日中友好議員連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日中友好議員連盟(にっちゅうゆうこうぎいんれんめい)は、1973年4月に中華人民共和国との友好関係の促進を主な目的とし発足された日本超党派議員連盟

概説[編集]

前身の「日中貿易促進議員連盟」は日本が台湾中華民国)と国交していて中華人民共和国とは国交がなかった時代の1952年に創設され、日中国交正常化を求める超党派の親中派議員が結集した議員連盟だった。日中国交正常化の翌1973年に今の名前で結成された[1]

発足当時は、自由民主党社会党公明党民社党第二院クラブ、無所属国会議員ら400名で結成。当時の会長は藤山愛一郎であった[2]

日米議員連盟日英議員連盟日韓議員連盟と異なり、名称に「友好」という言葉を掲げているのが特徴である[1]。また他国の議員交流組織と比べて異質なのは交流相手の中国側の「議員」というのが全国人民代表大会(全人代)のメンバーであって、そのメンバーは中国共産党一党独裁体制下に共産党の指名や推薦によって選ばれているので日韓や欧米のように一般国民の選挙で選ばれた存在ではないということである[1]

中国政府はこの議員連盟を公式に「中日友好団体」と認定している。中国政府からこの認定をされている団体は7つあり(「日中友好7団体」)、日中友好議員連盟のほか、日中友好協会日本国際貿易促進協会日本中国文化交流協会日中経済協会日中協会日中友好会館がある[1]。他の六組織と同様に中国の対日政策に同調するばかりの組織であり、中国政府による人権侵害に抗議したことなどは一度もない[1]

長年、中国政府が対日政治工作機関として活用してきた組織であるとされ、米国政府はこれまでそのことへの警戒を表明してきた[1]

2019年に発表された米国防省情報局(DIA)の報告は、中国共産党中国人民解放軍が日本の対中世論や政策を中国側に有利に動かすために「日中友好7団体」を動かしていることを指摘しており、その7つの組織の一つとしてこの日中友好議連連盟の名前があげられている[1]

日中国交正常化を果たした元内閣総理大臣・田中角栄の影響から、自民党所属議員は木曜クラブ(田中派)の流れをくむ茂木派に所属する議員が多い。

所属する議員[編集]

役員[編集]

会員[編集]

自由民主党

日本共産党

公明党

立憲民主党

過去に所属[編集]

元役員[編集]

