田中恒利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 恒利(たなか つねとし、1925年4月1日 - 2014年1月12日)は、日本政治家。元日本社会党衆議院議員(6期)。

来歴[編集]

愛媛県東宇和郡俵津村[1](現在の西予市明浜町出身)で、半農半漁の家に生まれる[1]。家業だけでなく、青年団活動においても活躍した[1]。 1953年に日本大学専門部社会学科を卒業。

政治家として[編集]

地元に戻り、愛媛県立宇和高等学校教諭愛媛労農会議副議長を経て、1969年の総選挙で旧愛媛3区から社会党公認で立候補し初当選した。1972年1976年1979年の選挙にも3度出馬したが落選[2]した。 それを経て、1980年にはトップ当選[2]となった。

以来1993年まで当選を果たしたが、1996年に政界を引退した。同年勲二等旭日重光章受章[3]

政治家以外の仕事[編集]

1988年4月リクルート入社。情報通信系事業本部にてパッケージソフトウェアの企画・開発・営業、その後人材系事業の営業を担当。1999年5月より当社へメディアコンテンツ部長として入社。 入社以来、メディアコンテンツ業界、広告業界担当の営業責任者として数多くの動画配信案件を手掛ける。2015年より現職。

また、政界引退後には、食糧難のアジア・アフリカの貧しい人たちに支援を送るために「食とみどり、水をまもる県労農市民会議」の議長を務めた[2]

人物[編集]

県民から「恒さん」の愛称で親しまれ[1]、社会党の「南予の顔」[1]となった。

2014年1月12日、老衰のため死去[4]。88歳没。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 愛媛新聞(2014年1月13日付、5面)
  2. ^ a b c 愛媛新聞(2014年1月13日付、1面)
  3. ^ 「96秋の叙勲受章者 勳一等・勳二等」『読売新聞』1996年11月3日朝刊
  4. ^ 元衆院議員の田中恒利さん死去 旧社会党朝日新聞2014年1月13日閲覧

参考文献[編集]

議会
先代:
左藤恵
日本の旗 衆議院内閣委員長
1994年 - 1995年
次代:
大木正吾