赤間文三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

赤間 文三(あかま ぶんぞう、1899年5月31日1973年5月2日)は、日本政治家。元大阪府知事。佐藤内閣で法務大臣24代)。大阪府知事時代は安井誠一郎東京都知事とともに、1950年代における都道府県知事のボス的存在として君臨し、赤間天皇の異名を奉られた。

経歴[編集]

赤間岩吉の三男として、福岡県宗像郡津屋崎町(現在の福津市)に生まれる。福岡県立中学修猷館旧制山口高等学校を経て、1925年東京帝国大学法学部独法科を卒業する。

1926年高等文官試験行政科に合格し内務省に入省。徳島県経済部長まで務めた後、商工省に転じ、会計課長、燃料局醗酵工業部長、近畿地方商工処理部長、同地方商工局長を歴任。商工省が再編され軍需省となると、1945年6月、石炭局長に就任。商工省会計課長時代、当時の賀屋興宣大蔵大臣邸の勝手口から品薄の砂糖袋をかついで上がり込み、予算獲得の談判をしたという逸話が、赤間の強心臓ぶりを表すエピソードとして伝わっている。

1947年4月、第1回大阪府知事選挙に立候補し、当初優勢が伝えられた社会党公認候補である香月保(修猷館の同級生でもある)を下して当選。3期12年務めたが、在任中はそれこそ土曜日曜も無い精勤振りであったという。1950年ジェーン台風が大阪を襲来し、赤間は毎日ボートで被災地を視察しながら被害状況に心を痛めていた。その後9年掛けて大阪湾防波堤を完成させ、赤間府政のモニュメントとなった。その他、府営上水道網の整備や住宅建設計画に尽力し、1958年には千里ニュータウン建設を決定した。一方、大阪府営の公営競馬競輪については、早くから廃止の意向を持っており、1955年には開催中止を表明した。なお、知事時代は、中央に陳情に出向いた時など「天皇」の異名に相応しく高姿勢な態度で臨み、一部の政界有力者の不興を買ったといわれている。また、大阪の清風中学校・高等学校を運営する清風学園の名は、幕末の長州藩の藩政改革者村田清風にちなんで1949年に赤間が命名したものである。

1959年6月、第5回参議院議員通常選挙に、自由民主党公認で大阪選挙区より立候補し当選。以後当選3回。参院では重宗雄三率いる「清新クラブ」に所属する。1962年、参議院商工常任委員長、1967年2月、参議院外務委員長を経て、1967年11月、第2次佐藤第1次改造内閣法務大臣として入閣。在任中は死刑執行の決済を求められると「勘弁してくれ。今度、俺にお迎えがきたらどうする」などと理由をつけて命令書に署名せず、死刑の執行が一件も無かった。

1969年11月、勲一等瑞宝章を受章。1973年5月2日、73歳で死去。

エピソード[編集]

  • 知事時代のある日、帰宅するやいなや「おい、きょうの野球は巨人ジャイアンツのどっちが勝った?」と大真面目に尋ね、家人を爆笑させたことがある。