宮腰光寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮腰 光寛
みやこし みつひろ
Mitsuhiro Miyakoshi (cropped).jpg
生年月日 (1950-12-21) 1950年12月21日(67歳)
出生地 日本の旗 富山県黒部市
出身校 富山県立桜井高等学校
京都大学法学部(中退)
現職 内閣府特命担当大臣
沖縄及び北方対策消費者及び食品安全少子化対策海洋政策
衆議院議員
所属政党 自由民主党岸田派
公式サイト 衆議院議員 富山2区 宮腰光寛(みやこしみつひろ)

内閣 第4次安倍改造内閣
在任期間 2018年10月2日 - 現職

選挙区 富山2区
当選回数 8回
在任期間 1998年8月23日 - 現職

当選回数 4回
テンプレートを表示

宮腰 光寛(みやこし みつひろ、1950年12月21日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(8期)、内閣府特命担当大臣
沖縄及び北方対策消費者及び食品安全少子化対策海洋政策)、自由民主党富山県連会長[1]

内閣総理大臣補佐官第3次安倍第3次改造内閣第4次安倍内閣)、農林水産副大臣第3次小泉内閣第3次小泉改造内閣)、農林水産大臣政務官第1次小泉内閣)、内閣府大臣政務官第1次小泉第2次改造内閣第2次小泉内閣)、衆議院農林水産委員長富山県議会議員(4期)、自民党たばこ議員連盟副会長等を務めた。

来歴[編集]

富山県黒部市生まれ[2](現住所は黒部市岡[3])。黒部市立石田小学校、黒部市立白鷹中学校、富山県立桜井高等学校卒業[4]。高校卒業後、京都大学法学部に入学するが、1974年に中退。在学中、家業の石材店を営む宮腰工業所に入社。1981年より社団法人黒部青年会議所理事長[4]

1983年富山県議会議員選挙に出馬し、初当選。以後、1998年まで4期15年間、富山県議を務める[2]1996年、富山県議会副議長に就任。1998年、富山県議を4期目の任期途中で辞職。住博司衆議院議員の死去に伴う富山2区補欠選挙自由民主党公認で出馬し、初当選した[2]。以後、富山2区で8期連続当選[2]

2002年第1次小泉内閣農林水産大臣政務官2003年第1次小泉第2次改造内閣内閣府大臣政務官科学技術政策個人情報保護及び原子力関係政策の担当)にそれぞれ任命される。2005年第3次小泉内閣農林水産副大臣に任命され、第3次小泉改造内閣まで務める。2007年衆議院農林水産委員長に就任。2009年第45回衆議院議員総選挙では与党に猛烈な逆風が吹き荒れる中、富山2区で社会民主党の新人を3万票超の大差で破り、5選。なお宮腰の初当選以来、富山2区では次点以下の候補は一度も比例復活していない。

2014年9月、自由民主党TPP対策委員会の委員長代理及び事務総長に起用された[5]2015年10月の第3次安倍第1次改造内閣の発足に際しては、所属する宏池会会長の岸田文雄外務大臣が、安倍晋三首相に対し宮腰の入閣を求めていたが、起用には至らなかった[6]

2017年8月3日内閣総理大臣補佐官(ふるさとづくりの推進及び農林水産物の輸出振興担当)に就任[7]

2017年の第48回衆議院議員総選挙では、社会民主党の新人を6万票超の大差で破り、8選[8]

2018年10月、第4次安倍改造内閣内閣府特命担当大臣沖縄及び北方対策海洋政策消費者及び食品安全少子化対策)に就任[9]し、一億総活躍行政改革国家公務員制度などの職務も兼務した。富山県選出の国会議員として2006年以来の大臣となった[2]

不祥事・奇行[編集]

談合企業からの献金

 大臣就任直後の2018年10月18日、宮腰が代表を務める自由民主党富山県第2選挙区支部が、関西電力発注の送電線工事で談合していたとして2014年に公正取引委員会から行政処分を受けた地元企業から、2014年から2016年までに計36万円の献金を受け取っていたことが発覚した。宮腰は翌19日の会見で、受け取った献金について返金すると説明した[10][11][12][13][14]

後援団体の使途不明金

 2018年10月24日、宮腰の後援団体である「宮腰光寛後援会」の政治資金について、2014年から2016年までの3年間で使途不明金が3384万円に上っていたことが発覚した。これは後援団体の全支出の7割を超える金額だった。宮腰は翌26日の会見で「法令に従って適正に処理している」と述べた[15][16]

議員宿舎内での奇行

 2018年10月25日付の文春オンラインは「『全裸でピンポン』現職大臣の実名 〈議員宿舎で〉勝手に他議員宅の風呂に入り、隣家の呼び鈴を…」と題して、宮腰が2007年に赤坂の議員宿舎内で酒に酔って他人の風呂に無断で入り、下着姿のまま別の部屋のインターホンを押したなどと報じた。宮腰は10月30日の会見で「記事は承知している」と認め、「深く反省をし、ご迷惑をおかけしました方々には、改めておわび申し上げたい」と謝罪した[17][18][19][20]

政策・主張[編集]

人物[編集]

