菊田真紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
菊田 真紀子
きくた まきこ
Makiko Kikuta.jpg
2010年10月1日撮影
生年月日 (1969-10-24) 1969年10月24日(53歳)
出生地 日本の旗 日本 群馬県藤岡市
出身校 新潟県立加茂高等学校卒業
黒竜江大学留学
前職 中国語教室経営
所属政党自由民主党→)
自由党→)
民主党小沢G民社協会→)
民進党前原G)→)
(無所属→)
立憲民主党小勝会
配偶者 飯田慎一(2012年 - 2021年・元外務省経済局審議官[1]
親族 父・菊田征治(新潟県議会議員
公式サイト 衆議院議員 菊田まきこ 公式サイト

選挙区新潟4区→)
比例北陸信越ブロック→)
新潟4区
当選回数 7回
在任期間 2003年11月10日 - 現職

加茂市旗 加茂市議会議員
当選回数 2回
在任期間 1995年 - 2000年

その他の職歴
新・立憲民主党 ロゴ.svg 立憲民主党ネクスト文部科学大臣
泉健太「次の内閣」
2022年9月13日 - 現職)
テンプレートを表示

菊田 真紀子(きくた まきこ、1969年10月24日 - )は、日本政治家立憲民主党所属の衆議院議員(7期)。現姓は飯田[2]

外務大臣政務官菅直人第1次改造内閣菅直人第2次改造内閣)、立憲民主党新潟県連代表[3]、民主党幹事長代行(第5代)、民主党新潟県連代表[4]、加茂市議会議員(2期)等を務めた。

来歴[編集]

群馬県藤岡市に生まれ、新潟県加茂市で育つ[5]。祖父は越山会の設立者の一人[6]。父親は元自民党県議(1983年~1987年、1期)の菊田征治[7]。3人姉妹の長女である。名前は田中眞紀子にちなんで付けられたという[8]

新潟県立加茂高等学校に入学。高校時代はバレー部の主将を務めた[9]。1988年3月、同高校卒業。父親の勧めで同年9月から1990年8月までの2年間、中国黒竜江大学に留学した[5][10]1993年8月から、中国語会話教室を経営[11]

1995年、加茂市議会議員選挙に出馬し、全国最年少の25歳でトップで初当選[5]自由民主党に所属していたが、1998年1月に結成された自由党に一期目の途中で籍を移す[10]1999年、トップで再選[5][12]

衆議院議員選挙へ出馬[編集]

2011年の外務大臣政務官就任時に公表された肖像

2000年、自由党渡辺秀央参議院議員は菊田に、次期衆院選への出馬を要請[13][14]。菊田は要請を受諾し、同年4月30日、自由党県連は菊田を新潟4区と比例ブロックとの重複で擁立すると発表した[12]

同年6月25日に行われた第42回衆議院議員総選挙に自由党公認で立候補。しかし民主党現職(比例復活)の坂上富男との間で票が分散。自民党現職の栗原博久に敗れた。菊田と坂上は比例復活もかなわなかった。

2003年7月23日、民主党代表の菅直人と自由党党首の小沢一郎は両党の合併に合意。同年8月12日、民主党は自由党公認の菊田の推薦を決定した。これにより坂上の公認内定は事実上取り消しとなった[15]。9月26日、民主党が自由党を吸収合併(民由合併)。菊田は民主党新潟県連副代表に就任[5]。同年11月、第43回衆議院議員総選挙に新潟4区から民主党公認で出馬し、初当選した[5]。なお坂上は新潟2区から民主党公認で立候補するも落選した。

2005年第44回衆議院議員総選挙でも、新潟4区の議席を守り抜いた[5]

2009年5月11日、小沢一郎が民主党代表辞任を表明[16]。小沢の辞任に伴う代表選挙(5月16日実施)では岡田克也の推薦人に名を連ねた[17]。同年8月の第45回衆議院議員総選挙でも、新潟4区で当選[5]

2010年鳩山由紀夫首相の辞任に伴う同年6月の民主党代表選挙菅直人を支持し、同年9月の民主党代表選挙でも菅の推薦人に名を連ねた。同年、菅第1次改造内閣外務大臣政務官に任命され[5]菅第2次改造内閣まで務める[11]

