木島則夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木島 則夫きじま のりお1925年5月10日 - 1990年4月13日)は、日本の司会者ニュースキャスター[1]アナウンサー[1]政治家民社党参議院議員2期)[1]

来歴・人物[編集]

東京都出身。旧制横須賀中学(現神奈川県立横須賀高等学校)、明治学院大学文学部英文科を卒業。1948年に、読売新聞社の採用試験を受け不合格となったが、NHKアナウンサー採用試験で合格し入局、クイズ番組『危険信号』『生活の知恵』などの司会を担当した。1964年3月にNHKを退職し、その直後の同4月より、日本教育テレビ(NET。現・テレビ朝日)と局契約アナウンサー(嘱託職)を結び、『木島則夫モーニングショー』の司会を1968年3月まで務め(『モーニングショー』自体も初代の総合司会者だった)、「泣きの木島」と呼ばれて人気を集めて[1]ワイドショーブームの火付け役となった。

『モーニングショー』降板後はNETとの出演契約を解消し、日本テレビと新たに専属出演契約を締結。日本テレビ専属時代は『木島則夫ハプニングショー』、『NNNワイドニュース』等の司会を担当した。

1971年参院選民社党公認で東京都選挙区から出馬、現職の改選議員がいなかった自由民主党が前警視総監原文兵衛を擁立し(一部は元消防総監江藤彦武を支援)公明党も新人の黒柳明を擁立、日本社会党木村禧八郎日本共産党野坂参三・無所属の市川房枝と強豪揃いの中選挙戦を戦う。結局この参院選で木島は当選、木村・市川が落選の憂き目に遭った。1977年参院選でも再選され青年婦人対策委員長を務めるが、三選を狙った1983年参院選では新自由クラブを脱党し税金党で参院選に出た野末陳平と支持層が重なってしまい、落選。そのまま政界を退き、で闘病の日々を送る。

1990年4月13日、癌のため死去。享年64。墓所は台東区一乗寺

出演番組[編集]

NHK[編集]

フリー[編集]

書籍[編集]

著書[編集]

  • おはよう木島則夫です 「モーニング・ショー」こぼれ話(1966年、講談社〈ハウ・ツウ・ブックス〉)
  • 人を動かす話し方 おしゃべり無器用論(1966年、講談社〈ハウ・ツウ・ブックス〉)

関連書籍[編集]

  • 木島喜世子『私と木島則夫の闘い 癌と老いとの2500日』(1991年、リム出版新社)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d デジタル版 日本人名大辞典+Plus『木島則夫』 - コトバンク