梅村みずほ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
梅村 みずほ
うめむら みずほ
生年月日 (1978-09-10) 1978年9月10日(42歳)
出生地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市
出身校 立命館大学文学部
前職 JTB従業員
フリーアナウンサー
タレント
現職 参議院議員
所属政党 日本維新の会
公式サイト 梅村みずほ 参議院議員 日本維新の会

選挙区 大阪府選挙区
当選回数 1回
在任期間 2019年7月29日 - 現職
テンプレートを表示

梅村 みずほ(うめむら みずほ、1978年(昭和53年)9月10日 - )は、日本政治家、元フリーアナウンサータレント日本維新の会所属の参議院議員(1期)。

タレントとしては桜 みずほ(さくら みずほ)名義で活動していた。

来歴[編集]

愛知県名古屋市生まれ。富山県立呉羽高等学校立命館大学文学部卒業後、JTBに入社[1]2003年放送タレントに転身。関西を中心にラジオ・テレビ・イベント司会などで活躍していた。タレントオフィスともだち所属後、2009年4月よりフリーランスに転向。出産を期にアナウンサーの仕事を離れ、2017年から話し方教室を運営[2]

2019年6月17日、日本維新の会第25回参議院議員通常選挙において大阪府選挙区から梅村を擁立すると発表した[3]。公認決定が公示直前であったことから、知名度不足が課題であったが[4]松井一郎代表ら党幹部が梅村と共に府内を幅広く回り、「夫婦家族で票の分散を」と呼びかけるなどして東徹との票割りを行った結果[5]、大阪府選挙区において得票数1位で初当選を果たした[6]

政策・主張[編集]

  • 選択的夫婦別姓導入に「どちらかと言えば賛成」としている[7]
  • 憲法改正に賛成。改正すべき項目に自衛隊の保持、教育環境の整備を挙げた[7]
  • 核武装について「国際情勢次第で検討」としている[8]
  • アベノミクスについてはどちらかと言えば評価しないとしている[7]
  • 消費税増税にどちらかと言えば反対[7]
  • 同性婚について「どちらとも言えない」としている[7]

人物[編集]

  • 夫、長男、長女の4人家族[2]
  • 尊敬する政治家は太宗[9]
  • 日本維新の会に入党した理由について、「インターネットで各政党の政策を調べ、一番納得できた」としている[2]

過去の出演[編集]

テレビ
ラジオ
WEB
  • 三洋電機 eneloop コンセプト(ナレーション)

出典[編集]

外部リンク[編集]