2011年8月26日、菅直人首相が民主党代表辞任を正式に表明[18]。菅の辞任に伴う代表選挙(8月29日実施)では前原誠司の推薦人に名を連ねた[19]

民主党内では、自由党の流れを汲む一新会小沢一郎グループ)に所属していたが、2012年消費税増税をめぐる政局では小沢らの造反の動きに同調せず、離党した小沢らが結党した国民の生活が第一にも参加しなかった。同年6月、外務省職員の飯田慎一と結婚[20][1]。姓が飯田となる[4]

2012年12月16日の第46回衆議院議員総選挙に民主党公認で出馬し、新潟4区では自民党新人の金子恵美に敗れたが、重複立候補していた比例北陸信越ブロックで復活し4選[5][21]。同年12月25日に行われた代表選挙では馬淵澄夫の推薦人に名を連ねた[22]

2013年3月より民主党新潟県連代表、同年9月より民主党幹事長代行[5]2014年9月より民主党幹事長代理[5]。同年12月の第47回衆議院議員総選挙では、民主党公認で新潟4区から出馬したが、再び自民党の金子恵美に敗れ、比例復活により5選[5][23]

2016年3月27日、民主党・維新の党の合流により結党した民進党に参加[24]し、民進党財務局長に就任[5]

2017年7月27日、民進党代表の蓮舫が、同月の東京都議会議員選挙の結果を受けて辞任を表明[25]。蓮舫の辞任に伴う代表選挙(9月1日実施)では前原誠司の推薦人に名を連ねた[26]。同年9月、民進党の男女共同参画推進本部長に就任。

2017年衆議院議員選挙[編集]

2017年9月28日、民進党は第49回衆議院議員総選挙へ向けて、希望の党への合流を決定[27]。9月29日、希望の党代表の小池百合子は「リベラル派排除」を宣言。記者団に「全員を受け入れるということはさらさらありません」と語る姿、記者会見でにこやかに「排除されない、ということはございませんで、排除いたします」と答える姿が何度もテレビに流れた[28][29]。同日夜、菊田は三条市旭町で支持者らを集めて緊急集会を開催。小池を「腹の据わった政治家。原発ゼロを掲げ、自民党と決別する覚悟を示した」と高く評価したうえで「政権交代をやり遂げ、安倍晋三政権を終わらせるラストチャンスだ」と涙ながらに訴え、希望の党への公認申請に前向きな姿勢を見せた[30]

同年10月3日午前、枝野幸男らによって立憲民主党が設立される[31]。同日、三条市内で記者会見を開き、希望の党にも立憲民主党にも公認を申請せず、無所属で衆院選に立候補する意向を表明[32][33]日本共産党は、新潟4区で公認していた候補者の擁立を取り下げて野党候補が菊田に一本化された[34]

同年10月22日、総選挙執行。候補の擁立を取りやめた共産党に加え、連合新潟や立正佼成会から幅広く支援を受けた菊田が自民党の金子恵美を破り、6選を果たした。金子は比例復活もかなわず、議席を失った[35][36]

同年10月26日、菊田を含む民進党籍を残したまま衆院選に無所属で出馬して当選した衆議院議員13人で院内会派無所属の会」を結成[37]10月31日、「私は野党統一候補として当選した。一度リセットし、完全無所属でスタートを切りたい」として民進党に離党届を提出し[38][39]11月2日に離党が承認された[40]

2018年5月7日に無所属の会を退会し[41]、10月10日には立憲民主党の院内会派である「立憲民主党・市民クラブ」に入会した(入党はせず)[42]

2020年9月15日、旧立憲民主党と旧国民民主党は、2つの無所属グループを加えた形で新「立憲民主党」を結成[43]。菊田も新党に参加。新潟県内の野党系国会議員は全員が立憲民主党へ所属となった。

2021年衆議院議員選挙[編集]

2021年10月31日の第49回衆議院議員総選挙立憲民主党の公認と社民党県連合の推薦を受けて立候補。自民党の公認を受けた前三条市長の国定勇人を僅差で破り、7期目の当選を果たした(国定は比例復活で初当選)[44][45][46][注 1]。10月29日夜から30日にかけて、菊田は夫の飯田慎一と連絡がとれず、31日、議員宿舎の管理人に頼んでかぎを開けてもらったところ、夫の死が確認された。当選報道直後の陣営の会場では、選対本部長の小島晋県議が飯田が死去したことを説明し、菊田は東京から電話で「人生とはわからないもので私は今日、最愛の人を失いました。きっとそれは意味のあることで何を守るべきかを身をもって教えてくれたと思います」と挨拶した[47][48]。11月5日、新聞各紙は飯田が10月30日にクモ膜下出血により死去したと正式に報じた。飯田は駐英公使、駐米公使などを歴任し、2021年は外務省経済局審議官を務めていた[49][1]