元会員[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2013年4月の時点では鶴保本人のウェブサイトの「プロフィール」のページで所属している旨を公表していたものの、2016年10月現在は公開していない。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 林芳正外相が会長を辞任した「日中友好議員連盟」とは何か?中国共産党の息がかかる「工作機関」として米国が警戒” (日本語). JBpress古森義久. 2021年11月18日閲覧。
  2. ^ a b c d 中日政府間往来の主要年表”. japanese.china.org.cn. 2019年9月8日閲覧。
  3. ^ a b 林外相就任会見 対中外交巡り「知中派でも毅然として主張」”. msn. 2021年11月18日閲覧。
  4. ^ a b c d 日中友好議連 日本共産党が加入 副会長に志位委員長”. 日本共産党 志位和夫. 2021年11月18日閲覧。
  5. ^ a b c d 活動日誌 こくたが駆く”. 日本共産党 こくた恵二. 2021年12月1日閲覧。
  6. ^ a b c d e 程永華駐日大使,日中友好議員連盟総会に出席”. 中華人民共和国駐日大使館. 2021年11月18日閲覧。
  7. ^ a b c 日本 中国 ティーンエイジ アンバサダー10周年記念事業 日中小大使10周年同窓会 &2018 日本 中国 ティーンエイジ アンバサダー 実施報告書
  8. ^ 日中議連での訪中─大切なのは信頼関係”. 衆議院議員 岡田かつや. 2021年11月18日閲覧。
  9. ^ 衆議院議員〈比例代表 南関東ブロック〉甘利 明”. タウンニュース 政治の村. 2021年11月18日閲覧。
  10. ^ 自民党参議院議員 石井まさひろ事務所”. 石井まさひろ事務所. 2021年11月18日閲覧。
  11. ^ 現職一覧”. 井上信治. 2021年11月18日閲覧。
  12. ^ プロフィール”. 江渡あきのり. 2021年11月18日閲覧。
  13. ^ プロフィール”. 後藤田正純公式サイト. 2021年11月18日閲覧。
  14. ^ プロフィール”. 鶴保庸介ウェブサイト . 2013年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月8日閲覧。
  15. ^ 西村やすとし 国会活動”. 西村やすとし オフィシャルサイト. 2021年11月18日閲覧。
  16. ^ a b c d 新華社通信 汪洋氏、日中友好議員連盟代表団と会見
  17. ^ AFPBBnews 野田聖子氏ら日本の議員団が訪中 王外相と面会
  18. ^ これまでの実績”. 橋本がく. 2021年11月22日閲覧。
  19. ^ 加入議員連盟”. 参議院議員 松下新平. 2021年11月18日閲覧。
  20. ^ 入会議連一覧”. 若宮けんじ. 2021年11月21日閲覧。
  21. ^ プロフィール”. 赤嶺政賢. 2021年11月19日閲覧。
  22. ^ プロフィール・実績”. 井上さとし. 2021年11月19日閲覧。
  23. ^ 投稿”. 日本共産党 笠井亮. 2021年11月19日閲覧。
  24. ^ 日中友好議連 全人代委員長と会談 小池氏 尖閣・歴史問題で立場表明”. しんぶん赤旗. 2021年11月19日閲覧。
  25. ^ 6カ国協議再開望む 日中議連訪中で田村副委員長”. 日本共産党 田村智子. 2021年11月19日閲覧。
  26. ^ 浮島とも子 衆議院議員 プロフィール”. 浮島とも子 衆議院議員. 2021年11月19日閲覧。
  27. ^ 日中友好議連の訪中団に参加”. 参議院神奈川県選挙区 公明党 佐々木さやか. 2021年11月19日閲覧。
  28. ^ 佐藤英道 夢ひろば”. kmplan.net. 2019年9月8日閲覧。
  29. ^ 日中友好議員連盟の訪中団から帰国”. 中野ひろまさ 衆議院議員. 2021年11月19日閲覧。
  30. ^ ニュース 中国滞在で得たこと”. 公明党. 2021年11月19日閲覧。
  31. ^ 伊藤 俊輔イトウ シュンスケ/42歳/男”. 選挙ドットコム. 2021年11月18日閲覧。
  32. ^ プロフィール”. きいたかし. 2021年11月22日閲覧。
  33. ^ 議会・政党での活動 中谷一馬の議会・政党での活動”. 中谷一馬. 2021年11月22日閲覧。
  34. ^ 政権交代は中日関係にどんな変化をもたらすか 清華大学国際問題研究所 劉永江教授”. チャイナネット. 2021年11月22日閲覧。
  35. ^ a b c 中華人民共和国外交部 程永華駐日大使,日中友好議員連盟総会に出席
  36. ^ 衆議院議員 野田たけし 経歴”. 衆議院議員 野田たけし. 2021年11月19日閲覧。
  37. ^ 佐藤章 所属議員連盟一覧”. kmplan.net. 2021年11月19日閲覧。
  38. ^ わにぶち洋子議員 アーカイブ:【公明党青年委員会ブログ】
  39. ^ 辻元清美公式サイト”. 2021年11月19日閲覧。
  40. ^ 日中友好議連の一員として訪中しました”. テルヤ寛徳. 2021年12月6日閲覧。
  41. ^ 衆議院議員 日吉雄太 プロフィール”. 2021年11月19日閲覧。
  42. ^ プロフィール 三日月大造”. 2021年11月21日閲覧。
  43. ^ 日中友好議員連盟 中国視察②”. 元衆議院議員 山花郁夫. 2021年12月6日閲覧。

関連項目[編集]

以下の6つが、日中友好議員連盟とともに「日中友好7団体」を構成している。