宗清皇一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
宗清 皇一
むねきよ こういち
生年月日 (1970-08-09) 1970年8月9日(47歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府東大阪市
出身校 龍谷大学文学部
前職 大阪府議会議員
所属政党 自由民主党
公式サイト むねきよ皇一オフィシャル WEBサイト

選挙区 大阪13区
当選回数 1回
在任期間 2014年12月15日 - 現職
テンプレートを表示

宗清 皇一(むねきよ こういち、1970年8月9日[1] - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(1期)。元大阪府議会議員東大阪市選出、2期)。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1970年8月9日大阪府東大阪市出身。大阪府立花園高等学校を経て、龍谷大学文学部卒業。民間企業勤務を経て塩川正十郎自由民主党代議士)事務所入り。塩川事務所では東大阪市枚岡地区を担当[2]。塩川正十郎が小泉純一郎政権財務大臣に就任した際には公設秘書に起用されている[1]

政治家として[編集]

2003年に塩川が政界の第一線から退いた後、2006年に大阪府議会東大阪市選挙区補欠選挙に無所属で立候補したが、西野弘一朽原亮に敗れ、次点で落選[3]。しかし、2007年には大阪府議会議員選挙に立候補して東大阪市選挙区にて2位で初当選した[4]。2009年にも大阪府議会議員選挙で2度目の当選[5]。大阪府議会では平成24年度に都市住宅常任委員会委員長を務めている[6]

2012年に自由民主党の大阪府第13区支部長に選任され、衆議院議員総選挙候補者となる[7]。2014年12月2日、第47回衆議院議員総選挙告示日を迎えて大阪府第13区立候補者の届出を行った時点で大阪府議会議員を自動失職した[8]。12月14日の投開票では91,931票を獲得して初当選した[9]。12月15日に当選証書の交付を受けた[10]

政策・主張[編集]

活動[編集]

大韓民国
2015年6月中東呼吸器症候群蔓延する大韓民国に渡航し、同国の国会議員らとサッカーに興じた[13]

所属団体[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 自民党大阪府議団だより 平成25年秋号 (PDF) 自由民主党大阪府議会議員団
  2. ^ a b 宗徳会 宗清皇一オフィシャルブログ 2007年12月26日付
  3. ^ 平成18年8月6日執行大阪府議会議員選挙(補欠選挙) 東大阪市 2012年2月29日
  4. ^ 平成19年4月8日執行大阪府議会議員選挙 東大阪市 2012年2月29日
  5. ^ 平成23年4月10日執行大阪府議会議員選挙 東大阪市 2012年2月29日
  6. ^ 大阪府議会だより№158 大阪府議会ホームページ
  7. ^ 自由民主党大阪府第十三選挙区支部長就任!! 宗清皇一オフィシャルブログ 2013年10月23日付
  8. ^ 会派別構成の異動について 大阪府報道資料 2014年12月2日付
  9. ^ 大阪13区・宗清 皇一 毎日新聞2014衆院選
  10. ^ 国政へ責任かみしめ 衆院選の当選証書交付 大阪日日新聞 2014年12月16日閲覧
  11. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  12. ^ 毎日新聞、2014年衆議院選挙候補者アンケート
  13. ^ 정상윤, "한일 국회의원 축구대회 참석한 김현의원", [포토] 한일 국회의원 축구대회 참석한 김현의원 - Save Internet 뉴데일리, 뉴데일리, 2015년6월13일.
  14. ^ 「自民勉強会発言――安保国会新たな火種」『毎日新聞』50135号、14新版、毎日新聞東京本社2015年6月27日、3面。

外部リンク[編集]