同年11月30日に行われた立憲民主党代表選挙では小川淳也の推薦人に名を連ねた[50]。菊田は1回目の投票では小川に投じ、決選投票では泉健太に投じた[51]

2022年7月10日に行われた参議院議員選挙で、野党統一候補の森裕子が自民党新人の小林一大に約7万票もの差をつけられ、落選した[52]。同年7月24日、菊田は参院選敗北の責任を取り、立憲民主党新潟県連代表を辞任した[3]。同年9月13日、立憲民主党の次の内閣でネクスト文部科学大臣に就任した。

政策・主張[編集]

憲法[編集]

  • 憲法改正について、2017年、2021年のアンケートで「どちらかといえば反対」と回答[53][54]
  • 憲法9条への自衛隊の明記について、2021年のアンケートで「反対」と回答[55]
  • 憲法を改正し緊急事態条項を設けることについて、2021年の毎日新聞社のアンケートで「反対」と回答[56]

外交・安全保障[編集]

  • 「他国からの攻撃が予想される場合には敵基地攻撃もためらうべきではない」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「どちらかと言えば反対」と回答[54]
  • 北朝鮮に対しては対話よりも圧力を優先すべきだ」との問題提起に対し、2017年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[53]。2021年のアンケートで「どちらかと言えば反対」と回答[54]
  • 従軍慰安婦に対する旧日本軍の関与を認めた「河野談話」の見直し論議について、2014年の毎日新聞社のアンケートで「見直すべきでない」と回答[57]

ジェンダー[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2017年、2021年のアンケートで「賛成」と回答[53][54]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2017年、2021年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[53][55]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「賛成」と回答[54]
  • クオータ制の導入について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[55]

その他[編集]

  • 森友学園を巡る公文書改竄問題で、財務省が開示を拒んでいた「赤木ファイル」が2021年6月22日、大阪地裁の命令によって公開された[59]。国の対応をどう考えるかとの問いに対し、2021年の毎日新聞社のアンケートで「さらに調査や説明をすべきだ」と回答[56]
  • 経済的、軍事的に台頭し、尖閣諸島の領有権を主張している中華人民共和国について、日本政府は「対立を避ける努力をすべきだ」としている[60]2005年10月19日に中華全国婦人連合会の表敬訪問を受けた際は、「中国では女性の社会参加、各業界で活躍されている女性が多くいらっしゃるが日本はまだまだ。特に政治参加という点では遅れている」「中華全国婦人連合会をはじめ、中国の取り組みを参考にしたい」と述べた[61]

人物[編集]

2012年第46回衆議院議員総選挙以来、新潟4区では自民党の金子恵美、民主党(2017年は無所属)の菊田真紀子の事実上の一騎打ちが続いており、2017年第48回衆議院議員総選挙の最中は、合同で開かれた個人演説会でもお互いに目を合わさず[62]、金子がSNSで「卑怯な手にも屈しません!」と題して「支援者が、菊田の後援会関係者から「金子を応援するのであれば、明日から今の取引を止める」と言われた」として菊田陣営の公職選挙法違反を告発し、菊田がこれを「完全なデマ」であり、金子の投稿こそが公職選挙法違反であるとして警察に通報したため、「場外乱闘」[63]、「女の闘い」[64]などと話題になった。

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2021年の衆院選新潟4区における自治体ごとの得票数は以下のとおり。
    菊田真紀子 国定勇人
    新潟市江南区(旧亀田町、旧横越
    新潟市北区(旧横越)
    11,588 10,790
    新潟市秋葉区 21,359 17,256
    新潟市南区(旧白根市 9,209 8,383
    長岡市(旧栃尾市、旧中之島町 8,404 7,400
    三条市 23,689 31,765
    加茂市 8,094 7,318
    見附市 11,785 10,935
    田上町 3,366 3,409
    97,494 97,256

出典[編集]

