今津寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗衆議院議員 今津 寛
生年月日 1946年9月30日(69歳)
出身地 北海道旭川市
出身校 中央大学法学部
学位・資格 法学士
前職 北海道議会議員
所属委員会 安全保障委員会
北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会(委員長)
世襲
選出選挙区 旧北海道2区→)
北海道6区→)
比例北海道ブロック
当選回数 7回
所属党派 自由民主党→)
高志会→)
自由改革連合→)
新進党→)
自由民主党(額賀派
会館部屋番号 衆議院第1議員会館313号室
ウェブサイト 衆議院議員 今津ひろし
テンプレートを表示

今津 寛(いまず ひろし[1]1946年9月30日 - )は、日本政治家自由民主党衆議院議員(7期)。

防衛庁副長官第2次小泉改造内閣第3次小泉内閣)、北海道議会議員(2期)、旭川市議会議員(2期)等を歴任した。

兄は写真家の今津秀雄(1939年 - 1990年4月20日[2]

来歴[編集]

北海道旭川市屋に生まれる[3]北海道旭川西高等学校中央大学法学部卒業[3]

1975年、旭川市議会議員選挙に出馬し、初当選。1983年北海道議会議員選挙に鞍替えし、当選。1987年に再選[4]

1990年、北海道議会議員を2期目の任期途中で辞職。同年の第39回衆議院議員総選挙旧北海道2区(定数4)から自由民主党公認で出馬し、得票数3位で当選。当選後は、当時の海部俊樹首相の出身派閥である新政策研究会(河本派)に所属した[要出典]1993年第40回衆議院議員総選挙では自民党に、旧北海道2区でトップ当選した[要出典]

1994年羽田内閣総辞職に伴う内閣総理大臣指名選挙において、自民・社会新党さきがけ3党が推した村山富市日本社会党委員長ではなく、旧連立与党側が擁立した海部に投票し、その後海部に従って自民党を離党。高志会自由改革連合を経て新進党の結党に参加する[3]

1996年第41回衆議院議員総選挙直前に新進党を離党し、自民党に復党。北海道6区から自民党公認で出馬したが旧民主党公認の佐々木秀典に敗れ、落選。2000年第42回衆議院議員総選挙でも、再び佐々木に敗れた。2003年第43回衆議院議員総選挙で佐々木を僅差で破り、7年ぶりに国政に復帰(佐々木も比例復活)。2004年第2次小泉改造内閣防衛庁副長官に任命される。2005年第44回衆議院議員総選挙では比例北海道ブロック単独で出馬し、4選(北海道6区からは中央大学法学部の先輩であり、旧北海道2区ではライバルであった金田英行が出馬したが、引退した佐々木秀典の後継者・佐々木隆博に敗れ落選した)。第3次小泉内閣でも防衛庁副長官に再任された[3]

2008年衆議院安全保障委員長に就任。2009年第45回衆議院議員総選挙では、北海道6区で民主党の佐々木隆博に敗れ、比例復活もならず落選した。落選に伴い、自民党北海道連会長を辞任[要出典]

2010年、前年の総選挙において北海道5区で自民党の町村信孝を破った民主党の小林千代美が、公職選挙法違反により衆議院議員を辞職し、それに伴う補欠選挙に出馬するため町村も議員辞職。比例北海道ブロック次点であった中川昭一が前年に死去していたため、今津が繰り上げ当選した。

2011年10月、自由民主党シャドウ・キャビネットにおいて影の防衛大臣に就任[5]

2012年第46回衆議院議員総選挙では、北海道6区で前回敗れた佐々木隆博を破り、6選。

2014年第47回衆議院議員総選挙では、北海道6区で佐々木隆博に敗れるものの、比例復活を果たし7選。

政策・主張[編集]

不祥事[編集]

政治資金[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 今津 寛 | 国会議員 | 議員情報 | 議員・役員情報 自由民主党公式サイト
  2. ^ 『CD 現代日本人名録 物故者編1901~2000』(日外アソシエーツ
  3. ^ a b c d 公式ホームページ プロフィール
  4. ^ 公式ホームページ 略歴
  5. ^ 自民党 シャドーキャビネット 2011年
  6. ^ a b c d e 今津ひろしの政策
  7. ^ 2009年衆院選時朝日新聞アンケート回答
  8. ^ a b “2012衆院選 北海道6区 今津寛”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A01006001001 2014年4月18日閲覧。 
  9. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  10. ^ 特定秘密保護法 国会議員の投票行動”. 東京新聞. 2014年12月13日閲覧。
  11. ^ “自民・今津氏:高校生の中絶「世間が認めない」”. 毎日jp (毎日新聞). http://mainichi.jp/select/news/20150619k0000m010111000c.html 2015年6月20日閲覧。 
  12. ^ 2004年5月14日読売新聞
  13. ^ しんぶん赤旗、2002年3月10日
  14. ^ a b c d 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]

議会
先代:
竹本直一
日本の旗 衆議院北朝鮮による拉致
問題等に関する特別委員長

2016年 -
次代:
現職
先代:
嘉数知賢
日本の旗 衆議院安全保障委員長
2008年 - 2009年
次代:
安住淳
公職
先代:
浜田靖一
日本の旗 防衛庁副長官
2004年 - 2005年
次代:
木村太郎