辰巳孝太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
辰巳 孝太郎
たつみ こうたろう
生年月日 (1976-08-21) 1976年8月21日(44歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府大阪市西淀川区
出身校 エマーソン大学
前職 日本共産党大阪府くらし・雇用対策委員長
現職 日本共産党中央委員・常任幹部会委員
所属政党 日本共産党
称号 学士
配偶者 辰巳正夫(父。大阪市会議員)
公式サイト たつみコータロー 日本共産党前参議院議員

選挙区 大阪府選挙区
当選回数 1回
在任期間 2013年平成25年)7月29日 - 2019年令和元年)7月28日
テンプレートを表示

辰巳 孝太郎(たつみ こうたろう、男性、1976年昭和51年〉8月21日 - )は、日本政治家ラジオパーソナリティ映画評論家日本共産党中央委員で前参議院議員(1期)。共産党の将来を担うエースと期待されていた[1]。通常「たつみコータロー」表記を用いる。

略歴[編集]

留学では映像を学んだ

出馬まで[編集]

大阪府大阪市西淀川区出身[2]。「孝太郎」の「孝」は、父親が江戸時代初期に活躍した儒学中江藤樹の著書「経啓蒙」に因んで名付けたという[2]大阪府立北野高等学校卒業後、「やりたいことを探して」単身アメリカ合衆国へ渡る[3]テネシー州カーソン・ニューマン大学を経て、マサチューセッツ州ボストンエマーソン大学映画学科に編入し卒業[2]

帰国後映像制作会社に入るが、国際連合ボランティアでコソボに赴任していた兄の求めに応じ、「コソボ高校生の日本招聘プロジェクト」事務局長に就く[2]

2001年平成13年)9月のアメリカ同時多発テロ事件の後、アメリカ軍がアフガニスタンへの攻撃を開始したのを見て「憎しみは新たな憎しみしか生まない」と考え、日本共産党の「戦争に反対し平和の構築を訴えるスローガンにひかれ」[3]2002年に入党[2]。大阪市此花区の市民団体「此花生活と健康を守る会」生活相談所長として多数の生活相談を請け負い、市民の生活実態を知る傍ら2003年2007年2011年大阪府議会議員選挙に立候補したがいずれも落選[4]

その頃、既に大阪市会議員(日本共産党)となっていた清水忠史(清水ただし)をラジオパーソナリティとして再発掘したラジオ番組制作会社「ミッション・ブロードバンド」の社長に認められ、「ラジオ派遣村」(ラジオ大阪)に清水に代わって出演(2010年)したことをきっかけにラジオ界進出。2012 - 2013年、同局の映画紹介番組「ラジオシネマ Touch me!コータロー」でシネマナビゲーターの肩書を用い映画解説者を務める[5]

国政当選後[編集]

2013年第23回参議院議員通常選挙で、「自民と対決、維新に痛打」をスローガンに掲げ[6]大阪府選挙区から初当選した(選挙区当選。東京都選挙区吉良佳子京都府選挙区倉林明子と共に[7])。大阪選挙区での共産党候補の当選は、1998年参院選宮本岳志)以来15年振り[8]2014年日本共産党第26回大会で准中央委員(決議権のない委員)に選出。2017年の日本共産党第27回大会で中央委員に選出、第1回中央委員会総会で、常任幹部会委員に選ばれる。

2019年令和元年)7月の第25回参議院議員通常選挙でも大阪府選挙区から出馬したが、立憲民主党から出馬し、同じく「党の将来を担うと期待された」弁護士亀石倫子と2人で得票(計72万票)を「奪い合う」「つぶし合った」[1]結果、次点で落選した[9]

政策・主張[編集]

人物像[編集]

スポーツ[編集]

小学時代は水泳野球を経験。中学及び高校時代はラグビー部に所属[2]。北野高校ラグビー部では、大阪維新の会代表など務めた橋下徹の7学年後輩に当たる。

趣味[編集]

子供の頃から映画好きで、現在も映画鑑賞が趣味[2]。好きな映画は「ゴッドファーザー1」、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」、「パルプ・フィクション[2]DVD鑑賞ではなく、映画館に行きポップコーンコーラを飲食しながら鑑賞するのが「お気に入りのスタイル」で、「いつかは自分で撮りたいと思っている」[3]。また、格闘技観戦の趣味もある[2]

米国留学中、長距離バスを利用し大陸横断旅行に出る。帰国後もバックパッカーとして、アジアヨーロッパを巡った[2]

言語[編集]

ラジオパーソナリティとしては清水ただしと同様丁寧な共通語京阪式アクセントで話す。また、英語は渡米後習得したものであるという[2]

親族[編集]

父は大阪市会議員(日本共産党・西淀川区)を務めた辰巳正夫。妻との間に一女、二男。

出演作品[編集]

ラジオ[編集]

Web・映像作品[編集]

  • 『清水ただしの派遣村TV』 - Web番組
  • 『つっぱしれ!コータロー』 - DVD、2010年

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 検証・参院選大阪選挙区 女性弁護士と共産エースはなぜ落ちた?” (2019年7月29日). 2020年12月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k プロフィール たつみコータローウェブサイト
  3. ^ a b c 【参院選2013 大阪】主な候補者の横顔(上から届け出順)” (2013年7月7日). 2020年12月24日閲覧。
  4. ^ 2003年 大阪府議会議員選挙 大阪市此花区 ザ選挙 公式ウェブサイト 2007年 大阪府議会議員選挙 大阪市此花区 ザ選挙 公式ウェブサイト 2011年 大阪府議会議員選挙 大阪市此花区 ザ選挙 公式ウェブサイト
  5. ^ Touch me コータローコータローのブログ
  6. ^ 【参院選】橋下氏後輩が「維新に痛打」 辰巳氏・共産党15年ぶり議席獲得へ「何としても」
  7. ^ 第23回参議院議員選挙 大阪府選挙区 ザ選挙 公式ウェブサイト
  8. ^ 辰巳孝太郎氏当選「自民と対決できるのは共産」 大阪 2013年7月21日 朝日新聞
  9. ^ 自公、激戦区制す 維新2議席、圧勝(その1) /大阪 2019年7月25日 毎日新聞
  10. ^ a b c d e f g h i j k “2013参院選 大阪選挙区 辰巳孝太郎”. 毎日新聞. (2013年7月21日). http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kaihyo_area_meikan.html 2018年2月20日閲覧。 
  11. ^ 選択夫婦別姓アンケート、mネット、2014年
  12. ^ a b 朝日・東大谷口研究室共同調査”. 朝日新聞 (2019年). 2019年7月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]