宮本周司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宮本 周司
みやもと しゅうじ
内閣広報室より公表された肖像
2021年 撮影)
生年月日 (1971-03-27) 1971年3月27日(53歳)
出生地 日本の旗 日本 石川県能美郡辰口町
(現・能美市
出身校 東京経済大学経済学部
前職 株式会社宮本酒造店代表取締役
所属政党 自由民主党安倍派→無派閥)
親族 父・宮本長興(元辰口町長)
公式サイト 宮本しゅうじオフィシャルホームページ

選挙区比例区→)
石川県選挙区
当選回数 3回[注 1]
在任期間 2013年7月29日 - 2022年4月7日
2022年4月26日[1] - 現職
テンプレートを表示

宮本 周司(みやもと しゅうじ、1971年3月27日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(当選3回、実質的には2期)、自由民主党石川県支部連合会長[2]

商工会の政治組織である全国商工政治連盟の組織内候補であり、商工会組織の国会担当と自称する[3][4]

経済産業大臣政務官財務大臣政務官、参議院財政金融委員長を歴任。

経歴[編集]

石川県能美郡辰口町(現・能美市)生まれ。現住所は能美市松が丘5丁目[5]。父親は辰口町長を務めた宮本長興。石川県立金沢泉丘高等学校卒業。1995年3月、東京経済大学経済学部卒業[6]

2000年、株式会社宮本酒造店代表取締役就任[6][7]。2009年、全国商工会連合会青年部連合会会長就任[6][7]。2012年、中小企業庁“小さな企業”未来会議草の根委員会委員長就任[6]

2013年、第23回参議院議員通常選挙比例区から自由民主党公認で立候補し初当選(18議席獲得で党内13位)。

2019年、第25回参議院議員通常選挙で再選(19議席獲得で党内11位)。

2022年4月7日、参議院石川県選挙区補欠選挙への立候補を届け出たため、公職選挙法の規定により参議院議員を自動失職(これに伴い元横浜市長、元衆議院議員の中田宏繰り上げ当選[8][9]。同年4月24日に行われた同選挙に当選[10]。4月26日に当選の告示がされ[1]、この日から効力が生じ、参議院議員となる。

同年5月7日、自由民主党石川県支部連合会会長に就任[11]

2024年1月25日、自民党5派閥の政治資金パーティーをめぐる裏金問題を受け、財政金融委員長の辞任届を尾辻秀久参議院議長に提出し、許可された[12]

政策[編集]

  • 選択的夫婦別姓導入への賛否について「どちらとも言えない」としている[13]
  • 日本国憲法第9条・96条の改正に賛成[14]
  • 集団的自衛権を認めるべき[14]
  • 日本の核武装について、将来にわたって検討すべきでない[14]
  • 首相閣僚靖国神社に、参拝すべきでない[14]
  • 村山談話河野談話を見直すべきでない[14]
  • 労働市場の規制緩和を進め、企業側が金銭を払えば解雇しやすくすることに反対[14]
  • 日本の原発について、当面は必要だが、将来は廃止すべきだ[14]
  • 外国への原発の輸出を進めるべきでない[14]
  • 受動喫煙防止を目的に飲食店などの建物内を原則禁煙とする健康増進法改正に反対。望まない受動喫煙を回避するための措置の実現については理解を示す一方、全国の飲食店を一律禁煙とする方針については少々乱暴であると述べている[15]

人物[編集]

  • 趣味は音楽鑑賞[16]
  • 議員になる前はギャンブルパチンコ麻雀)を好んでいた。また、1日2箱のたばこを吸うヘビースモーカーでもあった。喫煙歴やパチンコを始めた年齢についてはそれぞれ「何年吸っていたかいうとちょっとまずいので」「そこはコメントを差し控えたいと思います」と回答している[17]
  • 座右の銘は「自立と自律」[16]。好きな言葉は「自修自得」[18]
  • 夢という言葉が好きで「夢を醸す」と書いて「夢醸」というブランドを立ち上げた[19]
  • 「仕事が趣味」と語り、プライベートな時間は食事と体幹トレーニングに充てるのみであるだという[20]

全国商工政治連盟との関係[編集]

