柳本卓治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
柳本卓治
やなぎもと たくじ
Takuji Yanagimoto IMG 5350 20130706.JPG
2013年7月撮影
生年月日 (1944-11-11) 1944年11月11日(72歳)
出生地 日本の旗 大阪府大阪市西成区
出身校 早稲田大学商学部
早稲田大学大学院商学研究科修士課程
前職 中曽根康弘衆議院議員秘書
所属政党 自由民主党二階派
親族 柳本顕(前大阪市会議員)
公式サイト 柳本卓治 公式ホームページ

選挙区 大阪府選挙区
当選回数 1回
在任期間 2013年7月29日 - 現職

選挙区 旧大阪1区→)
比例近畿ブロック
当選回数 6回
在任期間 1990年2月19日 - 1993年6月18日
1996年10月21日 - 2012年11月16日

当選回数 3回
在任期間 1975年 - 1986年
テンプレートを表示

柳本 卓治(やなぎもと たくじ、1944年11月11日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(1期)。衆議院議員(6期)、衆議院法務委員長北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員長大阪市会議員(3期)を務めた。

来歴[編集]

大阪府大阪市西成区生まれ。大阪教育大学附属天王寺高等学校早稲田大学商学部卒業。早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了[1]。早大院修了後、中曽根康弘衆議院議員の秘書を務める[2]

1975年大阪市議会議員選挙に出馬し、当時最年少で初当選した。大阪市議を3期11年務めた後、1990年第39回衆議院議員総選挙自由民主党公認で旧大阪1区(定数3)から出馬し当選したが、1993年第40回衆議院議員総選挙では落選。1996年第41回衆議院議員総選挙では、小選挙区比例代表並立制の導入に伴い大阪3区から出馬。選挙区では新進党公認の田端正広に敗れるが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、約3年ぶりに国政へ復帰した。2000年第42回衆議院議員総選挙以降は、自民・公明の選挙協力により比例近畿ブロック単独で出馬し、連続4選。

1996年第2次橋本改造内閣労働政務次官に任命された。1999年第2次小渕改造内閣環境政務次官に就任し、小渕恵三首相の急逝に伴い発足した第1次森内閣でも再任。2003年から衆議院法務委員長2008年から北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員長を務める。2009年第45回衆議院議員総選挙では、自身は比例近畿ブロック単独で6選したが、大阪3区から出馬した公明党の田端正広は、民主党(のちに離党し、国民新党に入党)の中島正純に敗れ、落選した。同年、自由民主党副幹事長に就任。2012年12月3日第46回衆議院議員総選挙に立候補しない意向を表明した[3]

2013年1月、自民党大阪府連の党員投票により、同年7月の第23回参議院議員通常選挙における大阪府選挙区(定数4)の公認候補に内定し[4]、得票数2位で当選した。

2014年、参議院憲法審査会会長に就任[5]

政策・主張[編集]

オールゼロ議員[編集]

2014年第186回国会において、大臣、副大臣、政務官、補佐官、議長、副議長、委員長のいずれの要職にもついていなかったのみならず、質問、議員立法質問主意書提出のいずれもなかったことが指摘された[6][7]

大阪都構想における共産党との連携[編集]

2015年に行われた住民投票に際して、自民党の大阪府支部連合会(大阪府連)は反対の立場を示し日本共産党との連携を積極的に進めたが[8]、柳本は、同年5月10日、日本共産党の街宣車に上り、「この車であいさつするのは初めてだが、非常に気持ちがいい。何か兄弟と一緒におるような」と訴えたことに対して所属する自民党内から批判の声が上げられた[9]。日本共産党によると、柳本は別の反対集会(4月28日)でも「共産党の先生方が人間愛の上に立って政治をし、家庭の幸せを照準に日常活動を続けておられることに敬意を表しています」などと演説したという[10]

政治資金[編集]

暴力団関連企業からの献金

2004年2月10日、大阪府の自民党の21の支部で、暴力団の経営への関与が取り沙汰される企業25社からの、2004年までの3年間だけで総額1213万円に上る政治献金が発覚。献金を受けていた21支部は衆議院、府議、市議ら、自民党の19人の議員が代表を務めており、そのうち3支部は柳本が代表を務めていた。報道を受け、柳本は、報道が事実であれば支部に対し、受領した政治献金を返金するよう指導する意向を示した[12]

