2009年日本の補欠選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2009年日本の補欠選挙では、日本の立法府である衆議院参議院の議員を補充するため2009年(平成21年)に行われた補欠選挙の結果について取り上げる。

概要[編集]

補欠選挙は、議員が辞職、あるいは死亡したこと等で、欠員が生じた場合にその欠員を補充するために行われる選挙である。2000年(平成12年)の公職選挙法改正によって、衆議院と参議院の補欠選挙は4月と10月の年2回にまとめて実施されている。

4月24日投票の補欠選挙[編集]

公職選挙法第三十三条の二2項に掲げる第1期間(9月16日~翌年3月16日)[1]中に、衆議院議員及び参議院議員の欠員が生じなかったため、補欠選挙は実施されなかった。

10月25日投票の補欠選挙[編集]

概要[編集]

  • 告示日:2009年10月8日
  • 投票日:2009年10月25日
  • 選挙区
    • 参議院:2選挙区(神奈川県・静岡県)

選挙区と選挙事由[編集]

候補者一覧(届け出順)
候補者名 性別 年齢 党派 新旧 備考
角田宏子  女性 42 自由民主党   新人
  • 元横浜市議会議員
  • 政党役員
岡田政彦  男性 43 日本共産党  新人
  • 党県常任委員
金子洋一 男性 47 民主党  新人
  • 元内閣課長補佐
  • 民間団体理事長
加藤文康  男性 47 諸派(幸福実現党 新人
  • 党役員
候補者一覧(届け出順)
候補者名 性別 年齢 党派 新旧 備考
平賀高成  男性 55 日本共産党 新人
  • 元衆議院議員(1期)
  • 政党役員
土田博和 男性 59 民主党 新人
  • 医師
  • 病院理事長
岩井茂樹 男性 41 自由民主党 新人
矢内筆勝 男性 48 諸派(幸福実現党) 新人 党特別顧問
 

選挙結果[編集]

  • 当日有権者数
    • 神奈川県選挙区:3,650,371名
    • 静岡県選挙区:1,507,634名
  • 投票率
    • 神奈川県選挙区:30.10%(投票者数1,098,839名)
    • 静岡県選挙区:36.98%(投票者数557,662名)
  • 當選者 
候補者別得票(神奈川県選挙区)
当落 得票数 得票率 候補者 党派
当選  1,010,175  金子洋一  民主党 
792,634 角田宏子 自由民主党
230,143 岡田政彦 日本共産党
24,793 加藤文康 諸派(幸福実現党)
2,057,745
候補者別得票(静岡県選挙区)
当落 得票数 得票率 候補者 党派
当選   567,374 土田博和 民主党
404,763 岩井茂樹  自由民主党
97,631 平賀高成 日本共産党
12,106 矢内筆勝 諸派(幸福実現党)
1,081,874

脚注[編集]

参考文献[編集]

総務省選挙資料

ザ・選挙