半沢淳一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
はんざわじゅんいち
半沢 淳一
生誕 (1965-01-19) 1965年1月19日(57歳)
出身校東京大学経済学部卒業
職業実業家

半沢 淳一(はんざわ じゅんいち、1965年1月19日 - )は、日本実業家三菱UFJ銀行取締役頭取執行役員(代表取締役)。

来歴[編集]

埼玉県出身[1]埼玉県立浦和高等学校に通い、ボート部に所属していた[2]東京大学経済学部を卒業後、1988年に三菱銀行(現三菱UFJ銀行)に入る[1]

入行時点から出世コースに位置し、最初の配属先は東京都北区の王子支店であった[2]。4年目には、大蔵省(現財務省)の国際金融局(現国際局)に出向し、官僚や政治家と接し、政府開発援助(ODA)の業務に関与している[2]

銀行に戻ってからは企画畑が長く、2010年には千住支社長となったが、翌年にはすぐに全国銀行協会会長行の事務を担当する企画部会長行室長となり、2012年に企画部長に就任した[2]。その後は2014年に執行役員ともなり、2017年にはグループの三菱UFJ信託銀行から法人融資業務を銀行へと統合する交渉を取りまとめている[2]。さらに名古屋営業本部長を経て2019年6月から取締役常務執行役員となり、マネー・ロンダリング(資金洗浄)対策などを担当した[3]。2020年12月には、三菱UFJ銀行の次期頭取に内定したとの報道がなされた[3]。2021年4月に頭取に就任[4]

2021年12月16日、全国銀行協会は同協会会長として、半沢を高島誠(三井住友銀行頭取)の後任に内定し、2022年7月から2023年3月まで就任する予定と発表した。同協会の会長職はメガバンク3行(三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行)やその持ち株会社3社(三菱UFJフィナンシャル・グループみずほフィナンシャルグループ三井住友フィナンシャルグループ)のトップによる輪番制となっており、本来であれば高島の後任として、みずほフィナンシャルグループ社長の坂井辰史を予定していたが、みずほ銀行の度重なるシステム障害問題を受けて、坂井が引責辞任することになったことから三菱UFJのトップが前倒しで担当することになった[5][6]

人物[編集]

高校のボート部時代から銀行入行後も温厚な性格であると言われ、人を動かすのが巧みな一方で、決断力もあるとされる[2]富山銀行頭取の中沖雄は「半沢直樹のようにぎらぎらはしていないけれど、爽やかで優秀な方」であると評している[7]

「半沢直樹」との関係[編集]

半沢直樹」シリーズの作者・池井戸潤とは三菱銀行の同期入行であり、半沢直樹の名前の由来であるともされる[1]。半沢淳一と長期にわたる交流のある富山銀行頭取の中沖雄も、「主人公の半沢は、池井戸さんと同期入行の半沢淳一さんの名前を借りたのではないかと言われています」と述べている[7][8]。 ただし、本人は池井戸との交流はほとんどなく、半沢直樹のモデルであることを否定している[3]。池井戸も同様に「特定のモデルはいない」と否定し、あわせて半沢直樹の名前は「敬愛する知り合いの名前をもじったもの」と明かしている[9]。半沢は2020年12月24日の記者会見の席上、『半沢直樹』について、「正直言いますと、会議で『半沢はどうなる?』というからかいを受け、あまり好ましくないと思っていた。3年前、名古屋に営業本部長として着任した際に、おかげさまで名字をすぐに覚えてもらえ、営業として有難かった。」とコメントした[10]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 三菱UFJ頭取に「半沢氏」 池井戸潤さんと同期で名前の由来に”. 産経新聞 (2020年12月22日). 2020年12月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 上田志晃 (2020年12月24日). “三菱UFJ銀行・半沢氏の素顔 ピンチの時に登場”. 日本経済新聞. 2020年12月24日閲覧。
  3. ^ a b c 笠井哲也 (2020年12月22日). “三菱UFJ銀の頭取に半沢氏昇格 池井戸潤氏と入行同期”. 2020年12月23日閲覧。
  4. ^ “三菱UFJ銀・半沢新頭取がコスト構造にメス!「銀行本館建て替え」2つの狙いとは?”. ダイヤモンドONLINE. (2021年4月6日). https://diamond.jp/articles/-/267597 2021年4月9日閲覧。 
  5. ^ 全銀協次期会長に三菱UFJ銀の半沢頭取内定 来年7月就任”. 産経新聞 (2021年12月16日). 2021年12月17日閲覧。
  6. ^ 三菱UFJ銀行の半沢頭取、全銀協会長に内定…「輪番」みずほからの就任見送る”. 読売新聞 (2021年12月17日). 2021年12月17日閲覧。
  7. ^ a b 「<この人に聞きたい> 「半沢直樹」ヒットの核心 リアルと誇張 調和 富山銀行頭取 中沖雄さん(58)」『北日本新聞』2020年10月5日付 朝刊9頁。G-searchにて閲覧。
  8. ^ 北日本新聞 (2020年10月5日). “「半沢直樹」リアルと誇張が調和 実在の「半沢」「黒崎」知る地銀頭取はこう見た”. Yahoo!ニュース. p. 1. 2020年12月24日閲覧。
  9. ^ officeikeidoのツイート(1341576474101366790)officeikeidoのツイート(1341576737663041536)
    officeikeidoのツイート(1341576966483234819)
  10. ^ “半沢直樹と同姓のUFJ銀行新頭取が会見 「何倍返しかは4月に着任してから」”. 東京新聞. (2020年12月24日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/76396 2020年12月29日閲覧。 
先代
三毛兼承
三菱UFJ銀行頭取
2021年 -
次代