2010年日本の補欠選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2010年日本の補欠選挙では、日本立法府である衆議院参議院を構成する議員を補充するために2010年(平成22年)に行われた補欠選挙について取り上げる。

概要[編集]

補欠選挙は、議員が辞職或いは死亡したことなどで欠員が生じた場合に、その欠員を補充するために行われる選挙である。2000年の公職選挙法改正によって、衆議院と参議院の補欠選挙は年2回、4月と10月の第4日曜日に行われている。

4月執行の補欠選挙[編集]

公職選挙法第33条の2に掲げる第1期間(9月16日 - 翌年3月16日)[1]中に衆議院議員及び参議院議員の欠員が生じなかったため、補欠選挙は実施されなかった。

10月執行の補欠選挙[編集]

概要[編集]

  • 告示日:2010年10月12日
  • 投票日:2010年10月24日
  • 選挙区
    • 衆議院:1選挙区

選挙区と選挙事由[編集]

  • 北海道第5区 
  • 選挙事由小林千代美民主党)選対事務所の選対委員長代行が選挙違反で有罪判決を受け、小林本人が議員辞職をしたことによる。
  • 立候補者:5名
立候補者一覧(届け出順)
候補者名  年齢  職業  党派  新旧
中前茂之  38  政党役員  民主党
宮内聡  47  政党役員  日本共産党 
森山佳則  43  団体職員  諸派(幸福実現党) 
町村信孝  66  選挙区支部長  自由民主党 
河村美智子  62  無職  無所属 

選挙結果[編集]

  • 当日有権者数(5区):454,271名
  • 投票者数:242,932名
  • 投票率:53.48%
候補者別得票
当落 候補者 年齢 党派 新旧 得票数 得票率
当選 町村信孝 66 自由民主党 125,636 52.27%
中前茂之 38 民主党 94,135 39.16%
宮内聡 46 日本共産党 15,583 6.48%
河合美智子 62 無所属 2,697 2.09%
森山佳則 43 諸派(幸福実現党) 2,325
240,376
注:河合と森山両候補の得票率は一括して計算

脚注[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]