(国民時論社、1948年)
  • 『観光瀬戸内海』(山田毅一君遺稿発刊有志会、1955年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『大衆人事録』
  2. ^ a b 『衆議院議員名鑑』
  3. ^ 『人事興信録』

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版(下)』人事興信所、1941年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。