伴野豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伴野 豊
ばんの ゆたか
Yutaka Banno 2011-05-06-2.jpg
生年月日 (1961-01-01) 1961年1月1日(59歳)
出生地 日本の旗 日本 愛知県東海市
出身校 名古屋工業大学工学部
名古屋工業大学大学院修士課程
前職 東海旅客鉄道従業員
河村たかし衆議院議員秘書
所属政党新進党→)
民主党→)
民進党細野G→旧細野G→)
旧国民民主党→)
立憲民主党[1]
称号 工学修士
公式サイト ばんの豊:サク・サケ・サカス

選挙区比例東海ブロック→)
愛知8区→)
(比例東海ブロック→)
(愛知8区→)
比例東海ブロック
当選回数 5回
在任期間 2000年6月25日 - 2012年11月16日
2014年12月14日 - 2017年9月28日
テンプレートを表示

伴野 豊(ばんの ゆたか、1961年1月1日 - )は、日本政治家。元衆議院議員(5期)。

民主党副幹事長、民主党国際局長、外務副大臣菅改造内閣菅第二次改造内閣)、国土交通副大臣野田第三次改造内閣)などを歴任した。

略歴[編集]

愛知県東海市出身[2]。父親は警察官[3]愛知県立瑞陵高等学校名古屋工業大学工学部卒業。名古屋工業大学大学院修士課程修了。1985年日本国有鉄道に入社。1987年の分割民営化により、東海旅客鉄道に入社する。1994年6月に退社し[2]、衆議院議員の河村たかし政策担当秘書となる[4][5][3]。同年12月に新進党が結成されると、同党県連の事務局次長を務めた[4]

1995年の愛知県議会議員選挙・名古屋市港区選挙区は自民党の直江弘文と共産党の田中久幸の自共現職2議席で無投票とみられていたが、告示1週間前に伴野が新進党・社会党・公明党・新党民社・連合愛知の推薦を受けて立候補することを表明し、急遽選挙戦となった[4]。投票は4月9日に行われ、得票数2位の田中に650票差で敗れた[6]

1996年10月の第41回衆議院議員総選挙に、愛知5区から新進党公認で出馬する。旧民主党赤松広隆自由民主党木村隆秀比例復活)に敗れ落選。

2000年6月の第42回衆議院議員総選挙では、愛知8区に国替えし、自民党で元環境庁長官大木浩に敗れたが、重複立候補していた比例東海ブロックで復活し初当選。

2003年11月の第43回衆議院議員総選挙では、大木を破り再選。

2005年9月の第44回衆議院議員総選挙では、愛知8区で自民党の伊藤忠彦に敗れたが、比例復活により3選。

2009年8月の第45回衆議院議員総選挙では愛知8区で4選。同年10月、民主党副幹事長に就任[2]

2010年9月、菅改造内閣外務副大臣に就任。2011年1月発足の菅再改造内閣でも再任[2]

2011年9月、衆議院国土交通委員会委員長に就任。2012年10月、野田第三次改造内閣国土交通副大臣に就任[2]

2012年12月16日の第46回衆議院議員総選挙は、伴野、自民党の伊藤忠彦日本未来の党の新人、日本共産党の新人4人の争いとなり、伊藤に敗れ比例復活もならず落選した[7]

2014年12月14日の第47回衆議院議員総選挙では伊藤に敗れるも、重複立候補していた比例東海ブロックで復活し5選[8]

2017年10月5日、愛知県庁舎で記者会見し、第48回衆議院議員総選挙に無所属で出馬すると表明[9]。10月22日の総選挙で伊藤に僅差で敗れ落選[10]。民進党が国民民主党に移行するとこれに参加し、愛知県連副代表および愛知8区支部長に就任した[11][12]

2020年8月19日、国民民主党は両院議員総会を開き、立憲民主党と合流し新党を結成する案を賛成多数で可決[13]。9月11日、国民民主党は解党を決定し、国に届け出た[14]。伴野は合流新党である新立憲民主党に参加した。

発言[編集]

政策[編集]

所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 連合愛知推薦議員
  2. ^ a b c d e 公式ページ 政策
  3. ^ a b みわちゃんねる突撃永田町!! 第96回 伴野豊議員。2009年。
  4. ^ a b c 『中日新聞』1995年4月4日付朝刊、県内版、14面、「県議選 話題区を探る (下)」。
  5. ^ 国会議員情報:伴野 豊(ばんの ゆたか):時事ドットコム
  6. ^ 愛知県議選 平成7年 - 選挙マニア 選挙資料室
  7. ^ 朝日新聞デジタル:愛知 - 開票速報 - 第46回総選挙
  8. ^ 愛知 - 開票速報 - 2014衆院選:朝日新聞デジタル
  9. ^ 民進前職の伴野氏は無所属で 愛知8区”. 毎日新聞 (2017年10月5日). 2017年10月9日閲覧。
  10. ^ 愛知-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  11. ^ 組織紹介:民進党 愛知県総支部連合会” (日本語). 国民民主党. 2018年6月13日閲覧。
  12. ^ 伴野 豊 (ばんの ゆたか) 衆議院議員・総支部長 愛知8区:民進党 愛知県総支部連合会” (日本語). 国民民主党. 2018年6月13日閲覧。
  13. ^ “国民民主、立民との合流決定 過半議員が合流新党へ”. 日本経済新聞. (2020年8月19日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62813200Z10C20A8PP8000/ 2020年9月12日閲覧。 
  14. ^ “国民民主党 解党を届け出 合流新党「立憲民主党」結党に向け”. NHK. (2020年9月11日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200911/k10012613091000.html 2020年9月14日閲覧。 
  15. ^ “民主議員、小沢氏問題の報道に「誤報」指摘 法相はあっさり否定”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年1月21日). オリジナルの2010年1月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100124045531/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100121/plc1001211129010-n1.htm 2010年1月22日閲覧。 
  16. ^ a b c d e f g “2012衆院選 愛知8区 伴野豊”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A23008001001 2014年4月12日閲覧。 
  17. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  18. ^ 2009年衆院選時朝日新聞アンケート回答

関連項目[編集]

  • JR連合 - 伴野はJR連合の組織内候補である。

外部リンク[編集]