商工会の政治組織である全国商工政治連盟の組織内候補として参議院議員に当選しており[3][4]、同団体から政治献金と選挙協力を得ている。

2019年9月、第4次安倍第2次改造内閣にて、商工会の監督省庁である経済産業省の大臣政務官に着任。同年11月に開催された商工会全国大会には経済産業大臣政務官として出席、「例年は、全国商工会連合会の顧問として主催者側に座って」いたという感想をブログに残しており、同日に同会場で開催された全国商工政治連盟会長会議に出席したことも明らかにしている[21]

不祥事[編集]

政治資金パーティー収入の裏金問題[編集]

2023年12月1日、朝日新聞が、自民党5派閥が開いた政治資金パーティーをめぐる問題で、安倍派が、所属議員が販売ノルマを超えて集めた分の収入を裏金として議員側にキックバックする運用を組織的に続けてきた疑いがあるとスクープした[22]。安倍派は2018~2022年に毎年1回パーティーを開き、計6億5884万円の収入を政治資金収支報告書に記載している[23]。一方、収入・支出のいずれにも記載していない裏金の総額は直近5年間で1億円を超えるとされ(のちに5億円に修正[24])、共同通信は「実際のパーティー収入は少なくとも8億円前後に膨らむ可能性がある」と報じた[25]。清和政策研究会の政治資金収支報告書の記載内容は下記のとおり[注 2]

清和政策研究会
年月日 パーティー名 会場 収入 購入者数 出典
2018年5月22日 清和政策研究会との懇親の集い 東京プリンスホテル 2億802万円 7,021人 [31]
2019年5月21日 清和政策研究会との懇親の集い 東京プリンスホテル 1億5338万円 5,177人 [32]
2020年9月28日 清和政策研究会との懇親の集い 東京プリンスホテル 1億262万円 3,464人 [33]
2021年12月6日 清和政策研究会との懇親の集い 東京プリンスホテル 1億2万円 3,376人 [34]
2022年5月17日 清和政策研究会との懇親の集い 東京プリンスホテル 9480万円 3,200人 [26]
(合計) 6億5884万円

パーティー券は通常1枚2万円であるため、販売枚数が推計できるが、枚数に対する購入者の比率は2018年から2022年にかけてすべて「0.675」で統一されている。日本大学名誉教授の岩井奉信は「絶対にあり得ない」とし、安倍派は政治資金収支報告書に架空の購入者数を記入したとみられる[35][36]

同年12月22日、安倍派においては、議員側の「中抜き」を含む3つのパターンで裏金づくりを行っていたことが関係者の証言により明らかとなった[37][注 3]。12月25日、安倍派では少なくとも参議院議員選挙があった2019年と2022年に開いたパーティーについて、改選となる参議院議員に販売ノルマを設けず、集めた収入を全額キックバックしていたことが報道により明らかとなった[40][注 4]

2024年1月25日、財政金融委員長の辞任届を尾辻秀久参議院議長に提出し許可された[12]

2024年2月1日、自由民主党石川県参議院選挙区第三支部の政治収支資金報告書を訂正し、派閥からの収入を追加で計上。この際、令和4年10月24日に開催した個人の政治資金パーティー(宮本しゅうじ君を囲む会)からの収入を360万円から176万円と併せて訂正しており、政治資金団体全体の収入増加を抑える帳尻合わせをしたのではないかとも指摘されている[42]

2024年2月13日、自民党が公表したアンケート結果により、直近5年間の不記載額は1482万円であり、安倍派参院議員の中で山谷えり子(2403万円)、橋本聖子(2057万円)、世耕弘成(1542万円)に次いで不記載額が多いことが明らかとなった[43]

2024年4月4日、自民党党紀委員会が開催され、党の役職停止処分が下された。自民党本部ウェブサイトから確認できる処分時点の党役職は、雇用問題調査会副会長、金融調査会副幹事長、中小企業・小規模事業者政策調査会事務局長代理、離島・半島振興特別委員会事務局次長、沖縄振興調査会事務局次長、日本Well-being計画推進特命委員会幹事。

同日、会長を務める自民党石川県連では役員会が開催され、会長交代について検討を開始することになったが、県連所属国会議員5人のうち宮本周司氏の1482万円を筆頭に4人で裏金が発覚しており、「いっそ県議から会長を選んでは」との声も出ている[44]

同年4月6日、自民党本部の処分後、はじめてブログを更新したが、その内容は経済産業省の補助金の紹介だった[45]。2023年の裏金問題発生以降、同問題に対する説明は、参議院財政金融委員長の辞任経緯も含め全くされていない。

商工会の補助金不正受給に対する介入[編集]

