この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

吉良佳子 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
吉良 佳子
Kira-Yoshiko-shinjuku-Jan2013.jpg
きら よしこ
生年月日 (1982-09-14) 1982年9月14日(34歳)
出生地 高知県高知市
出身校 早稲田大学第一文学部
前職 宝印刷社員
田村智子(現参議院議員)秘書
現職 日本共産党・東京都委員会 雇用と就活対策室長
所属政党 日本共産党
称号 学士(文学)
配偶者 松嶋祐一郎目黒区議会議員)
親族 父・吉良富彦高知県議会議員)
公式サイト 参議院議員 吉良よし子

選挙区 東京都選挙区
当選回数 1回
在任期間 2013年7月29日 - 現職
テンプレートを表示

吉良 佳子(きら よしこ、1982年9月14日 - )は、日本政治家参議院議員日本共産党准中央委員。同党東京都委員会 雇用と就活対策室長。選挙運動等では吉良よし子の表記も使用する。

父は高知県議会議員(日本共産党・高知市選出)の吉良富彦[1]、夫は目黒区議会議員の松嶋祐一郎(日本共産党)。

経歴

高知県高知市出身[2]

幼い頃、戦争の絵本を読んでショックを受け、普通の飛行機も怖がるようになった時に日本に憲法9条があること、戦争中にも戦争に反対し続けた政党、日本共産党があることを母に教えられ日本共産党を支持しようと心に決めた[3]

高知県立高知追手前高等学校卒業

2004年早稲田大学第一文学部日本文学専修)卒業。

東京都豊島区宝印刷で4年間、「企業の社会的責任」の報告書作成支援の仕事をした[4]

2009年7月に実施された東京都議会議員選挙日本共産党公認で豊島区選挙区から立候補。17,683票を獲得するも、次点で落選。

2013年7月に実施された第23回参議院議員通常選挙に日本共産党公認で東京都選挙区から立候補。703,901票を獲得し、3位で当選。日本共産党としては12年ぶりとなる東京都選挙区での議席獲得となった[5](東京都選挙区が5人区になってから3位当選した共産党議員は初めてである)。

2014年1月、日本共産党第26回大会で准中央委員に選出された[6]

政策・主張

人物

  • 家族は両親と弟の4人家族で父・富彦は教員を辞めて共産党の高知市市議会議員となり、2013年には県議2期目である。母は小学校教員である[9]
  • 2014年12月20日、日本共産党員の目黒地区委員会の青年学生部長で2011年の目黒区議選、2013年の都議選に出馬し落選した松嶋祐一郎と結婚[6]。松嶋はその後、2015年4月の目黒区議会議員選挙で初当選した[10]

政治活動

ヒトラー風の安倍晋三の顔写真をつけたドラムを叩く催し

2014年11月に開催された「赤旗まつり」でヒトラーの髭を安倍晋三のモノクロの顔写真に書き加えた、ヒトラー風の安倍の顔写真をドラムに貼り付け、そのドラムを叩くパフォーマンスを行っている[11][12]。「安倍晋三首相の顔写真をデザインしたドラムを叩く催し」をTwitterで吉良佳子が「ドラムレクチャーなう」とツイートし、池内さおりは「熱く盛り上がりました!これからも叩くぞー!!!」などとツイートしたため、インターネットでは「こんなヘイトが共産党の世界では許されるのですか?」などと、やり過ぎだという批判が集まった[12]。 J-CASTの取材に対し、日本共産党の広報部は、「表現の自由」だなどと問題視ししない方針を発表している[12]

国会前デモ参加

2015年1月17日に「集団的自衛権行使容認反対! 戦争できる国にしない!」を掲げた、国会ヒューマンチェーン「女の平和」(国会を赤い服を着た人間の鎖で囲み、首相の安倍晋三に「レッドカード」を突きつけるデモ)に、横湯園子(元中央大教授)、雨宮処凛藤原真由美(日弁連憲法問題対策本部副本部長)、坂本洋子(mネット・民法改正情報ネットワーク理事長)、辛淑玉のりこえねっと共同代表)らとともに、参加している[13]

首都圏反原発連合主催のデモにたびたび参加していることが、しんぶん赤旗紙上で報じられている。

保育園落ちたの私

2016年2月17日のTwitterで「わが家にも認可保育園に入れないとの通知が区から届きました。やはり、保育園が足りない中の“保活”は厳しいです」と発信し、国会前で「保育園落ちたの私だ」と書かれたプラカードを持ってデモに参加している[14]

産経新聞は、吉良のような高年収世帯の家庭であれば保育園入所の優先順位が後回しとなるのは当然であるとしており、「多くの女性は逆に反発」してインターネットでも批判が相次ぎ、「「弱者の味方」を訴える共産党にとって、吉良の行動は逆効果」であったと報じている[14]

脚注

  1. ^ “「意志の強い娘です」 両親の愛情受け育つ(吉良よし子物語 4 日本共産党参院東京選挙区予定候補)”. 東京民報. (2013年4月28日). http://www.tokyo-minpo.jp/kirayoshikomonogatari4.html 2013年7月28日閲覧。 
  2. ^ 基本データ 吉良佳子Facebook
  3. ^ http://kirayoshiko.com/profile/
  4. ^ 会社案内―書籍情報 宝印刷。『コーポレート・ガバナンス報告書 分析と実務』の共著者として氏名あり
  5. ^ “吉良氏・山本氏が初当選 参院選東京選挙区”. 朝日新聞. (2013年7月22日). http://www.asahi.com/area/tokyo/articles/TKY201307210294.html 2013年7月22日閲覧。 
  6. ^ a b “共産党の“アイドル議員”が結婚 お相手はあの「路チュー」党員”. 産経ニュース. (2014年12月21日). http://www.sankei.com/politics/news/141221/plt1412210006-n1.html 2015年7月21日閲覧。 
  7. ^ “共産・吉良氏が当選、「ブラック企業対策」前面に 東京”. 朝日新聞. (2013年7月21日). http://www.asahi.com/senkyo/senkyo2013/chumoku/TKY201307170457.html 2013年7月24日閲覧。 
  8. ^ 選択夫婦別姓アンケート、mネット、2014年
  9. ^ http://www.tokyo-minpo.jp/kirayoshikomonogatari4.html
  10. ^ 目黒区議会議員選挙(2015/04/26投票)結果 | ザ選挙
  11. ^ 産経新聞政治部 (2016年7月18日). “「防衛費は人を殺す予算」発言だけじゃない 「たら」「れば」を事実のように語る共産党のデマ・炎上体質を斬る(「日本共産党研究-絶対に誤りを認めない政党」より抜粋)”. 産経新聞出版. http://www.sankei.com/politics/news/160718/plt1607180001-n3.html 2017年4月20日閲覧。 
  12. ^ a b c 共産党、赤旗まつりで「安倍叩き」 首相顔写真入りドラムを叩く J-CASTニュース 2014年11月4日
  13. ^ “来月17日「女の平和」行動 会見し発表 赤くキメて国会へ”. しんぶん赤旗. (2014年12月26日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-12-26/2014122614_01_1.html 2017年3月15日閲覧。 
  14. ^ a b 産経新聞政治部 (2016年7月18日). “「防衛費は人を殺す予算」発言だけじゃない 「たら」「れば」を事実のように語る共産党のデマ・炎上体質を斬る(「日本共産党研究-絶対に誤りを認めない政党」より抜粋)”. 産経新聞出版. http://www.sankei.com/politics/news/160718/plt1607180001-n4.html 2017年4月20日閲覧。 

関連項目

外部リンク