山口那津男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
山口 那津男
やまぐち なつお
Natsuo Yamaguchi Medium.jpg
生年月日 1952年7月12日(64歳)
出生地 茨城県那珂湊町(現:ひたちなか市
出身校 東京大学法学部
前職 弁護士
現職 公明党代表
所属政党 公明党→)
(公明新党→)
新進党→)
(新党平和→)
公明党
称号 法学士東京大学・1978年)
公式サイト 参議院議員 山口なつお オフィシャルサイト

選挙区 東京都選挙区
当選回数 3回
在任期間 2001年7月29日 - 現職

選挙区 旧東京10区
当選回数 2回
在任期間 1990年2月19日 - 1996年9月27日

在任期間 2009年9月30日 - 現職
テンプレートを表示

山口 那津男(やまぐち なつお、1952年7月12日 - )は、日本政治家公明党所属の参議院議員(3期)、公明党代表(第3代)。

衆議院議員(2期)、防衛政務次官第51代[1])、新進党副幹事長、公明党参議院国会対策委員長、公明党政務調査会長などを歴任した。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

茨城県那珂郡那珂湊町(現:ひたちなか市)に生まれ、高校卒業まで日立市で育つ。父は日立市天気相談所所長、母は小学校教員だった。

茨城県立水戸第一高等学校を経て、1972年東京大学法学部に入学。弁護士を目指して司法試験の勉強を始める。年齢も入学年度も同じでともに弁護士志望だった魚住裕一郎と親友になり、しばしば喫茶店社会問題を論じたという[2][3]1978年に東京大学法学部を卒業。

弁護士時代[編集]

1979年、26歳で司法試験に合格する。1982年司法修習34期を修了し、東京弁護士会に弁護士登録した。司法修習の同期には伊東秀子谷垣禎一千葉景子松野信夫らがいる。1988年3月から日本弁護士連合会調査室嘱託。

衆議院議員[編集]

神崎武法の誘いで1990年2月、第39回衆議院議員総選挙旧東京10区から公明党公認で出馬し、初当選。1993年8月の第40回衆議院議員総選挙でも旧東京10区で再選。総選挙後に発足した細川内閣では防衛政務次官に任命された。

1994年12月、公明党解党に伴い公明新党を経て新進党結党に参加。党「明日の内閣」安全保障副担当、党副幹事長などを歴任する[4]1996年10月の第41回衆議院議員総選挙では、東京17区から新進党公認で出馬したが、自民党公認の新人平沢勝栄に敗れ、落選した。その後1998年1月の新進党分党により、新党平和を経て公明党再結成に参加。2000年第42回衆議院議員総選挙では再度平沢に敗北し落選した。

参議院議員[編集]

2001年7月、第19回参議院議員通常選挙東京都選挙区から公明党公認・保守党推薦で出馬し、参議院議員として初当選。2003年12月、党参議院国会対策委員長に就任。2004年6月には党参院政策審議会長に就任した。

2007年7月の第21回参議院議員通常選挙で再選。2008年8月、公明党代表太田昭宏の下で党政務調査会長に就任する。

公明党代表[編集]

2009年9月、第45回衆議院議員総選挙で落選し党代表を辞任した太田の後任として公明党代表に就任。2010年9月、党代表に無投票再選。2012年9月、党代表に無投票3選。

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙では自民党が第一党に復帰し、公明党も議席を回復。自民党総裁安倍晋三から自公連立政権の樹立を打診されたため、同月25日に安倍と連立合意文書を取り交わす。同月26日第2次安倍内閣が発足したことで山口は与党党首となった。

2013年1月、第2次安倍政権の与党幹部として初めて[5]中国共産党中央委員会総書記習近平と会談し[6]内閣総理大臣安倍晋三から託された親書を手渡す。同年7月の第23回参議院議員通常選挙に公明党公認で出馬し、参議院議員として3選を果たした。2014年9月、党代表に無投票4選[7]