  1. ^ a b c “飯田慎一さん死去 菊田真紀子立憲民主党衆院議員の夫”. 東京新聞. (2021年11月5日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/140997 2021年11月5日閲覧。 
  2. ^ 政治資金収支報告書 真和会(令和2年分 定期公表) (PDF)”. 総務省 (2021年11月26日). 2021年12月2日閲覧。
  3. ^ a b 【地方政治ルポ】立民新潟県連、迷走の危機 新潟市長選いまだに白紙”. 産経新聞 (2022年8月1日). 2022年8月1日閲覧。
  4. ^ a b 民主党新潟県総支部連合会 政治資金収支報告書(平成26年分定期公表) (PDF)”. 政治資金センター. 2019年12月5日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n プロフィール - 菊田まきこ
  6. ^ 「あの選挙の真相は?」ヨロンブスvol.22 ゲスト:菊田真紀子(衆議院議員)”. VoiceJapan radioVJ (2019年12月21日). 2021年2月3日閲覧。
  7. ^ 箕輪允智. “非開発志向の自治(上) ―加茂市政構造分析から見た「開発」と「分配」― (PDF)”. 地方自治総合研究所. 2021年3月14日閲覧。
  8. ^ 第79回 菊田真紀子議員”. みわちゃんねる突撃永田町!!. 2019年6月13日閲覧。
  9. ^ 『朝日新聞』2003年10月31日付朝刊、新潟2、34面、「衆院選小選挙区 候補者はこんな人 /新潟」。
  10. ^ a b 『朝日新聞』2000年5月日1付朝刊、新潟2、26面、「4区、5区、6区 候補者はこんな人 衆院選小選挙区 /新潟」。
  11. ^ a b 外務大臣政務官 菊田真紀子 - 菅第二次改造内閣 大臣政務官名簿
  12. ^ a b 『朝日新聞』2000年5月日1付朝刊、新潟、29面、「菊田真紀子氏を擁立 自由党(2000年総選挙 にいがた)」。
  13. ^ 森裕子 『検察の罠』日本文芸社、2012年5月26日。ISBN 978-4537259414 
  14. ^ “衆院4区 語られていた「菊田真紀子・自民鞍替え待望論」”. 財界にいがた. (2020年10月27日). https://www.zaikainiigata.com/?p=10210 2021年3月29日閲覧。 
  15. ^ 『朝日新聞』2000年8月13日付朝刊、新潟1、15面、「民主党本部、4区で自由・菊田真紀子氏推薦(衆院選に動く)/新潟」。
  16. ^ “小沢民主党代表の辞任報道:識者はこうみる”. ロイター. (2009年5月11日). https://www.reuters.com/article/idJPJAPAN-37932320090511 2021年11月30日閲覧。 
  17. ^ 2009年5月16日 民主党代表選 推薦人名簿”. 江田五月 - 新たな出発. 2021年11月27日閲覧。
  18. ^ “菅直人首相が退陣を正式表明、民主代表選が事実上スタート”. ロイター. (2011年8月26日). https://www.reuters.com/article/idJPJAPAN-22883120110826 2021年11月27日閲覧。 
  19. ^ 2011年8月29日投票 民主党代表選挙 推薦人一覧”. 江田五月 - 新たな出発. 2021年11月27日閲覧。
  20. ^ “菊田真紀子衆院議員が地元で結婚披露パーティー、支持者300人を前に結婚を報告し、夫を紹介”. ケンオー・ドットコム. (2012年6月25日). http://www.kenoh.com/2012/06/25kikuta.html 2019年12月10日閲覧。 
  21. ^ “2012衆院選 新潟4区”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_ichiran.html?aid=A15004 2018年1月23日閲覧。 
  22. ^ “馬淵氏と海江田氏の推薦人 民主代表選”. 日本経済新聞. (2012年12月25日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2500L_V21C12A2EB1000/ 2021年11月29日閲覧。 
  23. ^ “2014衆院選 新潟”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/47shu/ichiran.html?aid=A15004&st=tk#004 2018年1月23日閲覧。 
  24. ^ “【民進党結党】参加議員は衆参156人 議員の一覧”. 産経新聞. (2016年3月27日). http://www.sankei.com/politics/news/160327/plt1603270049-n1.html 2018年1月14日閲覧。 
  25. ^ “民進 蓮舫代表 記者会見で辞任を表明”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2017年7月27日). オリジナルの2017年7月28日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/hJ7sa 2017年7月28日閲覧。 
  26. ^ 前原誠司推薦人 (PDF)”. 民進党 (2017年8月21日). 2021年11月26日閲覧。
