渡辺具能

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗元衆議院議員 渡辺 具能
生年月日 (1941-04-07) 1941年4月7日(75歳)
出身地 福岡県糟屋郡須恵町
出身校 九州大学工学部卒業
学位・資格 工学士
前職 国家公務員運輸省
世襲
選出選挙区 福岡4区
当選回数 4回
所属党派 自由民主党山崎派
テンプレートを表示

渡辺 具能(わたなべ ともよし、1941年昭和16年)4月7日 ‐ )は、日本政治家

衆議院議員(通算4期)、国土交通副大臣第1次安倍内閣)などを歴任した。

概要[編集]

不祥事・その他[編集]

テレビゲーム[編集]

証人喚問[編集]

献金[編集]

前科[編集]

マンション購入[編集]

  • 港区内に約80m2の高級マンションを妻子名義で購入している。しかし自らは高輪議員宿舎に住みマンションを貸与する意向を示す。しかし平成18年(2006年)6月14日に衆院議院運営委員会の庶務小委員会で「東京23区内に自宅がある議員は議員宿舎に入居できない」基準を決定しており、また「誓約書を提出した上で入居を認める」としている事から基準に違反している可能性がある[8]

政策[編集]

  • 毎日新聞2010年参院選候補者アンケートでは「選択的夫婦別姓制度」に対し「反対」と回答した[9]

略歴[編集]

経歴[編集]

政歴[編集]

文献[編集]

著書[編集]

  • 『液状化読本 : メカニズムと対策Q&A』山海堂、1995年6月
  • 『液状化はこわくない : メカニズムと対策Q&A』山海堂、1995年7月、ISBN 4381009002
  • 『本音でしゃべらないと! : これでハッキリ見える日本の問題』ウェイツ、2006年11月、ISBN 4901391755

所属していた団体[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 比例貢献が基準?公明が自民92候補を推薦(2009年7月30日20時25分 読売新聞)
  2. ^ 「ポピュリズム政治に脱力」…渡辺具能氏が引退
  3. ^ 西日本新聞 2011年01月21日
  4. ^ 経歴詐称疑惑で書類送検 居直る古賀市長への疑問
  5. ^ 古賀市・竹下市長を担いだ自民党前県議が非難~支持低下の焦りか?
  6. ^ http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b169030.htm
  7. ^ http://www.asahi.com/national/update/0309/SEB201103090025.html
  8. ^ 毎日新聞 2006年11月3日
  9. ^ 「2010参院選 候補者アンケート」毎日jp (毎日新聞社)、2010年6月26日。

関連項目[編集]

議会
先代:
中野清
日本の旗 衆議院内閣委員会委員長
2008年 - 2009年
次代:
田中慶秋
公職
先代:
江﨑鐵磨松村龍二
日本の旗 国土交通副大臣
2006年 - 2007年
望月義夫と共同
次代:
平井卓也松島みどり
先代:
久野恒一田村憲久
日本の旗 厚生労働大臣政務官
森田次夫と共同

2002年 - 2003年
次代:
竹本直一佐々木知子
先代:
(役職創設)
日本の旗 内閣府大臣政務官
西川公也山崎力と共同

2001年
次代:
仲道俊哉阪上善秀渡辺博道