大阪市幹部職員へのパーティー券送付

2006年10月4日、大阪市の市長室秘書部が柳本側の依頼を受け、約10年間に渡って1枚3万円の柳本の政治資金パーティー「衆議院議員柳本卓治君を励ます会」のパーティー券を、毎年数百枚単位で市の幹部職員に購入するよう斡旋する等、政治資金規正法に抵触する恐れのある行為[13]が行われていたことが報じられた[14]。この報道を受けて実施された大阪市の幹部職員に対する調査にれば、2004年から2005年までの2年間で少なくとも163枚(489万円分)を幹部職員が購入しており、そのうち94枚(282万円分)の購入費は管理職の親睦団体の積立金から支出されていた。また、市長室からの購入依頼はなかったものの、職員から相談があった場合に市長室は「個人で判断すべきだが、可能であれば協力してあげてはどうか」と市長室側は回答していた。柳本の政治資金パーティーの案内状及び参加費の振込用紙は部長級以上の幹部の自宅郵送されており、振込用紙には通し番号が振られていたため、誰が購入したかが分かる仕組みになっていた。パーティー券の売れ行きが悪い場合、柳本側から大阪市幹部や市長室に「協力をいただけていないみたいですね」などと電話が入ることもあった[14]。報道を受け、柳本は「善意のご協力をいただいた皆様に迷惑をかけることや誤解を招くことは本意ではないので、これを機会にパーティー券の送付を控えたい」と釈明した[15]

政党支部への迂回寄付

柳本が自身が代表を務める自民党支部に対し、2009年6月19日に600万円を寄付し、同年12月7日に柳本の政治資金管理団体「柳栄会」が、自民党支部から500万円の献金を受領していたことが、2013年4月に発覚した。個人が政治団体に寄付をした場合、寄付金の額に応じて税が還付される制度があり、柳本は税の還付を受けていたことを認め、修正申告を行い還付金相当額を追納したが、資金の還流については「需要に応じた資金の移動であり迂回寄付の指摘はあたらない」と釈明した[16][17]

所属団体・議員連盟[編集]

著書[編集]

  • 商都大阪の挑戦(大阪新聞社)
  • 歴史に学ぶ大阪の未来(大阪新聞社)
  • 「中曽根康弘」語録―哲人政治家の素顔(産経新聞出版
  • 愛なくば、政治は死す! 中曽根康弘語録II(産経新聞出版)
  • 三十三年の夢 志熱く 止むことなし(産経新聞出版)

脚注[編集]

  1. ^ 公式ページ プロフィール
  2. ^ 公式ページ プロフィール
  3. ^ “柳本前衆院議員が不出馬表明【12衆院選】”. 時事ドットコム (時事通信社). (2012年12月3日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012120300786 2012年12月3日閲覧。 
  4. ^ “参院大阪選挙区に柳本氏、自民”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2013年4月16日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1505H_V10C13A4PP8000/ 2013年4月21日閲覧。 
  5. ^ 国会議員情報 柳本 卓治(やなぎもと たくじ)
  6. ^ 「国会議員三ツ星データブック」、186国会版 国会議員三ツ星データブック、特定非営利法人「万年野党」著。ISBN-13: 978-4905239239
  7. ^ 「国会質問も議員立法も質問主意書もない『オールゼロ議員』、64人全氏名を公開、BLOGOS 2014年10月15日
  8. ^ 産経新聞2015.5.19 (上) 自民、握手しても拭えぬ橋下・維新への不信 「これからが本当の正念場」
  9. ^ 産経新聞2015.5.19 (中)自民、握手しても拭えぬ橋下・維新への不信 「これからが本当の正念場」
  10. ^ しんぶん赤旗 大阪市の大阪府立体育会館で28日に開かれた「大阪市なくしたらアカン府民大集合」での柳本卓治の発言要旨
  11. ^ 第154回国会請願2027号
  12. ^ 2004年2月11日 毎日新聞
  13. ^ 政治資金規正法22条9項 - 政治活動に関する寄附又は政治資金パーティーの対価の支払への公務員の関与等の制限
  14. ^ a b “パーティー券、市長室があっせん 大阪、柳本議員が依頼”. asahi.com (朝日新聞社). (2006年10月5日). オリジナル2006年10月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20061026130016/http://www.asahi.com/national/update/1004/TKY200610040526.html 
  15. ^ 朝日新聞2006年11月6日付大阪本社版夕刊社会面「94枚は「管理職会」負担 柳本議員のパーティー券で大阪市が調査公表」(2012年2月9日に記事データベース聞蔵2にて閲覧)
  16. ^ “自民・柳本氏が所得税還付認める”. livedoorニュース. 産経新聞 (ライブドア). (2013年4月21日). http://news.livedoor.com/article/detail/7611721/ 2013年4月21日閲覧。 
  17. ^ “参院選の自民候補予定、柳本氏も迂回寄付で還付”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2013年4月20日). http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/news/20130420-OYT1T00517.htm 2013年4月21日閲覧。 
  18. ^ a b 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


議会
先代:
小坂憲次
日本の旗 参議院憲法審査会会長
第2代:2014年 -
次代:
現職
先代:
山本拓
日本の旗 衆議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員長
2008年 - 2009年
次代:
城島光力
先代:
増田敏男
日本の旗 衆議院法務委員長
2003年 - 2004年
次代:
塩崎恭久
公職
先代:
栗原博久
日本の旗 環境政務次官
1999年 - 2000年
次代:
河合正智
先代:
小林興起
日本の旗 労働政務次官
1997年 - 1998年
次代:
小山孝雄
党職
先代:
水野賢一
自由民主党青年局長
2002年
次代:
棚橋泰文