  • 喫煙者[24]
  • 北方領土問題対策協会県推進委員。北方領土問題にライフワークとして取り組んでいて、国会議員当選後以後に北海道根室市に40回以上訪問している[2]。富山県は北方四島からの引き揚げた元島民が北海道に全国2番目に多いため、宮腰は政治家になる以前から北方領土返還要求運動に関わり、元島民らでつくる千島歯舞諸島居住者連盟富山支部の総会などに必ず足を運んでいた。そのため、2018年10月に担当大臣になった際には元島民は「うれしいし、心強い。」「どんなに忙しくても私たちの会合に顔を出してくれる。」「これからもいろんな情報を知らせ、私たちの願いをかなえてほしい」「就任を待ち望んでいた。」」北方領土問題に造詣が深く、元島民の気持ちを理解してくれている。」と評価されている[25]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 役員紹介|自民党富山県連/自民党富山県連ニュース
  2. ^ a b c d e f “富山から12年ぶり入閣 宮腰衆議院議員が沖縄北方相に/富山(チューリップテレビ) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース. https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00010008-tuliptv-l16 2018年10月2日閲覧。 
  3. ^ 平成29年10月22日執行 衆議院小選挙区選出議員選挙 富山県第2区 候補者一覧表 (PDF)”. 富山県選挙管理委員会 (2017年10月10日). 2017年12月22日閲覧。
  4. ^ a b プロフィール【衆議院議員 富山2区 宮腰光寛公式サイト】
  5. ^ “自民TPP対策委員長に森山氏、事務総長は宮腰氏”. 産経新聞. (2014年9月27日). http://www.sankei.com/politics/news/140927/plt1409270017-n1.html 2016年1月2日閲覧。 
  6. ^ “岸田派冷遇、入閣1人「首相支持」報われず”. 毎日新聞. (2015年10月8日). http://mainichi.jp/articles/20151008/ddm/005/010/053000c 2016年1月2日閲覧。 
  7. ^ 【内閣改造】西村康稔官房副長官、薗浦健太郎首相補佐官らを発表産経ニュース
  8. ^ 富山-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  9. ^ 内閣改造 沖縄北方相に宮腰光寛氏 内定
  10. ^ “沖縄北方相側に談合業者が献金 3年分36万円、返還意向”. (2018年10月19日) (2018-10-19発行) 
  11. ^ “宮腰沖縄・北方担当相に談合業者が献金”. (2018年10月19日) (2018-10-19発行) 
  12. ^ “宮腰沖北相、談合企業からの献金認める 36万円返金へ”. (2018年10月19日) (2018-10-20発行) 
  13. ^ “「政治とカネ」発覚止まらず=新たに宮腰氏、談合企業から献金”. (2018年10月19日) (2018-10-20発行) 
  14. ^ “宮腰沖北相、談合業者の献金返還 「責任果たす」と説明”. (2018年10月19日) (2018-10-20発行) 
  15. ^ “宮腰氏後援団体、使途明細不明 14~16年の3千万円分”. (2018年10月24日) (2018-10-25発行) 
  16. ^ “使途不明3300万円、宮腰大臣「法令に従い適正に処理」”. (2018年10月26日) (2018-10-26発行) 
  17. ^ “議員宿舎「裸でピンポン」事件を起こした現職大臣”. (2018年10月24日) (2018-10-25発行) 
  18. ^ “「全裸でピンポン」現職大臣の実名 〈議員宿舎で〉勝手に他議員宅の風呂に入り、隣家の呼び鈴を…”. (2018年10月25日) (2018-10-25発行) 
  19. ^ “宮腰沖北相、「全裸」報道で謝罪”. (2018年10月30日) (2018-10-30発行) 
  20. ^ “宮腰沖北相、過去に裸で議員宿舎の部屋訪ねる 「反省」”. (2018年10月30日) (2018-10-31発行) 
  21. ^ a b c d e “2012衆院選 富山2区 宮腰光寛”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A16002002002 2014年8月14日閲覧。 
  22. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  23. ^ 第154回国会請願2068号
  24. ^ a b “【東京リポート】「まず法整備を優先」/受動喫煙防止で自民県在住議員”. 北日本新聞 (北日本新聞社). (2017年8月28日). http://webun.jp/item/7395104 2018年8月11日閲覧。 
  25. ^ “四島返還引っ張って 県内の元島民期待 宮腰さん沖縄北方相(北日本新聞) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース. https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00112635-kitanihon-l16 2018年10月3日閲覧。 
  26. ^ 「自民党たばこ議員連盟」役員(2017/3/7現在)及び役員へのタバコ販売&耕作者政治連盟からの6年間の献金額(万円)”. 2018年4月11日閲覧。
  27. ^ a b 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  28. ^ a b 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年

外部リンク[編集]


議会
先代:
西川公也
日本の旗 衆議院農林水産委員長
2007年 - 2008年
次代:
遠藤利明
公職
先代:
福井照
日本の旗 特命担当大臣沖縄及び北方対策
第28代:2018年 -
次代:
現職
先代:
福井照
日本の旗特命担当大臣消費者及び食品安全
第17代:2018年 -
次代:
現職
先代:
松山政司
日本の旗特命担当大臣少子化対策
第20代:2018年 -
次代:
現職
先代:
福井照
日本の旗内閣府特命担当大臣海洋政策
第5代:2018年 -
次代:
現職
先代:
常田享詳
日本の旗 農林水産副大臣
常田享詳と共同
三浦一水と共同

2005年 - 2006年
次代:
山本拓
国井正幸
先代:
阿南一成木村隆秀大村秀章
日本の旗 内閣府大臣政務官
西川公也森元恒雄と共同

2003年 - 2004年
次代:
木村勉西銘順志郎江渡聡徳
先代:
岩永峯一岩永浩美
日本の旗 農林水産大臣政務官
岩永浩美と共同

2002年
次代:
熊谷市雄渡辺孝男