政策[編集]

  • 自身の重視する政策として、「景気回復」「防災・減災」「教育・福祉」の3点を挙げている[8]
  • 選択的夫婦別姓制度導入に賛成。最高裁判所が初の憲法判断を示す見通しになったことを受けて、「最高裁から断を下されて政治が動くのではなく、かつて法制審議会で合意形成されつつあったことからどうすべきなのかを自覚的に考え、議論するのは当然だ。私は肯定的だ」と述べた[9]。また、「社会や家族の構造が変わり、女性のライフスタイルや価値観が多様化する中、若い世代を中心に夫婦別姓のニーズは高まっている。」とも述べている[10]

現在の役職[編集]

公明党[編集]

  • 代表
  • 東京都本部顧問

参議院[編集]

人物[編集]

  • 東京都葛飾区在住[11]
  • 党代表を務めるが支持母体である創価学会において中枢にいた経験はなく[12]、もともと党内において実力者だったわけではない。公明党および創価学会のエースと目された代表の太田が落選したため、参議院議員である山口が急遽就任したといういきさつがある。当初はつなぎとみられていたが、野党党首として参院選および衆院選で勝利を収め短期で与党に復帰したことが評価され、参議院議員ながら代表を継続して務めている。
  • 非常に温厚な性格で知られる。前任の太田など従来の公明党議員と比べてアクがなくソフトな外面で、これが代表に起用された大きな要因とされる。政治家としては必ずしも長所にはならず、人当たりの良さから「敵はいないが味方もいない」というのが永田町周辺の評である[13]
  • 防衛政務次官を務め、党内における安全保障の論客を自認している。同じく安全保障が専門だった市川雄一に徹底的にしごかれたと回想している。

活動[編集]

参議院議員への鞍替え[編集]

1999年公明党自自公連立政権で与党入りする際、山口と同じ小選挙区である自民党の平沢勝栄は自自公連立に猛反対した。特に公明党の支持母体創価学会を「政教一致」などと痛烈に批判した。そのため2000年第42回衆議院議員総選挙では公認を得られず、自民党本部から事前に「選挙運動中に公明党批判を行わない」との誓約書の提出を求められた。

平沢は誓約書の提出とともに公認されたが、選挙運動期間になると盛んに公明党批判を展開。この選挙には山口も公明党公認として出馬し、この選挙を前回選挙の雪辱戦と考えた創価学会は、誓約を破って創価学会批判を展開する平沢を痛烈に批判した。もう一つの連立与党である保守党は山口を推薦し、与党議員、支援者同士で熾烈な選挙戦を繰り広げ、マスコミからも「与党対決」して注目された。

この選挙は平沢の当選に終わり、山口は落選。2度連続し小選挙区で平沢に敗れた山口は、翌年参議院へ鞍替え。以後、参議院議員として活動している。第一次自公連立政権時における小選挙区での与党対決は、この1回のみである[22][独自研究?]

耐震偽装問題関連[編集]

2005年一級建築士らによるマンション耐震強度偽装問題を事前に知っていたのではないかとされる疑惑が報じられた。

読売新聞によれば、2005年11月、国土交通省がマンションなどの耐震強度偽装問題を公表する以前に、山口が同省の担当者に対し、「民間の確認検査機関の建築確認に問題があり、耐震強度が不足したマンションがあると聞いた」と話し、開発会社ヒューザー社長の小嶋進から事情を聞くよう求め、同省担当者に仲介を依頼している[23]。この仲介の結果、11月9日、小嶋は同省建築指導課の課長補佐と面会していた。

