柴山昌彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柴山 昌彦
Masahiko Shibayama (cropped).jpg
生年月日 (1965-12-05) 1965年12月5日(52歳)
出生地 愛知県名古屋市
出身校 東京大学法学部第1類
前職 住友不動産従業員
弁護士
所属政党 自由民主党細田派
称号 法学士
公式サイト しばやま昌彦 オフィシャルウェブサイト

内閣 第4次安倍改造内閣
在任期間 2018年10月2日 - 現職

選挙区埼玉8区→)
比例北関東ブロック→)
埼玉8区
当選回数 6回
テンプレートを表示

柴山 昌彦(しばやま まさひこ、1965年12月5日 - )は、日本政治家弁護士文部科学大臣(現職、第24代)。自由民主党所属の衆議院議員(6期)。

内閣総理大臣補佐官第3次安倍第1次改造内閣)、総務副大臣第2次安倍内閣)、外務大臣政務官福田康夫改造内閣麻生内閣)、衆議院内閣委員長、自由民主党総裁特別補佐・筆頭副幹事長等を歴任した。

来歴[編集]

愛知県名古屋市生まれ。武蔵中学校・高等学校[1]東京大学法学部第1類(私法コース)卒業。東大法学部卒業後は住友不動産に入社したが、1年半で退職した。1998年司法試験に合格し、2000年司法修習53期を修了[要出典]

2004年3月、公職選挙法違反で逮捕された新井正則自由民主党)の衆議院議員辞職を受け、衆議院埼玉8区補欠選挙が実施されるにあたり、自民党の公募に合格[2]。同年4月、埼玉8区の補欠選挙に立候補。木下厚民主党)を破り柴山が初当選した。2005年第44回衆議院議員総選挙でも、埼玉8区で木下を破り、2選。

2008年福田康夫改造内閣外務大臣政務官に任命される。麻生内閣で外務大臣政務官に再任[要出典]

2009年第45回衆議院議員総選挙では、民主党の小野塚勝俊に埼玉8区で敗れたが、重複立候補していた比例北関東ブロックで復活当選し、3選。

2012年9月の自由民主党総裁選挙では安倍晋三を支援し、推薦人にも名を連ねた[3]。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、埼玉8区で前回敗れた小野塚を比例復活を許さず破り、4選。選挙後に発足した第2次安倍内閣総務副大臣情報通信放送郵政及び内閣官房所掌の郵政民営化等担当[4])に任命された。

2014年第47回衆議院議員総選挙では、埼玉8区で再び小野塚を下し、5選。

2015年10月第3次安倍第1次改造内閣の発足に伴い、内閣総理大臣補佐官(国家安全保障及び選挙制度担当)に任命された[5]

2017年8月、自民党筆頭副幹事長兼総裁特別補佐に就任[6]第48回衆議院議員総選挙で小野塚が希望の党公認候補となったがそれを退け、6選。

2018年10月2日、第4次安倍改造内閣において、文部科学大臣に就任[7]

政策・主張[編集]

  • マンガアニメゲームの表現を規制する児童ポルノ禁止法改正案(自民・公明党案)が国会に提出された際には、提出者の1人に名を連ねた[8]
  • 婚外子の相続差別解消のための民法改正について、最高裁判所の決定を尊重しつつ実務の混乱防止と法律婚の尊重を図るべきと主張する[9]。なお最高裁判所は、2013年9月4日に相続において婚外子を差別する民法の規定が違憲であるとの判断を下している[10]
  • 選択的夫婦別姓制度導入には、家族のあり方に鑑み慎重な意見を持つ[11][12]
  • 原子力に依存しなくてもよい経済・社会構造の確立を目指す」とした2012年総選挙における自民党の公約を大切にするよう主張している[13]
  • 道路特定財源の一般化を主張[14]
  • 女性宮家について、そのような政策がまず最初に出てくるのはおかしい、として反対している[15]
  • 2018年10月2日、安倍内閣で文科相に就任した直後の記者会見で、かつての教育勅語について、「同胞を大切にする、国際的協調を重んじるといった基本的な記載内容について現代的にアレンジして教えていこうと検討する動きがあると聞いており、検討に値する」と述べた[16]

