村越祐民

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
村越 祐民
むらこし ひろたみ
Murakoshi00001.jpg
生年月日 (1974-02-13) 1974年2月13日(43歳)
出生地 千葉県市川市
出身校 青山学院大学国際政治経済学部
早稲田大学大学院法学研究科(中退)
前職 千葉県議会議員、衆議院議員外務大臣政務官
所属政党 民主党→)
民進党
公式サイト 村越ひろたみofficial website

選挙区 千葉5区
当選回数 2回
在任期間 2003年11月10日 - 2005年8月8日
2009年8月31日 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

村越 祐民(むらこし ひろたみ、1974年2月13日 - )は、日本政治家民進党所属の元衆議院議員(2期)。外務大臣政務官を務めた。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

千葉県市川市で生まれる。昭和学院小学校、市川学園市川中学校・高等学校卒業後、2浪して青山学院大学国際政治経済学部に進学。1998年大学卒業後、外資系コンピューターハードウェアメーカーの日本シリコングラフィックス(現・日本SGI)に入社する[1]。その後、1年で退社し早稲田大学大学院法学研究科に入学する。

政界進出[編集]

早稲田大学大学院在学中の2003年4月に千葉県議会議員選挙に出馬し初当選し政治家としての第一歩を踏み出す(大学院は中退)。 千葉県議会議員に当選して7ヶ月後の2003年11月任期半ばで県議を辞職。民主党を2001年に離党し政党・尊命の代表となった田中甲の後釜として第43回衆議院議員総選挙民主党公認で千葉5区から出馬し、自由民主党薗浦健太郎を破り初当選。第44回衆議院議員総選挙では小泉純一郎首相郵政解散によって前回破った薗浦に敗れ落選する。 第45回衆議院議員総選挙では再び薗浦を破り、4年ぶりに国政復帰。2012年10月2日野田第3次改造内閣外務大臣政務官に就任。2012年12月には、第46回衆議院議員総選挙民主党公認で出馬するも薗浦に3万票の差をつけられ落選。2014年12月には、第47回衆議院議員総選挙民主党公認で出馬するも、再び落選。

活動・主張[編集]

人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

公職
先代:
加藤敏幸浜田和幸中野譲
日本の旗 外務大臣政務官
浜田和幸風間直樹と共同

2012年
次代:
阿部俊子城内実若林健太