松本尚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松本 尚
まつもと ひさし
生年月日 (1962-06-03) 1962年6月3日(60歳)
出生地 日本の旗 日本 石川県金沢市
出身校 金沢大学医学部
前職 医師
日本医科大学医学部教授
所属政党 自由民主党安倍派
公式サイト 松本 尚

選挙区 千葉13区
当選回数 1回
在任期間 2021年10月31日 - 現職
テンプレートを表示

松本 尚(まつもと ひさし、1962年(昭和37年)6月3日[1] - )は、日本政治家医師博士(医学)自由民主党所属の衆議院議員(1期)。

日本医科大学特任教授。専門は救急医学外傷外科学消化器外科学災害医学

日本医科大学千葉北総病院フライトドクターを務め、日本でのドクターヘリによる病院前救急診療の第一人者。英国アングリア・ラスキン大学MBA保持。

略歴[編集]

  • 1987年 - 金沢大学医学部医学科卒業[2]
  • 1987年 - 金沢大学医学部第2外科学教室入局後、金沢大学医学部附属病院、黒部市民病院、富山県立中央病院、国立金沢病院に外科医として勤務 [3]
  • 1992年 - 金沢大学附属病院救急部・集中治療部助手[3]
  • 1995年4月 - 日本医科大学救急医学教室助手、日本医科大学付属病院高度救命救急センター[3]
  • 1996年4月 - 恵寿総合病院救急部副部長[2]
  • 1997年4月 - 金沢大学附属病院救急部・集中治療部助手[2]
  • 1999年4月 - 金沢大学附属病院救急部・集中治療部講師[2]
  • 2000年4月 - 日本医科大学医学部救急医学教室助手、日本医科大学千葉北総病院救命救急センター医員[2]
  • 2004年4月 - 日本医科大学医学部救急医学教室講師、日本医科大学千葉北総病院救命救急センター[2]
  • 2008年10月 - 日本医科大学医学部救急医学教室准教授、日本医科大学千葉北総病院救命救急センター[2]
  • 2014年4月 - 日本医科大学医学部救急医学教室教授、日本医科大学千葉北総病院救命救急センター部長[2]
  • 2016年4月 - 日本医科大学医学部救急医学教室教授、日本医科大学千葉北総病院副院長・救命救急センター部長[4]
  • 2021年4月21日自由民主党千葉県連が松本を千葉県第13区支部長に内定[5]
  • 2021年6月 - 日本医科大学を退職[6]
  • 2021年7月 - 日本医科大学特任教授[7]
  • 2021年10月31日第49回衆議院議員選挙において初当選[8]

テレビ出演[編集]

医療監修[編集]

著作物[編集]

共著[編集]

  • 2008年 - 『メディカルコントロールの過去・現在・未来』 永井書店 ISBN 978-4-8159-1821-7
  • 2009年 - 『救急活動コミュニケーションスキル』 メディカルサイエンス社 ISBN 978-4-903843-06-3
  • 2009年 - 『写真でわかる外傷基本手技』 インターメディカ ISBN 978-4-89996-239-7

博士論文[編集]

  • 1994年 - 松本尚「逆流によるラット胃癌発生に関する研究 : 胃・十二指腸液の変異原性について」金沢大学 博士論文 (医学)、乙第1386号、1994年、 NAID 500000124148NDLJP:3104091

脚注[編集]

  1. ^ Webcat Plus
  2. ^ a b c d e f g h 救急医学 / 救命救急センター 松本 尚 教授|日本医科大学”. www.nms.ac.jp. 2021年11月14日閲覧。
  3. ^ a b c 松本尚「トップナイフから学べ」『日本外傷学会雑誌』第33巻第2号、日本外傷学会、2019年、 145頁、 doi:10.11382/jjast.33.129ISSN 1340-6264NAID 1300076817892021年12月1日閲覧。
  4. ^ 日本医科大学千葉北総病院 副院長 松本 尚 | 医ノ匠” (日本語). 2021年11月14日閲覧。
  5. ^ 衆院千葉13区、自民は医師・松本氏擁立候補者を公募日本経済新聞2021年4月21日付
  6. ^ 【松本尚先生ご退職】”. 2021年11月15日閲覧。
  7. ^ 93.pdf”. 2022年3月7日閲覧。
  8. ^ 自民・松本尚氏が初当選 立憲、維新の候補破る 千葉13区毎日新聞2021年11月1日付

参考資料[編集]

外部リンク[編集]