国交省は取材に対し、山口の紹介で建築指導課の課長補佐が小嶋と会ったことを認めている[24]。それによると、小嶋は11月9日、役員らとともに同課を訪れ、「建築確認は国の仕事であり、建築基準法に合わないマンションができたのは国の責任だ」などといったことを話し、国側を激しく批判したほか、11月15日にも元国土庁長官伊藤公介と面会をしていた。また、小嶋は自らの証人喚問の前に、山口の紹介で建築指導課の課長補佐と面会した事実と暴露していたが、証人喚問では小嶋は証言拒否を繰り返し、野党議員も内閣官房長官安倍晋三や小嶋との関係、公明党大田区議会議員と小嶋との関係などに追及の時間を費やしたため、山口と小嶋の関係が取り上げられることはなかった。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『なっちゃんの挑戦―元気な東京元気な日本』 (2000年12月、鳳書院、ISBN 4871221172

共著[編集]

  • 『いま、公明党が考えていること』 (共著者:佐藤優、2016年4月5日、潮出版社、ISBN 4267020507

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 朝雲新聞社:歴代防衛政務次官
  2. ^ プロフィール | 魚住ゆういちろう【公明党・参議院議員】
  3. ^ 2013年8月、魚住は党代表山口の下で公明党参議院議員会長に就任した。
  4. ^ 時事ドットコム:国会議員 山口 那津男(やまぐち なつお)
  5. ^ 毎日jp(毎日新聞):公明党 「青年訪中団」9月に派遣
  6. ^ 2013年3月、習近平は正式に中華人民共和国主席に就任した。
  7. ^ 衆参・地方選「3連勝を」=山口代表の4選承認-公明大会
  8. ^ 公式ページ:政策・実績
  9. ^ 「公明・山口氏『選択的夫婦別姓に私は肯定的だ』」、産経ニュース、2015年2月24日
  10. ^ 「【国会】参議院本会議で山口議員が民法改正について質問 1月28日」、週間金曜日・ジェンダー情報、2016年2月5日。
  11. ^ 『いま、公明党が考えていること』本人紹介文より。
  12. ^ a b “朝日新聞デジタル:(党首がゆく 2013参院選) 公明党・山口那津男代表 「ブレーキ役」問われる夏”. 朝日新聞. (2013年7月10日). オリジナル2013年7月25日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/UArlH#selection-2141.0-2141.10 2014-07-28 閲覧。 
  13. ^ 安倍政権のブレーキ役になる 山口公明党代表の自信と不安
  14. ^ 参議院議員 山口なつお オフィシャルサイト:プロフィール 山口なつお物語 「学生時代」”. 2014年7月28日閲覧。[ ]
  15. ^ “公明党・山口代表がニコ生初出演(6) 脱原発の前に「エネルギーの安定供給と安全確保」を”. ニコニコニュース. (2011-05-28 ). オリジナル2013年7月25日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/vZLW2 2014-07-28 閲覧。 
  16. ^ a b c “公明党・山口代表がニコ生初出演(3) 普天間基地の固定化を「断じて許さない」”. ニコニコニュース. (2011年5月27日). オリジナル2013年7月25日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/6mrxG 2014-07-28 閲覧。 
  17. ^ “習近平は「覇権を求めず」今こそ「選挙制度改革」を”. FACTA online. (2011-02-28 ). http://facta.co.jp/article/201102028.html 2014-07-28 閲覧。 
  18. ^ 時事ドットコム:ねじれ解消に重点=山口那津男公明党代表【党首奮戦記】
  19. ^ 参議院議員 山口なつお オフィシャルサイト:ブログ 本音でズバッと 「夏みかんバッジとともに」
  20. ^ 参議院議員 山口なつお オフィシャルサイト:政策・実績 「地雷除去支援への取り組み」
  21. ^ 公明党:公明党について 党代表プロフィール
  22. ^ ただし、自民党系無所属候補と公明党候補の対決はある。
  23. ^ 読売新聞:2005年11月30日付
  24. ^ 読売新聞:2005年11月30日付

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
松あきら
日本の旗 参議院行政監視委員長
2004年 - 2005年
次代:
荒木清寛
党職
先代:
太田昭宏
公明党代表
第3代:2009年 -
次代:
現職