  27. ^ “ドキュメント衆院解散”. 朝日新聞. (2017年9月28日). https://www.asahi.com/special/timeline/syuinkaisan17/ 2022年2月10日閲覧。 
  28. ^ 影山哲也 (2017年12月3日). “野党第1党、枝野氏の戦い(その2止)「旗への結集」可視化”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171203/ddm/010/010/165000c 2022年2月4日閲覧。 
  29. ^ “小池氏「希望リストから絞り込み早急に調整で合意」”. テレビ朝日. (2017年9月29日). https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000111108.html 2022年2月8日閲覧。 
  30. ^ “【衆院解散】衆院新潟4区 民進党の菊田真紀子氏、涙ながら「政権交代やり遂げる」…「希望の党」合流前向きも「熟慮する」”. 産経新聞. (2017年10月3日). https://www.sankei.com/article/20170930-HE647D5ZWRJZJJ7LJXGAADSBFY/ 2018年1月23日閲覧。 
  31. ^ “衆院選、3極走る 公示まで1週間”. 日本経済新聞. (2017年10月3日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21818450T01C17A0MM0000/ 2022年2月5日閲覧。 
  32. ^ “【衆院選】新潟4区で民進前職の菊田真紀子氏が無所属出馬表明 自民・金子恵美氏と「女の戦い」”. 産経新聞. (2017年10月3日). https://www.sankei.com/article/20171003-LBLYPEMNTVOX3GJ3GSGRY3GLVY/ 2018年1月23日閲覧。 
  33. ^ “衆院選2017:4区 菊田氏、無所属で出馬へ 自民・金子氏と一騎打ちか/新潟”. 毎日新聞. (2017年10月4日). https://mainichi.jp/articles/20171004/ddl/k15/010/282000c 2018年1月23日閲覧。 
  34. ^ “衆院選2017:新潟3区 共産、候補取り下げ 5選挙区が与野党激突に/新潟”. 毎日新聞. (2017年10月6日). https://mainichi.jp/articles/20171006/ddl/k15/010/221000c 2018年1月23日閲覧。 
  35. ^ “無所属・菊田真紀子氏が6選…新潟4区”. 読売新聞. (2017年10月22日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news/20171022-OYT1T50131.html 2018年1月23日閲覧。 
  36. ^ “【衆院選】激戦を振り返る(上)意外だった新潟4区の大差決着”. 産経新聞. (2017年10月25日). https://www.sankei.com/article/20171025-X6Y67T5PHFLUJEWWLI3KVBKU2M/ 2018年1月23日閲覧。 
  37. ^ “衆院:新会派「無所属の会」13人で届け出”. 毎日新聞. (2017年10月27日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171027/k00/00m/010/085000c 2018年1月23日閲覧。 
  38. ^ “菊田氏、民進に離党届”. 朝日新聞. (2017年11月1日). https://www.asahi.com/articles/DA3S13207828.html 2018年1月23日閲覧。 
  39. ^ “菊田氏も民進に離党届「一度リセットし、スタートを」”. 新潟日報. (2017年11月1日). http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20171101355106.html 2018年1月23日閲覧。 
  40. ^ “民進、新潟2氏の離党届を受理”. 産経新聞. (2017年11月2日). http://www.sankei.com/politics/news/171102/plt1711020033-n1.html 2018年1月23日閲覧。 
  41. ^ “参院会派 :「国民民主党・新緑風会」に変更”. 毎日新聞. (2018年5月7日). https://mainichi.jp/articles/20180508/k00/00m/010/091000c 2018年10月10日閲覧。 
  42. ^ “無所属・菊田氏 立民会派入り”. 日本経済新聞. (2018年10月10日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO36313150Q8A011C1PP8000 2018年10月10日閲覧。 
  43. ^ 横山大輔、木谷孝洋 (2020年9月16日). “新「立憲民主」衆参150人で結党 野党第一党、枝野氏「選択肢示す」”. 東京新聞. 2021年3月16日閲覧。
  44. ^ 衆議院選挙2021 新潟(長岡・三条など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  45. ^ 【2021年 衆院選】北陸信越ブロック(比例区)開票速報”. 衆議院選挙(2021年総選挙)特設サイト. 朝日新聞社. 2021年11月18日閲覧。