経済産業大臣政務官着任時に、全国商工会連合会が事務局をつとめる小規模事業者持続化補助金で鹿児島県商工会連合会の不正受給が発覚した際、不正受給の調査を実施していた経済産業省に対し、鹿児島県商工会連合会の組織的問題にしないようにと圧力をかけたと赤旗日曜版で報じられている[46]

鹿児島県商工会連合会の補助金不正受給に関し、経済産業省の当初の処分案は「補助金交付停止」だったが、2021年6月に経済産業省は補助金の不正受給に関して処分基準を改正し、鹿児島県商工会連合会に対する処分は「補助金交付停止」よりも軽い「厳重注意」で処分を終わらせた[47]

鹿児島県商工会連合会は、経済産業省から厳重注意が行われた2021年6月25日から間を置かずに経済産業省の別の補助金を受給しており、政治的な配慮があったのではないかと衆議院予算委員会でも議論となった[48]

所属団体・議員連盟[編集]

  • 自民党たばこ議員連盟[49][50]
  • 自由民主党石川県参議院選挙区第三支部 支部長[6]
  • 清和政策研究会[6][51]
  • 小規模企業を支援する参議院の会 事務局長[6]
  • 電気工事議員連盟 事務局長[6]
  • 國酒を愛する議員の会 事務局次長[6]
  • 税理士制度改革推進議員連盟[6]
  • 街の酒屋さんを守る国会議員の会[6]
  • 電力安定供給推進議員連盟[6]
  • 地域包括ケアシステム・介護推進議員連盟[6]
  • ふるさと納税制度の拡充を目指す議員の会[6]
  • 観光産業振興議員連盟[6]
  • 賃貸住宅対策議員連盟[6]
  • 建築設計議員連盟[6]
  • LPG対策議員連盟[6]
  • 米消費拡大・純米酒推進議員連盟[6]
  • 小規模企業税制確立議員連盟[6]
  • コンピュータ会計推進議員連盟[6]
  • 自動車議員連盟[6]
  • 証券市場育成等議員連盟[6]
  • 国公立大学振興議員連盟[6]
  • 全日本不動産政策推進議員連盟[6]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2022年4月に一度辞職した後、参院石川選挙区補選に出馬、当選したため実質的な任期は2期。
  2. ^ 2023年11月24日、総務省は2022年分の政治資金収支報告書を公表。自民党5派閥がそれぞれ同年に開催した政治資金パーティーの収入額もあわせて公表された。金額は清和政策研究会(安倍派)が9480万円、志帥会(二階派)が1億8845万円、平成研究会(茂木派)が1億8142万円、志公会(麻生派)が2億3331万円、宏池政策研究会(岸田派)が1億8328万円。安倍派はパーティ開催時で所属国会議員98人を有する最大派閥であるにもかかわず収入の金額が著しく低いことが明らかとなった[26][27][28][29][30]
  3. ^ 安倍派における裏金づくりの3つの手法の詳細は以下のとおり[37][38][39]
    (1)支援者は派閥の口座に直接代金を振り込み、派閥側はノルマ超過分を議員に還流(キックバック)する。
    (2)支援者は頼まれた議員の口座に代金を振り込み、議員は振り込まれたパーティー券代のうち、ノルマ分だけを派閥に納めて「中抜き」し、残った分は手元にプールし事実上の還流とする。
    (3)支援者は頼まれた議員の口座に代金を振り込み、議員はその全額を派閥に納め、派閥側はノルマ超過分を議員に還流する。
  4. ^ 2019年改選時の安倍派所属の参議院議員と2022年改選時の同所属の参議院議員のそれぞれの内訳は下記のとおり(当選回数順)。詳細不詳の井上義行についてはその他とした。2020年8月入会の吉川有美(2019年改選)[41]と2023年4月入会の片山さつき(2022年改選)は含めていない。
    2019年改選
    橋本聖子世耕弘成衛藤晟一北村経夫西田昌司古川俊治丸川珠代、宮本周司、森まさこ赤池誠章石井正弘石田昌宏太田房江大野泰正酒井庸行滝波宏文長峯誠羽生田俊堀井巌
    2022年改選
    山崎正昭岡田直樹末松信介野上浩太郎山谷えり子山本順三上野通子江島潔長谷川岳佐藤啓松川るい山田宏
    その他
    井上義行

出典[編集]

