藤野保史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
藤野 保史
生年月日 (1970-06-04) 1970年6月4日(47歳)
出生地 日本の旗福岡県福岡市
出身校 京都大学法学部
前職 日本共産党職員
現職 日本共産党中央委員会原発エネルギー問題対策委員会事務局長
所属政党 日本共産党
称号 法学士
公式サイト 日本共産党衆議院北陸信越ブロック比例代表 藤野やすふみ

選挙区 比例北陸信越ブロック
当選回数 1回
テンプレートを表示

藤野 保史(ふじの やすふみ、1970年6月4日 - )は、日本政治家日本共産党所属の衆議院議員(1期)。日本共産党中央委員会政策委員長(政策責任者)を歴任。

略歴[編集]

福岡市に生まれる。福岡県立修猷館高等学校京都大学法学部卒業。卒業後、穀田恵二吉井英勝の秘書を務める[1]

2003年中央委員会の政策委員に就任。

2012年第46回衆議院議員総選挙比例北陸信越ブロック単独で出馬するも落選[2]。その後は中央委員会原発エネルギー問題対策委員会事務局長を務める。

2014年第47回衆議院議員総選挙に比例北陸信越ブロック単独で出馬し、初当選。日本共産党が北陸信越ブロックで議席を獲得するのは11年ぶりである[3]

2016年4月より日本共産党中央委員会政策委員長(政策責任者)。しかし、わずか2か月後の同年6月に、自らの発言に対する引責により辞任。

発言[編集]

防衛費予算に関する発言[編集]

2016年6月26日に出演したNHK番組で、防衛費について「人を殺すための予算」と述べた。同席していた稲田朋美が「日本を守るためだ」と反論し、石田祝稔下地幹郎ら他の同席者も発言取り消しや訂正を勧めたが番組中に応じることはなかった[4]

これを聞いた首相の安倍晋三は、「とんでもない侮辱ではないか」と非難し、日本共産党志位和夫らが自衛隊を憲法違反とし「将来的な解消」を訴え続けていることについて、「こんなことが通るわけはない。あまりにも無責任、失礼な発言だ。この共産党と民進党は、まさに一体となってこの選挙区でも戦いを進めている」と非難した[5]。藤野は、番組終了後に「発言は、安保法制=戦争法と一体に海外派兵用の武器・装備が拡大していることを念頭においたものでしたが、テレビでの発言そのものはそうした限定をつけずに述べており、不適切であり、取り消します」と釈明した[6]

共産党の志位和夫委員長は27日、「海外での戦争のための装備などを念頭に言ったが、そういう前提なしに発言した。私たちも、あの発言は不適切だと考える」と説明し、藤野を口頭で注意したことも明らかにしつつも、謝罪の言葉はなかった。また、「本人がきちんと(発言を)取り消した。私からも注意し、これで解決したと思っている」とも述べ、これ以上言及する必要はないとの考えを示した[7]。一方で、党内からは「不用意な発言だったが、誤解だ。言葉尻をとらえての攻撃には断固反対だ」(熊本県委員会の日高伸哉委員長)、「言葉足らずだったかもしれないが、発言に問題は全くない」(佐賀県委員会の今田真人委員長)などの擁護論が展開された。

共産党が発言の沈静化を図る一方で、参院選の1人区で共産党と共闘している民進党の前原誠司元外相からも、「自衛隊は専守防衛を行うために極めて重要な役割を果たしている。極めて悪質でひどい発言だ」「身を賭してやってくれている隊員に対して極めて失礼で無礼だ」といった厳しい批判が行われた[8]

産経新聞の社説「主張」は、「常軌を逸した扇動的発言は百害あって一利なし」、「発言を撤回した藤野氏の釈明もよく分からない」とし、自衛隊を違憲であると主張を続けている「共産党をはじめとする戦後日本の左派陣営の多く」に対し、「この機会に、今までの不明を国民にわび、自衛隊は合憲であり、日本には防衛力が必要であることを肯定してはどうか。」とこの発言を批判した[9]

6月28日夜、藤野は党本部で緊急の記者会見を行い、「多くの方から厳しい批判をいただいた。わが党の方針と異なる誤った発言であり、結果として自衛隊の皆さんを傷つけるものとなった。深く反省し、国民の皆さんに心からおわび申し上げる」「発言は撤回したが、党の方針と異なる発言をしたことは政策責任者として極めて重大であり、責任として職を辞したい」と説明し、政策委員長の辞任を表明、同日の持ち回りの常任幹部会で決定された[10]

政策・主張[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 藤野保史プロフィール
  2. ^ 2012年衆院選北陸信越ブロック、日本共産党毎日新聞 2014年12月17日閲覧
  3. ^ 【比例北陸信越】共産・藤野さん万感中日新聞 2014年12月17日閲覧
  4. ^ “「防衛費は人を殺す予算」 共産・藤野政策委員長がNHKで 他党議員は発言取り消しを勧めたが…”. 産経新聞. (2016年6月26日). http://www.sankei.com/politics/news/160626/plt1606260017-n1.html 2016年6月28日閲覧。 
  5. ^ “安倍首相「とんでもない侮辱だ」 共産の防衛費は「人殺しの予算」発言に”. 産経新聞. (2016年6月26日). http://www.sankei.com/politics/news/160626/plt1606260030-n1.html 2016年6月28日閲覧。 
  6. ^ “共産・藤野保史政策委員長「防衛費は人を殺す予算」取り消し NHKでの発言、番組後に「不適切」認める”. 産経新聞. (2016年6月26日). http://www.sankei.com/politics/news/160626/plt1606260035-n1.html 2016年6月28日閲覧。 
  7. ^ “共産・志位和夫委員長「私たちも不適切と考える」 謝罪はなし”. 産経新聞. (2016年6月27日) 
  8. ^ “民進・前原誠司元外相「極めて悪質でひどい」と猛批判 「身を賭している隊員に失礼で無礼」とも”. 産経新聞. (2016年6月27日) 
  9. ^ “【主張】「人殺し予算」発言 現実的な防衛論が必要だ”. 産経新聞. (2016年6月28日). http://www.sankei.com/column/news/160628/clm1606280002-n1.html 2016年6月28日閲覧。 
  10. ^ “藤野保史政策委員長が辞任「深く反省しおわび」”. 産経新聞. (2016年6月28日) 
  11. ^ a b c 藤野保史 公式ホームページ スライド画面
  12. ^ 動画:2015年9月一覧
  13. ^ 2014衆院選 毎日新聞候補者アンケート

外部リンク[編集]

党職
先代:
小池晃
日本共産党政策委員会責任者
第6代:2016年
次代:
小池晃(代行)