  46. ^ 令和3年10月31日執行 衆議院議員選挙 小選挙区開票結果 (PDF)”. 新潟県選挙管理委員会. 2022年1月14日閲覧。
  47. ^ “新潟4区 菊田真紀子氏(立民・前)当選確実”. NHK. (2021年10月31日). https://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20211031/1030018798.html 2021年11月1日閲覧。 
  48. ^ “小差で勝利の菊田真紀子氏 急逝した夫が「身をもって教えてくれた」”. ケンオードットコム. (2021年11月1日). http://www.kenoh.com/2021/11/01_kikuta.html 2021年11月1日閲覧。 
  49. ^ 田所柳子 (2021年11月5日). “立憲・菊田氏、当選の日に外務省審議官の夫が急逝 悼む声相次ぐ”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20211105/k00/00m/010/012000c 2021年11月5日閲覧。 
  50. ^ “立憲代表選、4陣営の推薦人は計90人 国会議員の7割固まる”. 朝日新聞. (2021年11月19日). https://www.asahi.com/articles/ASPCM46VPPCMULEI002.html 2021年11月19日閲覧。 
  51. ^ “立民代表戦 西村氏代表ならず”. 読売新聞. (2021年12月1日). https://www.yomiuri.co.jp/local/niigata/news/20211130-OYTNT50168/ 2021年12月7日閲覧。 
  52. ^ 新潟 参議院選挙結果・開票速報”. 参議院選挙2022特設サイト. NHK. 2022年7月11日閲覧。
  53. ^ a b c d e f g 菊田真紀子”. 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  54. ^ a b c d e f 菊田真紀子”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  55. ^ a b c 新潟4区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。
  56. ^ a b 立憲 新潟4区 菊田真紀子”. 第49回衆院選. 毎日新聞社. 2022年6月7日閲覧。
  57. ^ a b c d e “2014衆院選 新潟4区 菊田真紀子”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A15004001001&st=tk 2018年1月23日閲覧。 
  58. ^ a b “第48回衆院選 無 新潟4区 菊田真紀子”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=A15004001001 2018年1月23日閲覧。 
  59. ^ 原田晋也、皆川剛 (2021年6月23日). “森友問題「赤木ファイル」黒塗りでも読み解けたこと、残った謎 安倍昭恵氏の削除は初日に指示”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/112153 2021年9月21日閲覧。 
  60. ^ a b “2012衆院選 新潟4区 菊田真紀子”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A15004004004 2018年1月23日閲覧。 
  61. ^ a b 民主党:党男女共同参画委員会、中華全国婦人連合会の表敬受け意見交換
  62. ^ “【衆院選】ほとんど目を合わさず…女性候補2人が論戦 激戦の新潟4区”. 産経新聞. (2017年10月20日). https://www.sankei.com/article/20171020-GWZIQSSOSVNYTD6TICQAYGC7L4/ 2018年1月23日閲覧。 
  63. ^ “新潟4区で場外乱闘 自民党の金子恵美がSNSでライバル攻撃 「デマだ」と警察沙汰に”. 週刊朝日. (2017年10月11日). https://dot.asahi.com/dot/2017101100109.html?page=1 2018年1月23日閲覧。 
  64. ^ “【衆院解散】新潟4区は金子恵美と菊田真紀子「女の戦い」”. 産経新聞. (2017年9月29日). https://www.sankei.com/article/20170929-AEIJNM2L7FN6DBMLXIOBEWJ23M/3/ 2018年1月23日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代
吉良州司
徳永久志
西村智奈美
日本の旗 外務大臣政務官
徳永久志
山花郁夫と共同

2010年 - 2011年
次代
加藤敏幸
浜田和幸
中野譲
議会
先代
末松義規
日本の旗 衆議院沖縄及び北方問題
に関する特別委員長

2019年 - 2020年
次代
西村智奈美
党職
先代
中川正春
馬淵澄夫
長妻昭
蓮舫
民主党幹事長代行
中川正春
羽田雄一郎
長妻昭と共同

2013年 - 2014年
次代
(廃止)