人物[編集]

  • 「国会議員(三ツ星)データブック 2012総選挙版 質問王ランキング」(東京プレスクラブ出版)において、民主党政権時代の議員立法提出回数は10回で全体の2位、自民党では第1位にランキングされている。

不祥事[編集]

2012年6月、柴山が支部長を務める自民党所沢支部が2010年2011年の2年連続で政治資金収支報告書を提出していなかったため、5月9日付で一旦解散していたことが報道された[17]。担当者は「多忙なため、提出し忘れた単純ミス」と主張。さいたま地検は2014年1月22日、柴山と会計担当者を犯意を認めるに足りる十分な証拠がないとして不起訴処分とした[18]

政治資金[編集]

日本共産党の機関紙しんぶん赤旗によると、消費者金融貸金業界の政治団体全国貸金業政治連盟」(全政連)から政治献金を受け取っていた[19]。また、2004年には政党助成金掃除機自転車テレビを合計約18万円分購入していた[20]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 内閣総理大臣補佐官(国家安全保障に関する重要政策及び選挙制度担当) 柴山 昌彦 (しばやま まさひこ)”. 第3次安倍第2次改造内閣 内閣総理大臣補佐官名簿. 首相官邸. 2018年11月1日閲覧。
  2. ^ “自民が公募で候補決定 埼玉8区補選、戸惑いも”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年3月4日). http://archive.fo/iK6zX 2012年9月26日閲覧。 
  3. ^ 自民党総裁選推薦人の一覧 日本経済新聞 2012年9月14日
  4. ^ 総務副大臣 就任記者会見の概要 平成24年12月27日
  5. ^ 第3次安倍改造内閣の閣僚名簿発表 初入閣・留任が9人ずつ 日本経済新聞 2015年10月7日
  6. ^ 筆頭副幹事長に小泉、柴山氏=自民 時事ドットコム
  7. ^ [1]
  8. ^ [2]
  9. ^ 「家族制度を守れるのか」 婚外子相続の民法改正、自民から慎重論噴出 産経新聞 2013年10月23日
  10. ^ 婚外子相続差別は違憲 最高裁大法廷 日本経済新聞 2013年9月4日
  11. ^ 平成22年7月18日
  12. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  13. ^ 原発に「自民」「公明」「都知事選」の壁 エネ基本計画 閣議決定先送りも 産経新聞 2014年11月4日
  14. ^ [3]
  15. ^ 女性宮家案「粉砕すべきだ」 日本会議議員懇で強い反対朝日新聞
  16. ^ 現代的アレンジ「検討に値する」 教育勅語巡り文科相 日本経済新聞 2018年10月3日
  17. ^ “政治資金収支報告 2年連続で未提出 自民党所沢支部”. 東京新聞. (2012年6月27日). http://archive.fo/75Rth 
  18. ^ [4]
  19. ^ サラ金業界 政界工作/自民23氏からパーティー券/金利下げ阻止狙う しんぶん赤旗 2006年9月8日
  20. ^ これ、税金!?/選挙違反対策・カーナビ…もちろん飲み食いも/政党助成金 自公民社あきれた使い道 しんぶん赤旗 2005年12月28日
  21. ^ a b c d 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  22. ^ 自民党新役員にも多数/カジノ議連メンバー しんぶん赤旗 2014年9月15日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
林芳正
日本の旗 文部科学大臣
第24代:2018年 -
次代:
現職
先代:
藤末健三
大島敦
日本の旗 総務副大臣
坂本哲志と共同

2012年 - 2013年
次代:
上川陽子
関口昌一
先代:
宇野治小池正勝中山泰秀
日本の旗 外務大臣政務官
西村康稔御法川信英と共同

2008年 - 2009年
次代:
西村智奈美吉良州司
議会
先代:
平井卓也
日本の旗 衆議院内閣委員長
2013年 - 2014年
次代:
井上信治
党職
先代:
西村康稔
自由民主党総裁特別補佐
第6代:2017年 - 2018年
次代:
稲田朋美