伴野豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伴野 豊
ばんの ゆたか
Yutaka Banno 2011-05-06-2.jpg
生年月日 (1961-01-01) 1961年1月1日(56歳)
出生地 愛知県東海市加木屋町
出身校 名古屋工業大学工学部
名古屋工業大学大学院修士課程
前職 東海旅客鉄道社員
現職 愛知県第8選挙区支部長
所属政党 新進党→)
民主党→)
民進党細野派→旧細野グループ
称号 工学修士
公式サイト ばんの豊:サク・サケ・サカス

選挙区 比例東海ブロック→)
愛知8区→)
比例東海ブロック
当選回数 5回
在任期間 2000年6月25日 - 2012年11月16日
2014年12月14日 - 2017年9月28日
テンプレートを表示

伴野 豊(ばんの ゆたか、1961年1月1日 - )は、日本政治家民進党所属の元衆議院議員(5期)。

略歴[編集]

愛知県東海市出身[1]愛知県立瑞陵高等学校名古屋工業大学工学部卒業。名古屋工業大学大学院修士課程修了。1985年日本国有鉄道に入社。1987年の分割民営化により、東海旅客鉄道に入社する。1994年6月に退社し[1]、衆議院議員秘書となる[2]

1996年10月の第41回衆議院議員総選挙に、愛知5区から新進党公認で出馬する。旧民主党赤松広隆自由民主党木村隆秀比例復活)に敗れ落選。

2000年6月の第42回衆議院議員総選挙では、愛知8区に国替えし、自民党で元環境庁長官大木浩に敗れたが、重複立候補していた比例東海ブロックで復活し初当選。

2003年11月の第43回衆議院議員総選挙では、大木を破り再選。

2005年9月の第44回衆議院議員総選挙では、愛知8区で自民党の伊藤忠彦に敗れたが、比例復活により3選。

2009年8月の第45回衆議院議員総選挙では愛知8区で4選。同年10月、民主党副幹事長に就任[1]

2010年9月、菅改造内閣外務副大臣に就任。2011年1月発足の菅再改造内閣でも再任[1]

2011年9月、衆議院国土交通委員会委員長に就任。2012年10月、第3次野田改造内閣国土交通副大臣に就任[1]

2012年12月16日の第46回衆議院議員総選挙では、自民党の伊藤忠彦に敗れ落選。

2014年12月14日の第47回衆議院議員総選挙では伊藤に再度敗れるも、重複立候補していた比例東海ブロックで復活し5選[1]

2017年10月5日、愛知県庁で記者会見し、第48回衆議院議員総選挙に無所属で出馬すると表明[3]。10月22日の総選挙で伊藤に僅差で敗れ落選[4]

発言[編集]

政策[編集]

所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • JR連合 - 伴野はJR連合の組織内候補である。

外部リンク[編集]