2012年最高裁判所裁判官国民審査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2012年最高裁判所裁判官国民審査(2012ねん さいこうさいばんしょ さいばんかん こくみんしんさ)は、2012年平成24年)12月16日第46回衆議院議員総選挙と共に執行された最高裁判所裁判官国民審査[1]

概要[編集]

最高裁判所裁判官15名のうち、10名が国民審査の対象とされ[1]、全員が罷免されなかった[2][3]

国民審査の結果[編集]

告示順 氏名 年齢 任命年月日 学歴[4] 出身分野[5] 担当小法廷 罷免を可と 罷免を可 罷免を可[3]
する票 しない票 とする率
1 やまうら/山浦善樹 66 2012年3月1日 一橋大学法学部 弁護士(26期) 1/第一小法廷 4,708,497 53,041,797 8.15%
2 おかへ/岡部喜代子 63 2010年04/12_4月12日 慶應義塾大学院修士修了 裁判官(28期)
大学教授
3/第三小法廷 4,945,084 52,805,272 8.56%
3 すとう/須藤正彦 69 2009年12月28日 中央大学法学部卒 弁護士(22期) 2/第二小法廷 4,674,807 53,075,623 8.09%
4 よこた/横田尤孝 68 2010年01/06_1月6日 中央大学法学部卒 検察官(24期) 1/第一小法廷 4,696,669 53,051,460 8.13%
5 おおはし/大橋正春 65 2012年2月13日 東京大学法学部 弁護士(24期) 3/第三小法廷 4,576,916 53,173,548 7.93%
6 ちは/千葉勝美 66 2009年12月28日 東京大学法学部卒 裁判官(24期) 2/第二小法廷 4,698,942 53,051,460 8.14%
7 てらた/寺田逸郎 64 2010年12/27_12月27日 東京大学法学部卒 裁判官(26期) 3/第三小法廷 4,588,376 53,162,027 7.95%
8 しらき/白木勇 67 2010年01/15_1月15日 東京大学法学部卒 裁判官(22期) 1/第一小法廷 4,661,824 53,088,581 8.07%
9 おおたに/大谷剛彦 65 2010年06/17_6月17日 東京大学法学部卒 裁判官(24期) 3/第三小法廷 4,633,074 53,117,290 8.02%
10 おぬき/小貫芳信 64 2012年4月11日 中央大学院修士修了 検察官(27期) 2/第二小法廷 4,499,849 53,250,544 7.79%

最高裁判決における裁判官の意見[編集]

2012年12月16日までの最高裁判決における意見(意見が分かれたものに限定)。

判決日 裁判 山浦
善樹
岡部
喜代子
須藤
正彦
横田
尤孝
大橋
正春
千葉
勝美
寺田
逸郎
白木
大谷
剛彦
小貫
芳信
2011年3月23日 2009年衆院選の一票の格差(2.30倍) 違憲状態 違憲状態 違憲状態 違憲状態 違憲状態 違憲状態
2012年10月17日 2010年参院選の一票の格差(5.00倍) 違憲状態 違憲状態 違憲状態 違憲状態 違憲
選挙有効
違憲状態 違憲状態 違憲状態 違憲状態 違憲状態

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 2012年(平成24年)12月4日中央選挙管理会告示第29号「最高裁判所裁判官国民審査の期日及び審査に付される裁判官の氏名に関する件」
  2. ^ 2012年(平成24年)12月21日中央選挙管理会告示第38号「平成二十四年十二月十六日執行の最高裁判所裁判官国民審査の審査結果の件」
  3. ^ a b 最高裁裁判官国民審査:結果が確定 発表後、複数回訂正 毎日新聞 2012年12月21日--2013年1月5日閲覧
  4. ^ 「大学院法学研究科修士課程修了」を「院修士修了」と略した。
  5. ^ 主な出身分野を表示。期数は、司法研修所の修了期。
  6. ^ 第4回中央選挙管理会において決定された事項(総務省2012年11月30日付プレスリリース、同年12月3日閲覧) (PDF)