村越祐民

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
村越 祐民
むらこし ひろたみ
生年月日 (1974-02-13) 1974年2月13日(45歳)
出生地 千葉県市川市宮久保
出身校 青山学院大学国際政治経済学部
早稲田大学大学院法学研究科修士課程(中退)
前職 日本シリコングラフィックス従業員
所属政党民主党→)
民進党→)
無所属
公式サイト 村越ひろたみ公式website

当選回数 1回
在任期間 2018年4月22日 - 現職

選挙区 千葉5区
当選回数 2回
在任期間 2003年11月10日 - 2005年8月8日
2009年8月31日 - 2012年11月16日

選挙区 市川市選挙区
当選回数 1回
在任期間 2003年4月30日 - 2003年10月28日
テンプレートを表示

村越 祐民(むらこし ひろたみ、1974年2月13日 - )は、日本政治家千葉県市川市長(第27代)。外務大臣政務官野田第3次改造内閣)、衆議院議員(2期)、千葉県議会議員(1期)を務めた。

来歴[編集]

千葉県市川市宮久保生まれ[1]昭和学院小学校市川中学校・高等学校青山学院大学国際政治経済学部卒業[1]。外資系コンピューターハードウェアメーカーの日本シリコングラフィックス(現日本SGI)に入社[2]。その後、1年で退社し、早稲田大学大学院法学研究科修士課程で憲法学を専攻する[2]

早稲田大学大学院在学中、民主党千葉県連が実施した候補者公募に合格[2]2003年千葉県議会議員選挙市川市選挙区(定数6)から民主党公認で出馬し、現職6人、新人3人の激戦を制して初当選した[1][2]。当選後、大学院は中退。

2003年、千葉県議を当選からわずか半年で辞職し、第43回衆議院議員総選挙千葉5区から民主党公認で出馬。2001年に民主党を離党し、政党・尊命を結党し代表に就いていた田中甲自由民主党薗浦健太郎らを破り、当選した[1]

2005年第44回衆議院議員総選挙では、千葉5区で前回下した自民党の薗浦に敗れ、比例復活もならず落選した。2009年第45回衆議院議員総選挙で、千葉5区で薗浦を破り、4年ぶりに国政に復帰した。2012年野田第3次改造内閣外務大臣政務官に任命された[3]。同年の第46回衆議院議員総選挙では、千葉5区で自民党元職の薗浦に3万票超の差で敗れ、比例復活もならず、再び落選した[4]2014年第47回衆議院議員総選挙にも千葉5区から出馬したが、前回よりも薗浦に票差を広げられ、落選した[5]

2016年3月に民主党・維新の党が合流した民進党に参加したが、2017年第48回衆議院議員総選挙に際し、前原誠司民進党代表が9月27日、民進党を事実上解党し、希望の党からの立候補を容認する方針を表明[6]10月3日、希望の党は千葉5区で元浦安市議会議員の岡野純子を公認し、村越は一時、無所属での立候補も検討していたが、野党票の分散を防ぐため、出馬を断念した[7][8][9]

2017年、民進・共産自由社民市民ネットワーク千葉県5党の推薦を受けて市川市長選挙に出馬し、立候補した5人の中で最多の票を獲得するも、法定得票数に届かず、当選者が決定しなかった[10]2018年4月22日実施された再選挙に出馬し、上述の田中甲、元千葉県議会議員の坂下茂樹を破り、市川市長に当選した[11]。同日付で市川市長に就任し[12]4月24日に市川市役所に初登庁した[13]

市政[編集]

待機児童削減

2019年4月1日時点の待機児童数を昨年の385人から247人少ない138人に半減させた。市長就任からの約1年間で補助金10億円を投入し、保育所や小規模保育事業所など合わせて30園を新設して定員を拡大、保育士確保のための処遇改善にも力を入れた。11日の定例会見で村越は、「待機児童がゼロになるように引き続き保育の質を高めるためのあらゆる努力をしていきたい」と述べた[14]

政策・主張[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 村越ひろたみ公式Website
  2. ^ a b c d “「29歳で衆議院議員」インタビュー[キャリアプラン]”. All About. (2005年1月10日). https://allabout.co.jp/gm/gc/291297/7/ 2018年4月30日閲覧。 
  3. ^ 外務大臣政務官 村越 祐民(むらこし ひろたみ) - 野田第三次改造内閣 大臣政務官名簿
  4. ^ “2012衆院選 千葉5区”. 毎日新聞. https://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_ichiran.html?aid=A12005 2018年4月30日閲覧。 
  5. ^ “2014衆院選 千葉”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/47shu/ichiran.html?aid=A12005&st=tk#005 2018年4月30日閲覧。 
  6. ^ “衆院選:民進党、事実上解党 「希望の党」に合流へ”. 毎日新聞. (2017年9月28日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170928/k00/00m/010/120000c 2017年11月23日閲覧。 
  7. ^ “【衆院選】千葉5区 岡野純子氏、「希望」から出馬 村越祐民氏は断念”. 産経新聞. (2017年10月4日). https://www.sankei.com/region/news/171004/rgn1710040026-n1.html 2018年4月30日閲覧。 
  8. ^ “「細分化」の野党 県内構図固まる”. 朝日新聞. (2017年10月4日). http://www.asahi.com/area/chiba/articles/MTW20171004122060001.html 2018年4月30日閲覧。 
  9. ^ “<衆院選>希望、1次公認を発表 民進から5人合流”. 東京新聞. (2017年10月4日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201710/CK2017100402000177.html 2018年4月30日閲覧。 
  10. ^ “市川市長選は再選挙 5新人、法定得票達せず”. 東京新聞. (2017年11月27日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201711/CK2017112702000140.html 2017年11月28日閲覧。 
  11. ^ “【千葉】市川市長選再選挙 村越さん初当選 保守分裂 有利に”. 東京新聞. (2018年4月23日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201804/CK2018042302000140.html 2018年4月25日閲覧。 
  12. ^ “市長不在ようやく解消、再選挙で市川市長決まる”. 読売新聞. (2018年4月22日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20180422-OYT1T50111.html 2018年4月25日閲覧。 
  13. ^ “千葉・市川、村越市長が初登庁「新しい施策を」”. 日本経済新聞. (2018年4月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29793660U8A420C1L71000/ 2018年4月30日閲覧。 
  14. ^ 市川市 待機児童数が半減 千葉テレビ 2019年4月12日閲覧。
  15. ^ a b c d e f g h i “2014衆院選 千葉5区 村越 祐民”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A12005001001&st=tk 2018年4月30日閲覧。 
  16. ^ “2012衆院選 千葉5区 村越 祐民”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kouji_area_meikan.html?mid=A12005006006 2018年4月30日閲覧。 
  17. ^ “死刑廃止を推進する議員連盟からのヒアリング” (PDF) (プレスリリース), 法務省, (2017年10月31日), http://www.moj.go.jp/content/000079063.pdf#search=%27%E6%9D%91%E8%B6%8A%E7%A5%90%E6%B0%91+%E6%AD%BB%E5%88%91%27 

外部リンク[編集]

公職
先代:
大久保博
Flag of Ichikawa, Chiba.svg 千葉県市川市長
第27代:2018年 -
次代:
(現職)
先代:
加藤敏幸浜田和幸中野譲
日本の旗 外務大臣政務官
浜田和幸風間直樹と共同

2012年
次代:
阿部俊子城内実若林健太