  1. ^ a b 令和4年(2022年)4月26日石川県選挙管理委員会告示第64号(参議院石川県選挙区選出議員補欠選挙において当選した者の住所及び氏名) : 『石川県公報』 令和4年4月26日 号外第40号
  2. ^ 都道府県支部連合会”. 自由民主党. 2023年12月12日閲覧。
  3. ^ a b 宮本周司”. 全国商工政治連盟. 2024年4月6日閲覧。
  4. ^ a b 宮本しゅうじ『支持母体の総会でした♬』”. 宮本しゅうじオフィシャルブログ「地域を元気に!未来を創る!」Powered by Ameba. 2024年4月6日閲覧。
  5. ^ 政治資金収支報告書 自由民主党本部(4/11)(令和4年分 定期公表)”. 総務省 (2023年11月24日). 2023年12月20日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 公式ホームページ プロフィール
  7. ^ a b 議員情報 | 自民党
  8. ^ 参院石川補選に宮本氏 自民が擁立決定”. 産経新聞 (2022年2月5日). 2022年2月6日閲覧。
  9. ^ 自民 中田宏氏が繰り上げ当選へ 宮本周司氏の参院補選立候補で - NHK NEWS WEB 2022年4月7日
  10. ^ “参院石川補選、自民・宮本氏が当選確実に 与野党対決制する”. 朝日新聞. (2022年4月24日). https://www.asahi.com/amp/articles/ASQ4S61BXQ4LPISC018.html 2022年5月16日閲覧。 
  11. ^ “自民県連会長に宮本周司氏「参院選一枚岩で」”. 読売新聞. (2022年5月8日). https://www.yomiuri.co.jp/local/ishikawa/news/20220508-SYT8T2989961/amp/ 2022年5月17日閲覧。 
  12. ^ a b 参院3委員長が辞任 安倍派の北村氏・宮本氏・末松氏”. 日本経済新聞 (2024年1月25日). 2024年1月25日閲覧。
  13. ^ 朝日・東大谷口研究室共同調査”. 朝日新聞 (2019年). 2019年7月8日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h 2013年参院選 毎日新聞候補者アンケート
  15. ^ 久しぶりに、石川県で充実した活動を♬”. 宮本しゅうじオフィシャルブログ (2017年4月17日). 2020年11月15日閲覧。
  16. ^ a b 経済産業大臣政務官 宮本 周司 (みやもと しゅうじ)”. 首相官邸ホームページ. 2020年11月18日閲覧。
  17. ^ 第144回 2015年02月04日 自民党 宮本 周司 参議院議員”. 会いに行ける国会議員 みわちゃんねる 突撃永田町!! (2015年2月4日). 2020年11月15日閲覧。
  18. ^ 地域とちいさな企業を元気にするためにvol.8”. 宮本しゅうじオフィシャルサイト. 2022年4月22日閲覧。
  19. ^ 特別対談・そして夢を語る”. 全国商工会連合会サイト. 2022年4月22日閲覧。
  20. ^ 参院県選挙区補選・候補者はこんな人”. 北國新聞. 2022年4月22日閲覧。
  21. ^ 宮本しゅうじ『政務官として、商工会全国大会で挨拶を!』”. 宮本しゅうじオフィシャルブログ「地域を元気に!未来を創る!」Powered by Ameba. 2024年4月6日閲覧。
  22. ^ 安倍派、1億円超の裏金か パー券ノルマ超えを還流 地検が立件視野”. 朝日新聞 (2023年12月1日). 2023年12月8日閲覧。
  23. ^ 松野博一官房長官を更迭へ パー券還流、裏金1000万円未記載疑惑”. 毎日新聞 (2023年12月9日). 2023年12月9日閲覧。
  24. ^ 安倍派の裏金、5億円か 所属議員の大半に還流 派閥側の立件不可避”. 朝日新聞 (2023年12月12日). 2023年12月12日閲覧。
  25. ^ 安倍派、8億円前後収入か 裏金含め、記載は6億円超”. 共同通信(東京新聞) (2023年12月1日). 2023年12月9日閲覧。
  26. ^ a b 政治資金収支報告書 清和政策研究会(令和4年分 定期公表)”. 総務省 (2023年11月24日). 2023年11月28日閲覧。
  27. ^ 政治資金収支報告書 志帥会(令和4年分 定期公表)”. 総務省 (2023年11月24日). 2023年11月28日閲覧。
  28. ^ 政治資金収支報告書 平成研究会(令和4年分 定期公表)”. 総務省 (2023年11月24日). 2023年11月28日閲覧。
  29. ^ 政治資金収支報告書 志公会(令和4年分 定期公表)”. 総務省 (2023年11月24日). 2023年11月28日閲覧。
  30. ^ 政治資金収支報告書 宏池政策研究会(令和4年分 定期公表)”. 総務省 (2023年11月24日). 2023年11月28日閲覧。
  31. ^ 政治資金収支報告書 清和政策研究会(平成30年分 定期公表)”. 総務省 (2019年11月29日). 2021年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年12月12日閲覧。
  32. ^ 政治資金収支報告書 清和政策研究会(令和元年分 定期公表)”. 総務省 (2020年11月27日). 2021年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月28日閲覧。
  33. ^ 政治資金収支報告書 清和政策研究会(令和2年分 定期公表)”. 総務省 (2021年11月26日). 2023年11月28日閲覧。
  34. ^ 政治資金収支報告書 清和政策研究会(令和3年分 定期公表)”. 総務省 (2022年11月25日). 2023年11月28日閲覧。
  35. ^ 浜崎陽介、三輪喜人 (2023年12月31日). “安倍派の「パー券購入者比率」は6年連続「0.675」 架空の数字を記入か 毎年同比率は二階派と2派閥のみ”. 東京新聞. 2024年1月4日閲覧。
  36. ^ パー券購入者数 捏造 疑惑の方程式「×0.675」 安倍派資金報告 二階派も 日曜版が特報”. しんぶん赤旗 (2023年12月25日). 2024年1月4日閲覧。
  37. ^ a b 安倍派、3パターンで裏金化 ノルマ超過分、議員側と調整か”. 共同通信(東京新聞) (2023年12月22日). 2023年12月23日閲覧。
  38. ^ <独自>安倍派複数議員「中抜き」 パーティー収入不記載拡大、10億円超か」『産経ニュース』、2023年12月17日。2023年12月17日閲覧。
  39. ^ 小泉法務大臣の二階派退会は「何の役にも立たない」 元法務大臣が語る検察への「指揮権」とは 安倍派議員10人以上の“中抜き”も判明【news23】”. TBS (2023年12月21日). 2023年12月24日閲覧。
  40. ^ 安倍派 参院選の年は改選参院議員に全額キックバックか”. NHK (2023年12月25日). 2023年12月25日閲覧。
  41. ^ 時事通信社 Facebook 2020年8月6日”. 2023年12月28日閲覧。
  42. ^ 沌惑村 (2024年2月14日). “1年分しかネット閲覧できない石川県の収支報告書”. あなぐると. 2024年4月4日閲覧。
  43. ^ 不記載、85人5億円超 自民が裏金アンケート公表.時事通信(2024年2月13日).2024年2月13日閲覧
  44. ^ 自民党裏金問題、宮本県連会長、岡田直樹氏の2人が処分:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2024年4月4日). 2024年4月6日閲覧。
  45. ^ 宮本しゅうじ『ようやく…待望の…』”. 宮本しゅうじオフィシャルブログ「地域を元気に!未来を創る!」Powered by Ameba. 2024年4月6日閲覧。
  46. ^ しんぶん赤旗日曜版.2021年8月29日号
  47. ^ 経産省、補助金不正の処分直前に基準を変更 軽い「厳重注意」を新設.朝日新聞.2022年1月24日
  48. ^ 令和4年2月8日衆議院予算委員会.議事録No101-123
  49. ^ 臨時国会スタート♪”. 宮本しゅうじオフィシャルブログ (2018年10月25日). 2018年12月24日閲覧。
  50. ^ “2022年7月号”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2022年6月25日). https://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2022/07/%E5%85%A8%E5%9B%BD%E3%81%9F%E3%81%B0%E3%81%93%E6%96%B0%E8%81%9E2022%E5%B9%B47%E6%9C%88%E5%8F%B7.pdf#page=3 2022年6月29日閲覧。 
  51. ^ 会員紹介 清和研

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代
高村正大
藤原崇
日本の旗 財務大臣政務官
金子俊平と共同

2022年 - 2023年
次代
瀬戸隆一
佐藤啓
先代
滝波宏文
石川昭政
日本の旗 経済産業大臣政務官
中野洋昌と共同

2019年 - 2020年
次代
宗清皇一
佐藤啓
議会
先代
酒井庸行
日本の旗 参議院財政金融委員長
2023年 - 2024年
次代
足立敏之